平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

レース中に蜂に刺された話

2017-09-17 | トレイル

9月のトレイルレースで蜂が出るのは今や常識。
他人事と思ってたんですが、刺されちゃったんですねぇ。
この件に関してレポします。


スタートから約7km、林道の出口でスタッフが叫んでいます。
「蜂がいます。気をつけて~~。」
まわりのランナーも特に変わりなく走り続けてますんで、ワタクシもそのまま進みました。
そうしましましたら、急に右の二の腕に痛みがっ。。
最初は何だか分かりませんでしたね。でも、反射的に払いのけたんです。
ブ~ン。なんていう羽音なんてなくて急にきました。蜂はスタッフから30m手前にいたんです。
中くらいのサイズの黒い蜂に見えました。スズメバチではなかった様な・・。
黒いものを狙ってくるなんて聞きますが、刺されたのは白のアームスリーブの上からでした。

林道出口では10人程がやられた様で処置をしています。
なかには頭を抱えてしゃがみこんでいる方もいます。コリャ、重症だ。
ワタクシも初めてポイズンリムーバーを使いました。持ってて良かったポイズンリムーバー。
程々に吸引した後、ペットボトルの水で洗い流します。
エイドまではあとわずかでしょうから全部使ってしまいましょう。と言ってもボトルの半分しか残ってませんでした。

ここに居てもやる事もないので再び走り出します。ロスタイム5分ってところでしょうか。
でも、もうしばらく休んで体調の変化を見た方が良かったかも・・・。
次のエイドでおじさんが薬をチョット塗ってくれました。でも水が無くて洗う事できず。
そのまた次のエイドでも薬を塗ってもらいました。またまた水が無くて洗う事できず。水の無いエイドって初めてだぜ。

レース中、幸い体調の変化はなし。腕の痛みは続いてました。
その後、特に処置はせず。


レース後には吸引した部分が痣になって、中心の刺された部分が3mm大に白くなって膿が溜まっているようでした。
このまま治って行くんだろうと思いましたが、そうではなかったんです。

翌日、末梢側が名刺大に赤くなってきました。
翌々日、それがだんだん広がって赤味も増して。
3日目には、これはもう皮膚科通院レベルに。かなり痛痒いです。恐るべし蜂毒!。
でも病院嫌いなワタクシは、以前お医者様にもらった薬で済ませました。(副腎皮質ホルモン剤)
さいわい薬が合ったようで、5日目からは快方に向かいました。
(良い子は真似してはいけません。ちゃんと病院に行きましょう)


(4日目の腕)
ポイズンリムーバーでの吸引が無ければ、もっと酷くなっていたでしょう。
反面、もっと吸引してよく洗い流しておけば、これもなかったのかなぁとも思います。



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017白馬国際トレイルラン ③レース2 | トップ | 2017FTR100 ①FTR100への思い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレイル」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 386 PV UP!
訪問者 186 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,957,420 PV 
訪問者 327,226 IP 
ランキングランキング
日別 7,391 UP!
週別 9,910 DOWN!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0