やまだっ的発想…

Copyright(c) 1998-2017 やまだっ的発想…やまだっ All rights reserved.

お願いはいくつ?

2006-04-21 | 日常
この4月…娘たちは小学3年生と小学4年生に無事進級しました。
想えば小学校時代も半分過ぎたってことで、なかなか感慨深いものがありますわ。

先週の土曜日は参観日だったので、久しぶりに出掛けてみました。
小学校の教室の中ってのは、僕らの時代と変わりない雰囲気で、とても懐かしい…
窓から見える桜の木も、どこか他のクラスから聞こえてくる音楽の授業の声も、全然変わっていないな…

参観日の雰囲気はちょっと変わったかな…
参観日といえば、親父が来るなんて家はすごく珍しかったけど今は普通…
昔、母親たちはいつもより濃い化粧をして、見たこともない洋服や、中には和服を着て学校に来たもんですよね。
化粧の匂いと、タンスの奥から出してきた服からのナフタリンの匂いが教室に充満して、
『今日は参観日なんだな…』と感じたものですわ。
あっ 母親たちの『いつもより濃い化粧』だけは変わっていませんでしたけど(笑)


そんな娘らには4月早々から毎日宿題が出されてます。
ま、僕らの小学校時代には、も~っと宿題が出されていて、ヒ~ヒ~言ってた覚えがある訳ですが…
夕べも家に帰ると、娘たちは宿題をやっていました。

僕『おっ…宿題やってんのか…感心感心…(^^)』

小4『もうっドリルは嫌い!!』

僕『あ~そうそう、ドリルなぁ…おとうも大っ嫌いだったよ…』

小3『あたしも大っ嫌い!!』

僕『…どれどれ…』

と、娘のドリルを覗いてみると…国語漢字1『三つのお願い』と書いてある。

僕『この題のとこに書いてある三つのお願いってなに?』

小4『国語の教科書の最初のやつだよ』

僕『へぇ~…おとうが小学校ン時、そんな歌あったよ!誰が歌ってたんだっけな…』

小3『歌ってみてよぉ』

僕『みぃ~っつのお願いきいて~ン♪ きいてくれたらぁ~ン♪ あなたに私は夢中うン♪ 恋をしちゃうわ~ン♪

でっかい声でご機嫌に歌っていると、台所から怒鳴り声が!

嫁『子供らが宿題やってるんだから、邪魔しないでよ、おとうさんっ!』

僕『悪ぃ~悪ぃ~』

嫁『しかも歌詞、間違ってるから!

僕『えっ?』

嫁『よぉ~っつのお願いきいて~ん♪  だからもう…(ぶつぶつ…)』


ネットで調べました…


四つのお願い 作詞 白鳥朝詠・作曲 鈴木淳 唄 ちあきなおみ





↑『参観日の母』かと思ったし…(^^;;




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜桜見物

2006-04-10 | 旅行・お出かけ
桜が満開です…
土曜日に日立方面へ夜桜見物に出掛けました。





桜の開花宣言がなされてから、な~んか寒い日が続きますわね…
ほんと夜桜見物なんて状況じゃありませんでしたよ…寒くて(^^;;
子供たちも夜桜見物の格好とは思えないような毛糸の帽子やら手袋やらで重装備です。
それでも、歩行者天国になった道路には、たくさんの人が出てました…
みんな震えながら、歩ってます(笑)

歩行者天国の両側には、これまたたくさんのテキ屋が出てまして、やはり花より団子ですな(笑)
テキ屋も最近の子供らのトレンドを良くわきまえていて、『たまごっち』バージョンが花盛り。
子供ら相手の出店では、くじ引き屋とかあって、その店先には、ずら~っと『たまごっち』が並んでいる訳です。

テキ屋『はいはい、いらっしゃい…50番までの番号が出たら、たまごっちだよ~っ』

いかにも、たったの300円のくじで『たまごっち』が当たるような雰囲気を醸し出しているあたり、さすがです。
当然、くじを引いたところで、たまごっちが当たるような番号など出るわけもなく、85番とか出ちゃって…

テキ屋『いやぁ、お嬢ちゃん惜しかったね~』

とか言われながら100円ショップでも売っていないようなガラクタおもちゃが渡されるのです(笑)
ま、子供らはこういう経験を積みながら、世の中の厳しさ=大人のずるさとかを知っていく訳ですが…

わたあめも『たまごっち』キャラの袋とか出てます。
我が家の娘も、わたあめが欲しいと騒ぐので仕方なく買ってやる訳ですが、中身一緒なんだけど、どうして袋のキャラにこだわるかな(笑)


そんな子供らが飼っている『たまごっち』も花見をしてる春の夜祭りでございました…(^^;;






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加