平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

大島ウルトラランニング①トレーニング&作戦

2017-03-21 | 大島ウルトラランニング

もうすぐ楽しい100kmマラソン。
作戦とトレーニングを振り返ってみます。

基本作戦はいつもの通り、”走れる体を作っておいて走らない”。
さて、トレーニングで走れる体を得られたのでしょうか?。

トレーニング期間はランoffから復帰した正月から、2ヶ月半。
1月はまだ導入期で帰宅ランと休日の20km走が主体。でも月間250kmを走れた。
2月になって走れる体になってきた感、強し。ランが億劫でなくなる。
一昨年、昨年の2月は走行距離月間で距離を稼いでいたけど、今シーズンはやめ。内容重視にしました。
やはり走行距離は250km。
たまリバー50kmと筑波山坂トレを復活し3月に至る。坂トレはステップアップしながら3回行えた。
今シーズン、筑波山坂トレは新コースを開拓。なかなかいいコースが見つかった。無料シャワーが無いのが難点。

そんなこんなでいいトレーニングが積めたと思う。
去年悩まされた故障も出なかったし。




さて、作戦です。
左周り・右回りに大島を2周するこのレース。島東部の高地と三原山に上り坂のがキモになると思います。
大上りは3回。①東部②三原山③東部。
それぞれ標高差と距離と傾斜は
①32km東部  340m、5.8km、5.8%
②45km三原山 330m、7km、 4.7%
③68km東部  314m、5.6km、5.6% 
ちなみに三原山からの下りは
④52km三原山 500m、5.8km、8.6% (すべて自己計測)

普段走っている筑波山のコースと比べてみます。
  不動峠 270m、3.8km、7.1%
  風返峠 412m、6.4km、6.4%
つつじヶ丘 130m、1.6km、8.1% (すべて自己計測)

上りは普段のコースより距離は長いですけど、傾斜はゆるやかな様です。
これは走りですよ、”走り”。歩かずに走る事を目標にします。
ところが下りは急傾斜、これはシューズの性能に任せてゆっくり目で下ります。

ではペース計画を。
第5関門、第6関門がタイトなので、
第3関門51.2kmを6時間、午前11時。
第4関門69.5kmを9時間、午後2時を目標とする。
7分/kmでいける。これがどこまで維持できるか?、無理斑無く気持ちを切らさず進みたい。

体重64.5kg、体脂肪率16.1%。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラウンドつくば | トップ | 大島ウルトラランニング② レース »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 470 PV UP!
訪問者 215 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,929,136 PV 
訪問者 314,770 IP 
ランキングランキング
日別 4,109 UP!
週別 8,566 UP!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0