やまだっ的発想…

Copyright(c) 1998-2017 やまだっ的発想…やまだっ All rights reserved.

夜の公衆電話

2006-10-11 | 日常

夕方、嫁から電話があった。

嫁「今日、残業で遅くなっちゃうから会社まで迎えに来てくれな~い?夕ご飯おごるから~」

嫁の働いている会社は、家から車で40分ぐらいかかる。

僕「夕飯付きなら行ってやるよ」


夜になり腹を空かせた娘2人を車に乗せ嫁の会社へ向かうことに… そして嫁に電話をした。

僕「今から家を出発するから、会社の入口に着いたら電話するから出てきな」

嫁「了解、じゃ待ってるから」

夕方遅くの時間は会社に向かう国道は渋滞だ。ま、そんな時は脇道細道を通って行きゃいいのだ。

娘「ねぇ、おとうさん…この道狭くない?」

僕「表通りは混んでるから、この道でいいのっ」

娘「ふ~ん…あっ こんな暗い道に電話ボックスがあるぅ~」



僕「ホントだ! でも今は、み~んな携帯電話持ってるから、あんな場所の電話ボックスなんて使う人居ないだろね、狭い道路で邪魔だから、とっとと撤去しちゃえばいいのにねぇ…わはははは


間もなく嫁の会社の入口に到着した。

僕「さて、かあちゃんに電話っと…あれ…あぁぁぁっ! 携帯電話忘れてきたぁぁぁ!

子供たちにはアホ呼ばわりされ、結局、ついさっき笑い飛ばしたあの電話ボックスまで戻り、嫁に電話するハメに… えっと確か財布にテレフォンカードあったような…


おっ あったあった!


かれこれ10年もテレフォンカードなど使っていなかったが、こういう時のために1枚は必需品なのだ!

しかし、テレフォンカードを電話機に挿入するも『料金不足』と表示されて使えない。
なんだよ、誰も使ってないからやっぱし壊れてるのかよ~トホホホ。
仕方なく100円玉を入れる…すると使うことができた。
 

会社の入口に戻ると嫁が出てきていた。

嫁「なに?なんで公衆電話からなのよ?」

僕「(かくかくしかじか)という訳でさぁ、まったくテレフォンカードすら使えない電話ボックスだもんな~(T T)

嫁「よくテレフォンカードなんて持ってたわねぇ(笑)」

僕「ま、危機管理がしっかりしてるというか…(自信満々)

と、10年前のテレフォンカードを嫁に手渡し見せてやると…

嫁「あんたの危機管理なんてこんなトコよね、これ図書カードだからっ」

僕「…(号泣)



【トリビア】液晶表示付きの公衆電話機に、図書カードは挿入できます。(へぇ~へぇ~)
しかし、「カードが違ってます」などの表示は出ずに「料金不足」とだけ表示されます。
くれぐれも図書カードを何度も何度も挿入して、挙げ句の果てに公衆電話機を叩いたりしてはいけません。

『えっ…わたくし、「会社の入口に間もなく到着」というたった5秒の通話に100円払ってしまいました』(高橋克実風)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呆れた話し

2006-10-10 | 日常
は、土曜日の午前中、ある行事の役員を選出するための打合せという事で、娘の友人のおかあさんたちと出掛けて行った。
子供たちは部活で学校に行っちゃってるし、僕は自由な時間となり、いつものように大喜びでバイク活動へと出掛けた(^^)

翌々日の月曜日…

僕は、仕事帰りに子供たちの待つ学童クラブに迎えに行った。
学童クラブには、娘の友人のおかあさんも迎えに来ていた。
僕「あっこんばんわ~(^^)」
娘友母「こんばんわ~、そういえば奥さまの熱は下がりましたぁ?」
僕「はぁ?(耳に手を当て)」
娘友母「奥さま土曜日に学校にいらした時、熱が37.8℃あって、解熱剤飲んできたって…」
僕「はぁ…」
娘友母「会社でも咳してる人とかいて、肺炎からくる熱とか流行ってるんですってね~」
僕「…うちの嫁…熱あったんですか?(ちょっと心配顔)」
娘友母「えっ 旦那さん奥さまの発熱知らなかったの?」
僕「え、ええ…」
娘友母「奥さま、旦那さんに心配掛けないようにと隠していたのね!んもう主婦の鏡!私も見習わなくっちゃぁ(しみじみ)」

嫁の発熱を気が付かなかった僕…
なんと薄情な夫なんだろう…
そういや嫁のことなど気に掛けずに…
暇になれば僕は独りで、バイク活動だ、ラーメン活動だと自由にしてきた…
悪かったよ、嫁…

そんな罪悪感を感じながら、学童クラブから子供たちと帰宅し、嫁に恐る恐る聞いてみた。
僕「土曜日…熱あったんだって?」
嫁「えっ 誰か言ってた?」
僕「娘友母から…さっき…聞いた…」
嫁「…(無言)」
僕「全然気が付かなかった…悪いな…(ぼそっ)」
嫁「…いや…実はね…役員の選出…イヤだから…仮病
僕「…(呆然)

そ ~ だ よ な ぁ … (-゛-メ)

だって、嫁は、土曜日の午後になり家に戻ってくると、
嫁「今日は今から水戸でカイロプラクティスだからね~、水戸で待ってるからね~」
と電車に乗るために、駅まで元気に自転車をこいで出掛けて行ったし、
それで夕方、僕は子供たちを車に乗せ、水戸で嫁をピックアップして、
夜は予約をしていた知り合いの料理屋に行ったし、
久しぶりの知り合いとの再会で、ワイワイと楽しく夜10時ごろまで食べて騒いで、帰宅したのだから…。

悪かったよ、嫁…」と思ってしまった自分に無性に腹が立ってしまった今日この頃…みなさまいかがお過ごしですか…(やけくそ(^^; )




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月のラーメン活動

2006-10-03 | ラーメン活動
暑かった夏も今年はあっという間に終わり、一気に秋です。
只今、バイク活動のまっただ中でございます。
ある休日は山に登り、ある休日は海沿いを走り…と独りの時間を満喫させてもらっております。

お彼岸の休日は、彼岸花の咲く川沿いを抜け、県北の林道へツーリングに出掛けました(^^)
里を走っている時にはとても快適だったのですが、林道に入るとイヤに寒いのです。
林道の峠付近の道路に設置してある気温計をみると、16℃を表示してました。
冷えた体を温めようと山を下って行った先は、当然ラーメン屋さん(笑)

県北でとても気になっていたラーメンをついに食す。
バイク活動の目的はラーメン活動です(きっぱり)
そのラーメンは、6枚目の写真でございます。


9月は快調!快調!の8食でございました(^^)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加