☆*...専業主婦1年生...*☆

お料理・お出かけ記事を綴っています。
更新は不定期です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

島根・鳥取旅行①:世界遺産『石見銀山』vol.1

2009-10-13 | 国内旅行(宿泊有り!)

3連休の初日~2日目、山陰地方に住む兄に逢いに行ってきました。
両親&私達夫婦の4人で、高速¥1,000の恩恵を受けて往復¥2,000の交通費で
連休最終日に日本を発つ(海外赴任)ことになった兄ですが、帰省できなかったので
みんなで逢いに行くついでに島根・鳥取も観光しよう~ということになったのです。

2009.10.10(SAT)
土曜日の朝は、なんと3時に起きて3時半に家を出て、両親をお迎えに
連休初日で高速を利用すること、またそれでなくても山陰は遠いので・・・
しかし張り切った割に「ここは我が家の専用道路!?」ってくらい全く渋滞には遭わず
前後車が1台もない時も結構あったりして、びっくりするやら嬉しいやら。。。
トイレ休憩を挟みながら車を走らせましたが、高速・一般道全てスイスイ進みました
「とにかく絶対混まないから。」という兄の言葉は本当でした(*゜.゜)ゞポリポリ
そんなこんなで、4時間ちょっとで第一の目的地に到着~~~

◆石見銀山◆ 詳しくは→コチラ☆
島根県大田市
にある戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた、
日本最大の銀山(現在は閉山)であり、大森銀山とも呼ばれていた。
2007年6月に世界遺産に登録された。

数年前から私と夫はこの石見銀山に行きたくて、1度は実際に計画も立ててたんですが
どうしても宿の予約が取れず(ちょうど世界遺産登録直後で)諦めていた場所だったんです。
なので今回山陰に住む兄に逢いに行く、と決まった時は、どうしてもここだけは・・・と決めてたの


早い時間に着いたので、ゆ~っくり歩きながら街を散策していきました。
来る途中、霧や小雨が降っていて心配してたけど、石見銀山に着くと見事な快晴でした


ここは大森という街なんですが、レトロで懐かしい雰囲気が漂っていて本当に素敵
そして大森はドラマ「砂時計」の舞台としても使われた街なんです。
ドラマの大ファンだった私は大興奮ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪


消火器とかも、いちいちレトロで可愛い~ 


街を歩いてると、ついつい写真を撮りたくなるようなものがたくさんありましたよ
可愛い自動販売機が置かれてるお店は、ドラマ「砂時計」の大悟くんの実家として
撮影に使用されていたそうです~~~


ここは裁判所だったんですって。今は近所の子供たちの遊び場になってるようですが


◆観世音寺◆
ここからの眺めが素晴らしいということで、上まであがってみることに♪


大森の街並みを眺めると、赤い石州瓦に白い漆喰壁の家が並んでいます。
これはこのあたりの家々の特徴なのだそうです。


◆五百羅漢◆
亡くなった銀山坑夫の霊を弔い、25年をかけて作られた501体の羅漢像があります。
小さな川が流れていて、これまた小さな橋を渡ったところに像が祭られています。


1つ1つ違う表情の像・・・25年かかったのも頷ける程、丁寧に作られています。
 
 

まだまだ続きますが、ここらで第一部を終わりますm(_ _"m)ペコリ
また次回、お付き合いくださいね 兄はいつ登場するのかしら

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3回目の窯出し♪ | TOP | 島根・鳥取旅行②:世界遺産『... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics