☆*...専業主婦1年生...*☆

お料理・お出かけ記事を綴っています。
更新は不定期です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

島根・鳥取旅行②:世界遺産『石見銀山』vol.2

2009-10-14 | 国内旅行(宿泊有り!)

2009.10.10(SAT)
大森のレトロな街並みを抜けていくと、自然に囲まれた素晴らしい遊歩道があります。
◆銀山遊歩道◆
ちょっとした小道かな~って思ってたんですが、結構長い道のりでした。
でも本当に綺麗な景色が続いてて、マイナスイオンをたっぷり浴びて気持ちよかった~
朝方は雨が降ったらしく、植物も少し濡れてる部分もあってそれがまた美しくて
川沿いになっているので、水が流れる音を聞きながらの心地よい散歩となりました。


これは夫お気に入りの1枚 とってもかっこよく撮れてますよね?


こんな自然タップリの場所があるとは思ってなかったので、すごく意外で楽しかった

■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。

◆清水谷製錬所跡◆ 詳しくは→コチラ☆
明治28年に当時の金額で20万円(現在なら20億円以上?)を費やして作られた。
しかしわずか1年半ほどで閉鎖された。
銀山遊歩道を歩いていくと、途中でこの製錬所跡があります。


広大な敷地に段をなす石段が見事です
 

私と夫は上がれる所まで行ってみましたが、還暦を過ぎた両親は(笑)下で待機です。

■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。*□・。*・。*■・。*・。

◆龍源寺間歩◆ 詳しくは→コチラ☆
間歩(まぶ)とは坑道のことで、石見銀山には500を超える間歩が存在する。
この龍源寺間歩は代官所直営の間歩で内部の壁や天井には、のみの手掘り跡や
排水坑の跡が随所に残っている。
さらに歩いていくとこの龍源寺間歩に着きます。他にも間歩はありますが、
公開されていなかったり、ツアー参加者のみ見学できたり・・・という感じなので
個人で行った場合は唯一中に入ることができる間歩です。


入り口はこんな風になっています。四ツ留めの丸太の上に神を祀っていたそうです。


全長は600mありますが、公開されているのは273mです。


進んでいくと、人一人がようやく入れるような小さな穴がたくさんあって
あ~ここで当時の人はコツコツとのみを使って銀を掘っていたんだな~って思いました。
絶対大丈夫だって思う今でも、なんとなく坑内は暗くて恐ろしい気がしたから
当時の人たちは安全面でも100%ではなかった訳だし、命かけて仕事してたんでしょうね。

ここに来て「あ~~これが石見銀山なんだ~」って実感できた気がしました。
これより大きな大久保間歩というところは、ツアー限定の公開なので
行かれる方はその点を注意されてくださいね。色々ツアーが出てるようです。
ここが一応、石見銀山大森地区の最終地点なので、ここからまた折り返します。
結構長い道のりだけど、気候もちょうど良かったし、ウォーキングのつもりで歩きますよ~
つづく・・・

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島根・鳥取旅行①:世界遺産『... | TOP | 島根・鳥取旅行③:世界遺産『... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics