MR.コールマンの挑戦日記

セカンドライフを迎えて趣味のランニングや街歩き、スケッチ水彩画、地域活動などの日常のあれこれを綴っています。

鎌倉花の寺・明月院

2017年06月16日 | まち歩き
梅雨の晴れ間となって鎌倉のアジサイの名所 「明月院」 へ花見散歩に出かけてきました。
「明月院」は、紫陽花寺とも言われ見頃となると、入門規制が行われる程の人気となっており、開門直後に合わせて向かいましたが、既に山門から大渋滞となって参道は人・人・人で埋めつくされていました。

特に、本堂にある丸窓の「悟りの窓」を撮るカメラマンの列が出来ています。

本堂の後庭園の菖蒲園では、約3000株のハナショウブが満開となって特別公開されており、紫・白・絞りなどの彩りが見られます。





菖蒲園の周りには、「赤地蔵」や「うさぎの像」が観客の人気を呼んでいました。



境内は、約2500株のヒメアジサイで明月院ブルーに染まっていますが、多くの種類の花もいいですが、ブルー一色に染まる光景も素晴らしい光景でした。





境内の奥には、鎌倉最大級のやぐらがあり、上杉憲方の墓だそうで中には宝篋印塔が設置されていますが、鎌倉固有の光景がみられました。

本堂の前庭では枯山水の美しい庭園も見られました。須弥山をかたどり仏教観を表現しているそうです。

やぐら群の前には、紫陽花をいただいたユニークな石像が並んでいますが、観客の記念撮影ポイントとなっていましたね(笑)




明月院のアジサイは、殆どがブルーのヒメアジサイですが、一角にはジャバーニュミカコやガクアジサイなどの美しいアジサイも見られました。



明月院の一角には、北条時頼公の墓所と廟所があり、墓所には宝篋印塔・五輪塔の立派な時頼のお墓が安置されています。

また、明月院の竹に囲まれた小径がありますが、夏の陽射しが射し込む竹林の光景も圧巻でした。


明月院を後にして東慶寺へと向かいましたが、明月院通りは大混雑でしたね~
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぶら散歩~横浜港の見える丘... | トップ | ぶら散歩~鎌倉東慶寺 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
菖蒲園も素晴らしい (maria)
2017-06-17 16:55:42
こんにちは。
あじさい寺へ行かれたんですね。
きれいな紫陽花が咲き乱れていますね〜
いろんな種類がありますね。
悟りの窓から見る菖蒲園も良いものです。
私は2〜3年前の雨の日に行きましたので、すいていましたよ^_^
お写真を拝見していますとその時のことが蘇って来ます。
いつもありがとうございます。
只今夕方のスロージギング休憩中です。
流れる様な汗です💦💦💦
Re:菖蒲園 (korman)
2017-06-17 20:54:28
mariaさん  今晩は
アジサイは雨によく似合うといいますが、明月院のブルーは特別のように思えますね。
アジサイの色付きは、あと数日で色濃くなると思いますが、ハナショウブは盛りでしたよ。
 先ほどまでぶらタモリで熱田神宮を観ていましたが、熱田の歴史を学びました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。