箕輪義隆挿絵工房 フィールドノート

見たこと 気になること たまに絵のこと

個展情報 講座について追記あり

2016年11月08日 | 展示

今回のテーマはウ。鵜の絵、鵜の話題、鵜の人たちが集まる会を開きたいと温めていたテーマです。

<箕輪義隆作品展 鵜会>

会期:2016年11月23日(水)~ 11月28日(月)
   11時~19時 (最終日は17時まで)
会場:積雲画廊
   渋谷区神宮前1-19-14サンキュービル1F
   03-3478-0993
   JR山手線「原宿駅」竹下口より徒歩2分


<鵜の講座のお知らせ>

絵を見るだけでなく、実際鵜に携わっている方の話を聞いてみませんか? きっと鵜を見る目が変わるはず。
参加費無料

 日時:11月23日(水)14:30から16:30
 会場:千駄ヶ谷区民会館(個展会場から徒歩3~4分)
 講師:加藤ななえ氏(バードリサーチ)
    カワウって奴は…! 長年カワウに携わってきた研究者の目には、どんなカワウ像が映っているのか?
    カワウと人のかかわりや、観察の楽しみなど、鵜の魅力を存分に語っていただきます。
    箕輪義隆
    鵜は意外にも(?)熱烈なファンがいる鳥。そんな鳥をテーマに決めたからには、中途半端な物は描け
    ない。どうしたら鵜を鵜らしく描けるのか、試行錯誤と制作の実際についてお話しします。
 申込:参加申し込みはメールにて受け付けます。定員40名。
    メールタイトルに「11月23日参加希望」と記入の上、本文にお名前を書いて送ってください。
    送信先:yminowa (at) hotmail.co.jp  ※ (at) は @ に置き換えて下さい.



なお、講座開催に伴い23日14~19時の間、箕輪は画廊に居ないのでご注意下さい。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新刊情報「鳥のフィールドサ... | トップ | 鳥のフィールドサイン観察ガ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。