風のなかで・・・山里・海辺・清流

四国山地南側の山里・海辺・清流等を歩き・写真を撮り、ローカルの生活を報告します。

秋色のなかで

2016年12月13日 14時43分56秒 | 日記
年末になっても「国民主権と憲法」について論じているページを目にする機会が多い。
・・・若い世代の投票率低迷・・・(ローカル新聞より)
・・・学校の教師がさまざまな取り組みをし、行政も文部科学省と総務省、各地の選挙管理委員会が連携して主権者教育を進めた・・・(参議院選挙・高名な学者の意見)

少し変ですネ~

私は国政の最高責任者・行政機関・教育機関等が「日本国憲法」を日常的に遵守していれば、国民主権は空気や水と同じ様な存在となるはずです。
また特別な措置をとる必要もアリマセン。

12月12日よりスタートする「駆け付け警護」は軍隊として海外で戦争することです。
憲法9条はどこかに消えました・・・

この様に日本国憲法は外国の圧力や国内の政治により、適当に解釈・利用されています・・・


  < 秋 色 の な か で >

高知城や五台山は秋色のフィナーレです。
最高の「彩」が歩き人を包んでいます。
温帯モンスーンのなかで生きる私たちに神様の粋な計らいです。

・・・高 知 城 の 北 側 散 歩 道・・・



高知城北側散歩道・晩秋のやわらかい空気がながれています。




(以上12月8日)


私は黄色の秋が好きです、「こころ」が何となく落ち着きます。(12月11日)


肩の上から、小さな可愛い声で父親に話しかけているのが聞こえてきました。
幸せ親子の音色が・・・
(12月11日)

・・・五 台 山 竹 林 寺・・・(12月9日午前中)



(竹林寺 鐘楼)


冷たい晩秋の小雨が竹林寺を覆っています。
お寺の鐘の音は重く身体の芯に響き、こころの動揺を鎮め、
人の世の涙を抑えてくれます。
お遍路さんの背中を濡らす今日の雨は温かい・・・

  < お ま け >

12月10日・午前11時15分。鏡川南岸、私の指定席でボ~立っている姿を見かねて立ち寄ってくれました。ありがとう。


  (モズ・♀)


  (ジョウビタキ・♂)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椿山 「時」のながれ ・ ... | トップ | 慎ましい幸せ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jyobitaki)
2016-12-14 12:41:37
同感です。
戦争ができるようにするための準備を進めているようですね。

自分の名を残したいのでしょうか プーチンとの会談も焦っているように感じます。
北方領土を散らつかせられ、多大な出費で終わらなければいいですが・・・・。

風景の中の人物もいいですね。
私も山へ行ってもついつい風景にこまちさんをいれて撮ってしまいます。

昨日からの雨ですが、自然が織りなす素晴らしい写真を拝見して心落ち着きました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事