平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2017 参加レース

伊豆大島ウルトラランニング 野辺山高原ウルトラマラソン 乗鞍天空マラソン 富士山頂往復マラニック 白馬国際トレイルラン FTR100km

Tough カメラ壊れました

2017-10-22 | グッズ

長いこと私の趣味を支えてくれたToughカメラが壊れました。
3m防水、2.13m落下OK、耐寒-10度、防塵。の堅牢なやつだったんですけど、レース中の度重なる落下には耐えられなかったみたい。

今年の春からメモリーカードのカバーが割れ始めて、だましだまし使ってましたがメインスイッチのカバーがいよいよ剥がれたのでご臨終としました。
ザックのポケットが扱いずらくて何度もコンクリの上にも落としましたからね。1度はレース中に紛失してしまいました。
調べてみたら購入は2010年9月、7年間の付き合いでした。

問題は後継機をどうするか?、です。
レース中スマホで撮っている人は多いですよね。ワタクシのスマホもカメラ同様Toughモデルにしたんですけど、いかんせんチョット重いし嵩張る。あとロングレースではバッテリーの問題があるし・・・。
ロースペックでいいから軽い防水カメラないかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルペンの撥水タイツ購入

2017-10-15 | グッズ

大型スポーツ店アルペンのオリジナルブランドの撥水タイツを購入。
タイツは、ランニング用が2本、ヒートテックが2本、ブレスサーモが1本、計5本も持ってましたがまたまた購入してしまいました。



持っているタイツはどれも防寒用って位置づけでした。
防寒性はもういいから、日差し除け・汗冷え防止用が欲しかったんです。
例えば夏山のアルプス縦走に使うような・・。
あとサポート性も無しでよし。どうも締め付けが苦手です。

何か良いのないかなぁ、っと長いこと探してましたが、漸く見つける事ができました。
店のトレッキングコーナーにあったんです。
2499円は衝動買いでもOKでしょ。f社の撥水タイツと比べても安価だし。


次レースのFTR100で使えないかなぁ、って思ってます。
寒さ対策の必要なこのレース、ランニング用のタイツって汗冷えするんじゃないかなって危惧していて、こっちの方がいいかもって思っています。
でも、薄手だから寒いかな?。

必携品にロングタイツが必要なレースがありますけど、
履かない前提・持っていればいいや、っていう方には軽量で嵩張らないのでいいかも。



すんませんが、まだパッケージから出してません。
使用感はまたそのうちに・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CAT S40

2017-07-12 | グッズ

ワタクシがスマホデビューした機種は、
今年5月発売のONKYO社のCAT S40。⇒

水ポチャしても1.8mから落としても平気なタフネススマホにしました。
高価なものですから簡単に壊れてもらっちゃ困るでしょ。取扱いに気を遣うのも嫌だし。

第一印象は”でっかいな”でした。
細かなサイズはメーカーサイトに譲るとして、薄めの文庫本位の印象です。
4.7インチのモニターなのにその縁取り部がばかになりません。おまけに最近の機種と違ってかなり厚いです。それにチョット重いかな。
これは堅牢なこととのトレードオフなんでしょ。受け入れるとします。

そんな訳でスマホカバーは不要です。

困ったことはトレランザックの胸ポケットに入れるには大き過ぎることです。
滑り落ちそうで心配です。落下防止のストラップも付けられないし。
当面はまだデジカメでがんばりますかね。(因みにカメラも堅牢・防水モデル)


目下の悩みは常用でメガネを使う必要が発生したことです。
通常トレラン・ランニング中はメガネOFFで過ごしてきましたから。でもこれじゃ見えないんです。
老眼+調光レンズのサングラスが欲しいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勇気を出して初めてのスマホ

2017-07-06 | グッズ

うちの夫婦はふたり揃ってデジタルプワァな人間。特にパソコン・携帯・スマホ・通信なんてのは大の苦手です。
そんな訳でいまだにガラ携でございました。
でもスマホの普及は凄まじく、今や小学生から腰の曲がった婆さんまで使っております。
夫婦そろって世の中から置いて行かれた感、半端ないっす。

今やスマホを使うのも人並みの生活をおくるマストアイテムかと思います。
何より嫁が女性達の連絡網に乗っかれない事は重大問題です。


そんなこんなで我が家もスマホにする事にしました。
そうなると選択しなければならない事は多々あり、シンドイ仕事になります。
通信が電電公社の一択だった時代がどんだけ楽だったことか。若い人は知らないでしょ。

まず、大手3社でいいか、それとも安価な相乗り社(MVNO)にするか?。
⇒低通信量な事からMVNOにしました。

MVNOの中で通信会社は何処にするか?。
⇒これが多肢にわたるのですが、BIC SIMにしました。
決め手は複数人から勧めらられた事。ビックカメラの店舗で対面販売・対応してくれること。
BIC SIMでも2種あり、お安いプランの選べたOCNモバイルにしました。

機種はSIMフリースマホから選ぶ事になります。
ワタクシの方は意中の機種があったので、価格.comで調べてネット買い。(これはいずれ別記事に)
嫁はビックカメラの店舗で選ばせました。多くの選択肢があったのもビックにした一因です。

ビックカメラ、なんやかんや親切に対応してくれて満足です。



そんなこんなで我が家にスマホがやってきました。
auには「15年間の長きにわたりありがとうございました。」なんて言われてチョット涙が出ました。


ここで大きな問題が発生。
嫁のスマホに電話帳をコピーしたところ文字化け発生です。通信がライフラインの女性にとってこれは致命的なんです。
ファイル形式の違いに起因しますが、ワタクシが見たところ合っているんですよねぇ。Orz。
大騒ぎしたあげく対応が手詰まりになったところでこの日は終了。
結局、翌日サポートセンターのお姉さんと話して、一括削除して地道に入力するっという事になりました。その数300名弱。(サポートもよく対応してくれたそうです)
2日でほぼ入力が終わり、3日目にはLINEで返信してました。嫁、恐るべし。
ワタクシの方は、”スマホ!何たるこの深淵なる世界”が第一印象でございます。
そんな訳で、お友達の皆さま、只今通信不能中ですよー。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新勝負服 購入

2017-06-10 | グッズ

新勝負服として、TNF エンシデューロジップアップとIGORA PROTECTIONシュートタイツを購入しました。
勝負服には動きやすさと汗処理が快適なのはもちろん、さらにプラスαの機能を求めちゃいます。
レースにはそれなりの覚悟を持って臨みますので、”これでいいや”のウェアは着ません。最高にチョイスした信頼の品で走ります。
 

〇 TNF エンデューロジップアップ
地元のスポーツ店ではそれなりの品がありましたが、2トーンカラーが欲しくてやっぱりブランドのTNFをネットで購入。
(実品を見て納得しないと買わない主義でしたが、なかなか実品に巡り合えないという問題がありまして、見込みでネット購入⇒NGなら返品っという事を始めました。経費は小額ですし、労力・時間の節約になると思っています。)
届いてみるとかなり薄手なのにハイブリッド。肌面のポリプロピレンで汗を吸い上げて表面のポリエステルで蒸発させる仕組みです。夜間走行や標高差があるロングレースにおすすめですっとあったので、もう少し厚手の生地を想像してました。保温が必要な時はファイントラックのアンダーを着ればいいかな。
カラーも少し派手にしました。
⇒ #

〇 TIGORA PROTECTIONシュートタイツ
TIGORAはアルペングループのプライベートブランド。スキー・キャンプ時代からアルペンは重宝していて、安価で高品質と思っています。
魅力は腰サポート。腸骨まわりの締め付けがいい感じです。サポートタイツ否定派のワタクシですがレースではタイツに頼ってしまいます。俺様を助けてくれよ。
生地その他の造りはCW-Xと大差ない感じです。なのにこの値段は魅力。チョット暑いかなぁ~が第一印象ですけどシュートだからOKでしょ。
⇒ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝負服、破れました。

2017-06-01 | グッズ

ワタクシの勝負服は以下の通り

TNFのハーフジップTシャツ。
TNF BIOTEXのハーフタイツ。
これを基本に天候に応じてアームサポーターとキャップ、カーフサポーターを組み合わせます。

ハーフジップTシャツは首元のファスナーで体温調節ができて具合が良いです。夜間走のあるトレランや早朝スタートのウルトラマラソンで重宝しました。カラーは白/グレーで地味なんですが、これってレース会場で人とかぶらないんですね。汗処理も良くて色使いも飽きが来なくて気に入ってました。
ハーフタイツは着圧を高める為にSサイズにしました。このモデルは当時鏑木さんも穿いていたメーカー一押しのモデルでしたが間もなく廃版になったようです。着圧タイツを一度穿くとお守りみたいなもので不安で脱げないんです。着圧アップがいいのか分かりませんがレースの時は必ず着用してました。ハーフなので暑くないし水をかければ冷却できます。色がグレーなんで○○染みが目立ってしまうのがたまにきず。

 
お気に入りの勝負服でしたが、先のレースの際チョイとばかり脱ぐ時に引っ張りましたら破れてしまいました。ザックを背負うので肩の部分が痛むんですね。あとは生地の経年劣化。奇しくも破れたのはロゴの部分です。調べてみたら購入は2010年、7年もの間ワタクシのランニング生活を支えてくれました。誠に感謝です。因みにこれの前はユニクロのハーフジップを使ってました。
タンスにはたっぷり大会Tシャツが有りますが勝負服は別格、迷わず次を買います。レースのモチベアップにはなくてはなりません。

ハーフタイツは破れてませんが購入はやっぱり7年前、実は数年前からいつ敗れるかとヒヤヒヤしてます。ワタクシはタイツの時はランパンを穿かないので、破れてしまうと尻を出して走らないといけないんでねぇ。
次を買うかランパンにするか思案中です。ランパンにすると手持ちの5枚の内どれを勝負パンツに格上げするかこれが難しい問題。タイツじゃないのもチョット不安だし。もう少し考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アートスポーツの思い出

2017-05-12 | グッズ

GW明けに老舗スポーツ店アートスポーツの自己破産申請のニュースが流れ、世の中ザワついております。
かく言うワタクシもその一人でございます。
yahooニュース

品揃えはフレッシュ&豊富。トレラン初期の頃は店頭での会話も色々勉強になりました。そして店スタッフによるレースやグッツ・山行記録等のブログ発信も楽しみでした。
都内に数あるスポーツ・アウトドア店の中でも、ここだけ行けばいいやっという存在でした。
強いて上げる難点はほとんどの品が定価販売であること。(そりゃバーゲンはありますが)
でも、良い品・欲しい品はチョット高価でもゲットすべしです。こんな事を教えてくれたのもこの店でした。

そんな訳でワタクシが都内まで出かける際には立ち寄るのがルーチンワークだったのでございます。
シーズンに一度は訪れる様にしていました。都内出張のメインイベントがどちらか分からない程でございます。


趣味の出費記録を見直して見ましたところ、
10年間のランニング/トレラン系の買い物が140品。このうち20品がアートスポーツでした。(通販含む)
14.3%、ちょうど7分の1です。これって高率ですよね。
ジェル/サプリメント等の食料品は含めてませんので、これを入れるともっと高率になると思います。
因みに多く購入しているのはやはり近所のお店。

経時的にみますと、トレラン生活初期の頃の利用が多いです。
その後は、情報取集⇒店で実物を見る⇒ネットで安物買い、っという流れが出来上がってお店からは離れた様です。必要な品物もそろいましたし。


あの店が無くなるのは寂しい一言です。ワタクシは何を拠り所に生きればよいのでしょう。
本店は再開する予定らしいでしが、あの品揃えは健在なのでしょうかね。
それからアートスポーツが主力スポンサーの信越五岳はどうなるんでしょ。100mile化が噂されてますが、開催さえ危ういんでしょうか。
いろいろ心配しています。

《追記》
5/12 17時。 本店営業再開しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YURENIKUI PRO 購入

2017-05-07 | グッズ

ボトルポーチってどうも気に入った物に巡り合えませんでした。
ペットボトルが入れられるのはもちろんですが、もっと小物を収容したいんですよね。
雨具orウィンブレ、補給食、カメラ、財布、携帯、車のキーなど。これに着替えを持とうとするとザックを選択するんですが、現行でよく売っている物はこれらの内2つくらいしか入りません。

今回、背面収納+前面収納、取り出し易くなおかつ揺れないという優れものを見つけましたので、早速ポチリました。


〇後面収納
ボトルの左右にはピットインリキッドが2本収まるサイズのストレッチメッシュのポケットが左右にあります。手袋・ミニタオル等の小物の収納によさそう。
ロゴの部分はストレッチメッシュのやや大きめのポケット。小さく畳めるウィンブレなら収納可能。ここにファスナーポケットが有りカード位はしまえる。

〇前面収納
ドラえもんのポッケの様な前面収納。ストレッチメッシュでかなりの品物が入りそう。ここに入れておけば取り出し易い。レース中のジェル、カメラなんていいかな。
ファスナーポケットがあり貴重品はここに収納か?。あまり容量はない。

詳しくは ⇒YURENIKUI PRO

ではネガティブポイントをば。
前後にあるファスナーポケットはちょっと小さい。特に後ろは使い出がないんじゃないかな。もうチョット付ける位置やサイズを工夫してほしい。

収納量に不満なら大きなモデルもある ⇒YURENIKUI TANTO

YURENIKUIシリーズはモデルも豊富 ⇒YURENIKUI

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつかは履いてみたい HOKA ONE ONE

2017-02-26 | グッズ

ちょっと前からトレランをやっていた方ならご存知でしょうけど、このシューズの日本デビューは鮮烈でした。
2010年ハセツネの優勝シューズです。チーム優勝もHOKAチームがかっさらいました。
 (2010ハセツネ フィニッシュシーンより)
注目すべきはソールの厚さ、40mmもあったんです!。
当時、ファイブフィンガーやワラーチに代表されるミニマムシューズが流行りでしたので、
あのシューズはなんだ!、あんな厚底で不整地を走れるのか!!。っと世の人々は腰を抜かした訳でございます。
まさに黒船の来襲でした。

当時のワタクシは、あれはトップランナーの物、高額であったこともあって全く興味ありませんでした。
でも、自分の嗜好がトレランから100kmロードに変化していく中で、今こそホカオネオネではないかっという気持ちになりました。
百聞は一見に如かず、履いてみなければ優劣は語れません。
優れたクッション性と踏むだけでクルリンと足を運んでくれる靴底構造はきっと、ワタクシに快走をもたらしてくれるでしょう。

そんな訳でこの子がもうすぐ我が家にやってきます。
 クリフトン3 ¥18360
ホカオネオネの中でもロードの主力機種のクリフトンにしました。
定価で購入ですよ。通常なら2足買える値段です。Orz。
家人からは非難されるでしょうけど、まぁそんな事は一時のこと。気にしない気にしない。


奇抜なシューズなだけあって、ホカオネオネに関するレポートも豊富です。
HOKA ONE ONE オフィシャル
Onyourmark
ランナーズNEXT
RunPort
店長ORAO








 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

体重計の表示に関して調べてみた

2017-01-07 | グッズ

年末に体重計が不調になっちゃって新調しました。
今は体重計じゃなくて体組成計っていうんですね。

ワタクシの購入したモデルは①体重②BMI③体脂肪率④内臓脂肪レベルが表示されます。
これってどういう仕組みで測ってるんだろうと思って調べてみました。

①体重はそのまんまですし、②BMIも体重kg ÷ (身長m)2で求められますんで身長を入力しとけば出ます。
健康にはBMIは22が適正なんだって。適正体重= (身長m)2 ×22 ですよ。ワタクシは64kg。

③体脂肪率は脂肪は電気を通さなくてその他の組織は通すという生体電気インピーダンス法を基本にメーカー独自の技術が入っているみたい。##

DXA法が体組成計測法として認められていて、これに相関を示すようにタニタ法がプログラムされているみたい。

④の内臓脂肪レベルはどうもよく分かりませんでした。
”医師にご相談ください”なんて書いてあって、まだメーカー独自のもので充分なエビデンス(科学的根拠)はないみたい。

なお、
ボディービルダー、力士、スポーツを職業とされている方、それに近い方は参考値として見てくださいだって。
シリアスランナーはこれに当てはまりますなぁ。
(その他、例外事項あり)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 449 PV UP!
訪問者 236 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,959,147 PV 
訪問者 328,164 IP 
ランキングランキング
日別 5,189 UP!
週別 8,911 UP!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0