箕輪義隆挿絵工房 フィールドノート

見たこと 気になること たまに絵のこと

情報いろいろ(更新あり)

2017年03月15日 | 観察記録
しばらくこの記事をトップに置きます。追加情報があれば都度更新します。



●本の情報●

イラストを担当した本が、1/20(訂正!25日に延期になりました)に発売されることになりました。今回は鳥とは無縁の内容…。
  おっぱいの進化史 (生物ミステリー)
 浦島 匡・ 並木 美砂子・福田 健二著
 技術評論社
 2,030円(税込)

なんと、おっぱいの本です。アマゾンではすでに予約受付中で、ページサンプルを見ることが出来ます。
私は本文のモノクロページイラストを描いております。


昨年秋に出版した拙著、鳥のフィールドサイン観察ガイド共々、よろしくお願いします



●イベント情報●

冬鳥観察の楽しみ方in千葉公園
ここ数年、野鳥観察の案内役を務めさせて頂いています。公園内にある綿打池でカモや水鳥を観察します。
キンクロハジロのささやかな求愛行動を観察するには良い場所ですよ。

 日時:2017年2月4日(土)9:00(11:00解散)
 集合場所:千葉公園 蓮華亭ホール(ハス池)
 参加費:無料 
 申込み:下の画像を参照の上、千葉市中央・稲毛公園緑地事務所まで。定員30名。
     
     

カンムリウミスズメ シンポジウム 2017 in かどがわ
私事ですが、3月に宮崎県門川町で開催されるカンムリウミスズメのシンポジウムをお手伝いしています。
国内外の専門家が集まり、ウミスズメづくしの2日間となります。ウミスズメのみならず海鳥好きな方、
ぜひお越しください。私も2日間参加します。

 日時:2017年3月18日(土) 9:00~15:00
         19日(日) 9:20~12:30
 会場:クリエイティブセンター門川(宮崎県門川町)  
 参加費:無料
 シンポジウムの内容など詳細・申し込みはホームページをご覧ください。
 

この記事をはてなブックマークに追加

椛島勝一の世界

2017年01月28日 | 観察記録
機会があって、椛島勝一の世界展を見てきました。
ペンで描かれた船や戦闘機、動物など、迫力ある構図とペンの繊細なタッチ。線の重ね方や強弱の付け方など、
1枚1枚に魅入ってしまいました。これでは時間がいくらあっても足りないくらいです。私もペン画をやりたくなって
きました(別に中断していたわけではありませんが、最近チャンスがないもので)。

椛島勝一の世界」展
会期:2017年01月15日(日) ~ 2017年04月09日(日)
会場:長崎県美術館
休館日:1月23日(月)、2月13日(月)、27日(月)、3月13日(月)
開館時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)

図録はミュージアムショップで通販も扱っているようです。

この記事をはてなブックマークに追加

おっぱいの進化史

2017年01月27日 | 観察記録
本編イラストを担当したおっぱいの進化史 (生物ミステリー)が発売になりました。手に取って頂けると幸いです。

今回のイラストはすべてシャープペンシルで描いています。当初、ペンで描くことも考えたのですが、扱っているテーマから
少しソフトな表現が欲しいと思い、2B~4Bくらいのやわらかい芯を使ってみました。芯が折れやすいのと、紙が汚れやすい
ことに苦慮しましたが、ペンとは違う風合いが出せたでしょうか。


原画の一部。作画には定着スプレーとエアダスターが必須です。

この記事をはてなブックマークに追加

おっぱいの進化史 発売はもう少し先

2017年01月20日 | 観察記録
すでに告知した「おっぱいの進化史」の発売が、1月25日となりました。来週までお待ちください。



この本では本文中のイラストを描かせて頂きました。

この記事をはてなブックマークに追加

2017年

2017年01月01日 | 観察記録
昨年はなんと言っても鳥のフィールドサイン観察ガイドを出版できたこと、そして個展・鵜会の開催という、大イベントが続いた年でした。
今年はどうなるでしょうか。ウンの良い年になるように、最初の写真はオオバンのうんちでスタートします。

この記事をはてなブックマークに追加