フリーランス的発想のススメ

~フリー満喫講座~

あるスキャンダルの覚え書き

2008-09-13 14:54:52 | ハリウッド映画
監督:リチャード・エアー
主演:ジュディ・デンチ
   ケイト・ブランシェット
   ビル・ナイ

 う~ん、これはミスキャストだと思いますねぇ・・。ミスったのはケイト・ブランシェットの方。ケイト演ずるシーバは、上流階級の家庭で年の離れた夫と2人の子どもを持つ芸術家。あるきっかけで中学校の美術講師として働くことになるが、教師としての自覚に乏しい。そんな彼女が15歳の生徒と関係をもってしまう・・という役柄なんですが、どうしてもケイト・ブランシェットは分別のある大人にしか見えない。『上流階級でまともに働いたことのない世間ズレした女性』が深く考えずにやってしまったこと、には見えないんです。この役、グゥイネス・パルトロウとかの方がよかったんじゃないかなぁ。低い声で理知的なケイトがやる役じゃなかったですねぇ。
 それに、15歳の少年に手をだしてる時点で、私には信じられない内容なので(でも実話らしい)話についていけなかったです。ジュディ・デンチの素晴らしい演技にはなんの文句もないけど、ストーリー展開もサスペンスだったかどうだか・・期待して見ただけに不満が残りました。。(ジュディ・デンチに☆☆☆☆☆)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« WBCの監督は誰だ?! -part3- | トップ | 週末恒例となりました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。