goo

愚か者


愚かなる我の夏が過ぎゆく

8月27日(土)

いろんなものが不足している。いかん、自分のやる気で不足を解消できるものも多いのだから、不足は我の怠慢なりということだ(カロリーだけは不足していない)。
怠慢、それだな。怠慢につける薬はないか(そんなことを考えることが、怠慢菌に冒されている証拠だ)。怠慢退治をしなくちゃいけない。気愛だ、気愛だ。

吉本新喜劇を見て昼過ぎまで怠慢菌にやっつけられた。午後、ドラッグストアとスーパーへ行き必要なものを買いそろえる。腰の調子がよくないので、明日の町内清掃は無理だと判断した瞬間に酒のつまみを買う、愚かなる怠慢野郎である。
愚か者とマッチが歌う。まさしく、その部分だけ我が身のことだと実感する。マッチとデュエットしたい。年末のジャニーズ祭りに出たい(気は確かか?)。

戻って来て仕事。なかなかスコーンと休めないのはスケジュール管理が悪いからか、能力がないからか、うーん、両方だな。そこに怠慢菌が入ってくるからよけいにダメなのだ。あー、愚か者よ。
夕方、急に部屋の模様替えを思いつくというか、しなくちゃいけないという声が心の奥底から聞こえて来たので、やってしまった。人には見せられない部屋になっていく・・・。

「オレの夏めし」

スタミナ素麺。
つるつるつるりんとスタミナが体内へ入っていき、
元気の汗が流れるのである。
これぞ、夏めしだ。
もうすぐ終わる夏を振り返りながらの昼食だった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ