terrible えぶりでぃ

日々雑感 (婆の孫育て日記&音楽&食べ物)

ご来訪ありがとうございます。

暑い日が続きますね。
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

今年の夏はどんな夏になるかしら
孫たちがひまわりのようにぐんぐん成長してくれますように…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クロアゲハ幼虫7 【飼育9、10日目】

2016-09-30 21:58:52 | クロアゲハ
クロアゲハの幼虫記録 その7です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像、動画あります。

自宅庭で黄金色のクロアゲハ終齢幼虫を見つけて9日目。
見つけた日を含めての9日目日曜日です。
昨晩、蛹の様に糸をかけて動かなくなったトラです。

本来(自然の状態)ならば、よく写真で見るように
木の枝に立った状態で身体を固定するのだと思いますが
何しろ箱のなかですから、天井に身体を固定してしまいました。

ここから幼虫の皮を脱いで蛹になる時に(見てませんが)
なんと、落下してしまいました。
慌ててまた晶子さんに状況を連絡、助けを求めましたが
大丈夫です、救済方法ありますという力強いお返事を戴きました。
取り敢えず身体が固まるまではそのままで、と言われて
落ちたままの蛹を写真撮影です。


これは…仰向け?と言っていいんでしょうか?

お尻の先がゆっくり動いたりしてます

全体は茶色と言うよりサーモンピンク、腹部に黄色の名残があります。
見たことのない綺麗な色の蛹になりました。

翌日 蛹化2日目。黄色味は消えちゃったかな〜




あとは
身体がしっかりして来るのを待って手作りベッドに戻してやり
羽化を待つだけ!
どんな色のアゲハが出て来るかな??





楽しみにしていましたが
大変残念な事に、羽化を迎える事が出来ませんでした。

蛹化して3日。
仕事から帰宅すると、急に暗い焦げ茶色に変色していて
たいそう不安に思って見守っていましたが
その日の夕刻、蛹から寄生虫が出て来てしまいました。

ネットで調べた所、恐らくヤドリバエというものだと思います。
実は、寄生される確率はかなり高いのだそうです。
餌の柑橘類の葉に卵を生み、葉と一緒に食べられて
身体の中で成長し、蛹になると外へ出て来るようです。

寄生虫の可能性を知らなかったわけではありませんが
大丈夫、大丈夫と極力考えない様にしてきました。
言い換えれば、どんな色の蝶になるかばかり考えていた、とも。

せっかくブログで記録をつけ始めたのに
こんなに急な終わり方になってしまって、本当に残念です。
この記録を始めてから、読んでくださる方もだいぶ増えていました。
楽しみにしてくださってた皆さんには、たいへん申し訳ありません。


羽化は出来なかったけれど、この黄金色の幼虫がいたのは紛れもない事実です。
残念ですが、寄生虫にやられてしまったことも含めて
記録としてこのまま残そうと思います。


ご指導いただいた先生、連日助けを求めるメールに丁寧に答えてくださった晶子さま、
これを読んでくださったみなさまがた、ありがとうございました。
今回は色々と知らない事、初めての事だらけ、生活も慌ただしい中でしたので
次に機会があればもう少し丁寧に飼育してみたいと思います。


うちに来てくれてありがとう、トラノスケ。
短い間だったけど、楽しかった。
次に生まれてきたらちゃんと羽化出来ますように!





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クロアゲハ幼虫6

2016-09-29 23:44:59 | クロアゲハ
クロアゲハの幼虫記録 その6です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像、動画あります。

自宅庭で黄金色のクロアゲハ終齢幼虫を見つけて8日目。
見つけた日を含めての8日目土曜日です。
一昨日からトラの様子に変化が現れました。

昨晩ただひたすら箱の中を動き続けたトラノスケ
朝、蓋に糸をかけていました。

なんだか身体が半分くらいに縮んだ感じがします。


上から見ると、体の周囲に糸を張っているのが見えます。
画像ちいさくて良く見えないかも知れませんが``r(^^;)
これ以上拡大するとキモチワルイと思う人がいるかもしれないので…


夕刻です。
姿はまだ幼虫ですが、蛹っぽいスタイルになって来ました。


蛹の姿になるのをリアルタイムで見たいところでしたが
なかなか、そんな都合よく蛹化してくれませんでした。

〜明日に続く〜



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロアゲハ幼虫5 【飼育7日目】

2016-09-27 22:36:12 | クロアゲハ
クロアゲハの幼虫記録 その5です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像、動画あります。

自宅庭で黄金色のクロアゲハ終齢幼虫を見つけて7日目。
見つけた日を含めての7日目金曜日です。
昨晩からトラの様子に変化が現れました。

昨晩、今まで動かなかったのが嘘の様に良く歩き回って
段ボールの壁で静止したトラノスケ。


蛹になる前に体内を空にするので、水様の便が出ると聞いていました。
が、この日まだコロコロと固形の糞をしています。

糞の左側の点点は餌(檸檬の葉)についてた他の幼虫の糞です。

まだ固形の糞をしてるけど、この状態で止まってるってことは
これから水みたいな柔らかい便をして、このまま蛹になるのかなあ
と、思っていました。

ところが!

夕食後に何気なく覗いたら

ああ!これが水様便。あの身体でこんなに…かなりの量だわね!!
 ………あれッ?!トラちゃんどこ?!


箱の中にいません!
ま、まさか足の下で踏みつぶしてないよね??
ええええ、ちょちょちょちょっと待って?!
真っ青になって周りを探したら、すぐ横の網戸を登ってました。
吃驚仰天。慌ててそーーーーっと取り押さえて箱に戻しました。

もう動かないものと思い込んでいたので、蓋にしてたチュールを緩く止めただけだったのです。
今度はきっちり紐で縛って洗濯バサミ山ほど持って来て止めました。

さあ、そこから動く動く動く。
昨晩歩き回ったのなんかほんの序の口、いっときも止まりません。
水様便が出た事も、逃げた事も含めて
晶子さん(「晶子のお庭は虫づくし」オーナー様。いつもありがとうございます)にお話したところ
蛹になる場所を求めて、かなり歩き回るものなのだとか。
もう見守っててもキリがないので、好きなだけ探索してもらう事にして
この日は寝てしまいました。

蓋にしているチュールを這い回っている時に動画を撮りました。
腹側からの撮影は普段あんまり出来ないかなーと思ったので…
黄金色の背中ですが、腹はちょっとピンクがかった色です。
動画の用意が出来たら一本だけリンクしようと思います。
だれも見たがらないとおもうけど(笑)

さて、放浪の旅はどこで終わりを告げたでしょうか…





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロアゲハ幼虫4 【飼育6日目】

2016-09-24 23:19:23 | クロアゲハ
クロアゲハの幼虫記録 その4です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像、動画あります。

自宅庭で黄金色のクロアゲハ終齢幼虫を見つけて6日目。
見つけた日を含めての6日目木曜日です。
呼び名は「トラノスケ」「トラ」に固定したようです(笑)

変わらず鮮やかな黄金色。
宝くじ買ったら当たりそうな気がします(笑)←気のせい
漸くYouTubeに動画をアップしたのでこちらにも貼りますが…
イモムシが這い回ってる動画です。
苦手な方はご遠慮下さい。














夕刻まで特に変わりなく餌を食べてコロコロと糞をしていました。
たまには正面


ちょっと身体をくねらせたトラちゃん

普段あまり見えない黒い部分が見えます

こちらは動画です。9/22 16時過ぎに撮影。

珍しく動いています。


たまたまFacebookにポストしたのを知った友人の息子クンが「見たい!」と。
週末行って良いですか、と聞かれ、日曜ならいいけどそれまでに蛹になるかも?
それじゃ今から、と急遽見に来てくれました。

みんなでワイワイ言いながら観察して写真撮って
そんな中でも動かなかったトラちゃんが
6時過ぎ、急に段ボールの壁面を上り始めました。

あれ?
蛹になる前は水様便をするって聞いてたけど、まだ固形ですよ?

でもこの勢いです


動く動く動く!
まさかの大運動会。今までの不動っぷりが嘘のようです。
慌てて蓋の締め直し。
今日しかない、と見に来てくれた友人親子は、
綺麗な黄金色の幼虫が動いているところを見る、最後のチャンスだったわけです。

暫く動き回ったトラはキッチンペーパーの壁で落ち着きました。
なんだか色も少し暗くなった様に見えます。


いよいよ蛹になるのかな?!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロアゲハ幼虫3 【飼育3、4、5日目】

2016-09-23 20:19:35 | クロアゲハ
クロアゲハの幼虫記録 その3です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像つきです。

土曜日に見つけて3日目、月曜日。4日目火曜日、5日目水曜日です。
いや、動きません。
写真が撮れるからいいんですけど、見てても殆ど動かないですね。
しかも、たまに あ、葉っぱ食べてる!と写真を撮ろうとするとピタッと止まっちゃう。
そりゃそうです、彼らに取ってはすぐ生死にかかわりますもんね。

だからといって、外にいたら風も吹くし雨も降るし
子供の声も車の音も自然のいろんな音もするわけですから
新生児を起こさない様に抜き足差し足する時みたいな必要はないと思われます。

つまり、そんなに緊張しないで普通にしてていいんじゃないかなーと。
言うわけで普通に蓋開けて携帯突っ込んで、ポートレート集です(笑)


いつも上からになってしまいます。今日も変わらずタイガーカラー。


ぐぐっと近づいてみました。
これだけ近寄ると、ちょっと迫力あります(笑)不思議な模様。自然ってすごい。
でも顔は見えません。顔、どこ?


これでどうだ! 葉にピント合っちゃいましたが何とか顔。
下に糞が落ちてるのが見えます。かなり大きいです。


この頃、連日助けて戴いている晶子さんの橋渡しを戴き
昆虫の専門の先生とお話をさせていただいています。
先生のご尽力で、元日本鱗翅類学会会長、高橋真弓先生に画像を見て戴く事が出来ました。
それで、大変珍しい個体です、とお墨付きを戴きました。
皆さまがたから貴重な幼虫と伺わなければ、途中で放り出していたかもしれません。
本当にありがとうございます。

トラちゃん、みなさまの期待に応えて無事に蛹化、羽化してくれますように。
私も素人なりに観察、記録頑張ります。


そうそう、動画を載せたくてYouTube登録しました。
録った日付など整理出来たらアップします。



★追記
今日は少し変わった様子が見られます
さなぎになる準備が始まったのかもしれません。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黄金色【クロアゲハ幼虫 飼育2日目】

2016-09-22 22:50:26 | クロアゲハ
アゲハの幼虫、その2です。
虫の苦手な方はご注意下さい、画像つきです。

土曜日に見つけて、適当にその辺の段ボールに抛り込み
檸檬の枝を切って入れてひと晩経ちました。

ところで、婆はそもそも虫の飼育経験が殆どありません。
子供の頃鈴虫がいましたが、両親が飼ってたので私は見ただけ。
いざアゲハの幼虫飼おうと思ったところで、どうしたら良いか判らない。
…種類判定のために伺って、リンクさせて戴いたサイトのオーナー
晶子さんに泣きついて、一からご指導戴きました。
未だに連日ご指導ご助力戴いてます。ありがとうございますm(_ _)m

出来る範囲で整えた環境

大きめの段ボール、糞の掃除がし易いよう、下にキッチンペーパー
写真には写ってませんが蓋の替わりに、
孫の衣装作る時買い過ぎて余ってるチュールレース


こんなサイズの写真で全体を撮ってても良く目立ちます。
保護して室内に入れてからは、黄色と言うより黄金色に見えます。
陽光の下で見るともっと明るい色なんでしょうか
それともいくらか周囲の色に合わせる様になってるんでしょうか?
キャタピラーというよりタイガーっぽい色合いです。
(息子の一人は「トラノスケ」と呼びます)

保護して二日目の虎子(どこかの漫画に出て来ますねぇ「虎子」)


横向き〜

と、思ったら暗かった…
でも色がポイントなので、幼虫写真に関しては画像はいじりません。
見にくくてごめんなさい。
(間違えて同じ写真を出してたので差し替えました)


写真の色を変えてない証拠にもなるので、動画を録ると良いと教えて貰いましたが
その動画をブログに貼る技術がないので少しお待ち下さい。
YouTubeにアップロードしてリンクすればいいわよね?
用意します…

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

黄色。【クロアゲハ幼虫】

2016-09-18 20:17:32 | クロアゲハ
ポケGOに熱中してる婆が「黄色」とタイトルをつけると
ピカチュウの話かな?と思う人がいるかもしれませんが
ポケモンの話ではございません。

昨日、遊びに来た息子が玄関先の檸檬に変な色の虫を発見。
どう見てもアゲハの終齢幼虫なんだけど、黄色い!
あまりに目立つ黄色なので、これではすぐ鳥の餌だと思い
羽化するまで保護する事にしました。(取り敢えず段ボール箱
写真出しますので、苦手な方はどうぞ画面を閉じてください。

なんだろう?アゲハじゃないの?突然変異?
息子と色々調べましたが、何故黄色なのかわかりません。
そもそも一番普通のアゲハチョウなの?
いや例えば他の種類だったとして、見分けつくの?
まずは種類の特定からかな〜



















この画像は明度も彩度も色調も何も変えてません。撮ったままです。



ぐぐる先生に助けて貰いながらネットで調べました。
考えるのに一番良く判ったのが「晶子のお部屋は虫づくし」さまの
「アゲハの幼虫の見分け方」というページです。
(お許し戴いたのでリンクします 9/19付記)


背中の模様がわかる様に撮り直したもの

斜めに入ってる模様は背中の真ん中が繋がっています。
モンキアゲハとは模様が違います。


枝を叩いて蟻を落とそうとして、怒らせてしまいました。
「臭角」というらしいですが、濃い赤です。
ナミアゲハは黄色です。



どうやらクロアゲハの幼虫が一番近そうです。
でもどうして身体が黄色?そこはまだ解決しないまま…
幼虫の色にも個体差があるようですが、個体差の範疇を超えている様に思います。
(素人考えですから、本当に超えてるかどうかはわかりませんが。)
「知恵袋」に黄色い幼虫の質問があって、その答えは「寄生されているのでは?」というものでした。
これはもう少し経ってみないとわかりません。

黄色の理由が判ってもわからなくても
一旦保護してしまったものは面倒見るしかないので
羽化するまで観察しようと思います。

(県内の昆虫専門の施設に問い合わせれば良かったかなー)と思いつつ…
このブログ初の?虫ネタでしたコレハカブトムシ


そうそう、臭角って体内の圧力を上げて押し出すんですってね
あまり何度もやると弱って死んでしまう事もあるんですって
面白がってつついちゃ駄目なのねー(いや臭いからやりませんけど)
知らない事っていっぱいあるわ〜

★9/22 追記

その後、上記「晶子のお部屋は虫づくし」のサイトオーナー、晶子さまのご助力をいただき
蝶の大家でいらっしゃる 元日本鱗翅類学会会長、高橋真弓先生に画像を見て戴く機会がありました。
高橋先生から、大変珍しい個体であるとお墨付きを戴いて、非常に貴重な幼虫とわかりました。

庭先で明るい黄色に見えた幼虫は、室内に入れたせいか、今は黄金色になっています。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加