風のなかで・・・山里・海辺・清流

四国山地南側の山里・海辺・清流等を歩き・写真を撮り、ローカルの生活を報告します。

鏡川・水辺の野鳥・ローカルの幸せ・Nordkapp

2017年07月26日 17時32分44秒 | 日記
鏡川の水辺
夕方、やさしい薄紅色の夏の斜光が水辺をつつむころ、川岸に立っています。
あの子供の頃の美しい流れや思い出はそこには存在しません。
「時」の流れは、岸辺の熊笹や大木を消し去り、今はセメントの護岸のみです。

この春は、カワセミが営巣し、毎日の「エサ」運びを数名で観察し、ヒナの巣立ちを楽しみにしていましたが、「アオダイショウ」と「増水」の犠牲となり、夢と消えました。

  < カ ワ セ ミ の 子 育 て >












(親鳥は子育ての苦労でやせ細ってしまいました)

鏡川の岸辺はセメントで固められていますので、カワセミが巣穴を掘ることが出来る「土」の場所はほとんどアリマセン!!
小鳥たちに優しい自然環境を配慮することが急がれます。

 *** 鏡 川 ・ 水 辺 の 野 鳥 ***


この水辺の木々は、小鳥たちの集会所・休憩所であり、散歩人と小鳥たちの交流場所でした。
昨年、伐採され、荒れた川岸となり、人間と野鳥の共生は消滅。

   < この小さな川の「モリ」で遊んでいた仲間たち > 

 (カワセミ)


 (アオジ)


 (ジョウビタキ・♂)


 (ジョウビタキ・♀)


 (モズ)

  * * * ロ ー カ ル の 幸 せ * * *

高知県の人口減少のスピードは全国最高の様です。
2015年の人口は73万人です。
県外からの移住者の呼び込みや生産性の向上がよく話題に上がっています。
極めてシンプルな方策で、効果がある様には思いません!!

フィンランドの首都ヘルシンキの人口は約60万人です。
地下鉄はアリマセン。市民の移動は、市電(チンチン電車)・バス・汽車です。
(高知と同じです)
郊外の集合住宅は3階程度の建物が多い様に思いました。
この国では大学は全て国立で無料です。

高知県民であれば、県立大学進学者は完全無料にします。
若い家族は、この条件を生かすために、移住をします。

ヘルシンキでは、若いデザイナーや弱小の経営者に開放しているフィスカルス芸術村があります。
工場跡・物置・車庫等が工房やショップや喫茶店となっています。
ここへはヘルシンキ中心部から汽車(約1時間)とバス(約30分)です。
交通の便はイイ様に思えませんが国内外から観光客が押し寄せています。

高知県内には廃校・廃園・工場跡地が多数存在します。それらを芸術家・デザイナー・若き起業家に開放し、日本を代表するような総合芸術村を数箇所育成する。




消滅寸前の集落や崩壊に瀕している家屋も研究所や休日の滞在場所として再生です。

  * * * N o r d k a p p * * *

ヨーロッパ北極圏・最北の岬・ノールカップは視界ゼロにちかかった。
これも旅の思い出としては最高です。
冷たい北極圏の霧と風の中で、この地の厳しい風土が身体の芯に浸みてきました・・・





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国憲法?・神社の杜・天... | トップ | 楽しい夏休み・四国カルスト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事