風のなかで・・・山里・海辺・清流

四国山地南側の山里・海辺・清流等を歩き・写真を撮り、ローカルの生活を報告します。

梅雨空・グローバル化・ラオス

2017年06月28日 20時44分37秒 | 日記
梅雨空・昭和30年代まで、日本のローカルでは、この雨季は豊かな秋の実りを約束するスタートラインでした。
稲は雨と高温で大きく成長、サツマイモは雨の中、畑にツルを差し込むだけで成長、畳表となるイグサはスクスクと伸び、8月の晴天の下で刈り取り・天日干し。農村の生活は、すべて季節のなかにありました。


今では、梅雨とアジサイの組み合わせ・「〇〇アジサイ街道」アチコチで見かけます。
雨と汗の農作業はヨロヨロ・ヨタヨタ老人の思い出・・・


画像は五台山・牧野植物園入り口です。雨で優しい緑となった木々、この時期、私は時々歩いています。

   * * * グ ロ ー バ ル 化 * * *

ヨタヨタの低級な私には理解困難です。

アメリカを盟主とする軍事同盟、オレが守ってやるから。基地と金を出せ!!
圧倒的総合軍事力ても、ベトナム戦争・アフガニスタ戦争・イラク戦争、勝利ナシ。

経済のグローバル化、日本を代表する大企業は生き残り可能です。
しかし、その背後では非正規雇用労働者は40%を超えました。
生活の安定は遠い遠い手の届かない夢の世界です。
極端な生活格差が拡大しています。




東京・丸ビル界隈の昼休み。ながれる「空気」は下町とは異質です。

日本の山地面積は国土の約4分の3で73~75%です。山里は消滅の危機に瀕しています。




画像は「椿山」です。里人の生活の「ニオイ」は消えました。ここは私の歴史遺産です。

中国を盟主とするグローバル化策・「一帯一路」は新しい「シルクロード」の建設です。
橋や道路の建設や整備が主目的であるように思います。
民主主義を否定し、選挙制度や言論の自由を認めない等共産党独占政治国家が国際経済の盟主として活動することに、私は大きな疑問を持っています!!

  * * * ラ オ ス * * *

ラオスの農村や山里は私の少年時代の雰囲気が残っており、大好きです。

私の友人が今ラオスを走っています。

 <検索・・・facebook 松尾清晴>

彼は1500CCオートバイで5大陸を走破していますが、東南アジアが空白でしたので、今チャレンジしています。彼のページを開くのが毎日の楽しみです。

私はジャール平原のモン族集落が大好きです。
家族労働中心の農業で、基本的には自給自足生活です。
近年、電気・テレビ・オートバイ等が各家庭に入り、伝統的生活に変化が起きています。少し心配です・・・










(画像はジャール平原・早朝のモン族集落)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鏡川とカワセミ・瓶ヶ森・旅... | トップ | 国民主権・佐賀山分校・旅の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事