MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

衆議院特別参観

2017年05月06日 | まち歩き
先日、憲法施行70年を記念して開催された国会議事堂・衆議院の特別参観に参加して衆議院を見学してきました。
朝から国会議事堂周辺は、厳重な警戒態勢が敷かれているなかで多くの家族連れなどの見学者で大行列が出来ていました。
入館前待機所から日頃見られない特別のアングルから見上げる国会議事堂です。

衆議院の表玄関には、県政の功労者である尾崎行雄氏と三木武夫氏の胸像がお迎えいただきました。

赤絨毯が敷かれた回廊を歩き衆議院議場では、議長席・大臣席・議員席などの案内表示版が置かれて議員席には氏名標も備えられています。

議長応接室では、歴代の議長の肖像画が掲示されており、重厚な装備が飾られて日本國の誇りを感じます。



三階から眺める中庭です。

総理大臣室も近寄り難い雰囲気でした。

いつもテレビなどでみる閣議室です。


国会議事堂の中央塔の真下に当たる所に中央広間は、4階まで吹き抜けで、窓と天井にはステンドグラスが嵌め込まれていますが、一般の見学会では見られない特別スポットも公開されていました。



広間には、議会政治確立に功労のあった伊藤博文、板垣退助、大隈重信の銅像が立っています。


広間から見上げる階段も素晴らしいものですね。

中央広場から階段を上がると、天皇陛下の御休所があり、部屋の造作は当時の建築や工芸の粋を集めたものだそうです。


予算委員会が行われる委員会室ですが、テレビなどで見る後方のヤジが飛ぶ通路もあり雰囲気が感じられました。

押し出されるように議事堂前に出ると、記念の碑のような素晴らしい噴水塔があり、日本の勢いを感じていました。



議事堂の前庭には、全都道府県の木が植えられておりますが、我が故郷福井県の「クロマツ」です。


東京のシンボルである巨大なイチョウの木も勢いよく新緑が輝いていました。


憲法改正論議が未だ進まない状況ですが、この記念の年を機会に、戦後の憲法の歴史を振り返りながら憲法に対する国民的理解と論議を進めて欲しいと願っています。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石垣山一夜城歴史公園 | トップ | 大山登山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アルルkan)
2017-05-07 09:23:08
国会前には全県の木が植えられているとは知りませんでした。福井は黒松ですか、いいですね。
Re:国会議事堂 (korman)
2017-05-07 09:46:44
アルルkanさん  こんにちは
以前に参議院には見学したことがありますが、衆議院は初の訪問でした。
今回は、これまでにない特別参観でしたので、2日間連日にわたって多くの参観者があったようです。
日頃は入れない正門の中にある都道府県の森ですが、
各県自慢の樹木が新緑となっていましたね。

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。