平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2017 参加レース

伊豆大島ウルトラランニング 野辺山高原ウルトラマラソン 乗鞍天空マラソン 富士山頂往復マラニック 白馬国際トレイルラン FTR100km

フルマラソン親子対決 ④決戦!

2016-11-21 |  フルマラソン 親子対決

さて2016つくばマラソンは親子対決の日でもありました。

次男は所用で残念ながらDNS。

初めてフのフルマラソンを迎える長男には次の様なアドバイスをしてやりました。
〇シューズの紐は緩めにしておくこと
〇飲み物食べ物を積極的に取っていくこと
〇普段のペースより2段階遅いペースで走ること
〇ペースアップしたくなっても我慢すること
〇いいペーサーを見つけて付いて行くこと
〇その他、小ネタを少々

彼は、たまにスポーツクラブ、2~3日に一度走ってその距離は5km程、最長でも10kmだとか。
Finishタイムは良くて4:30。目標サブ5と予想しました。



スタートエリアはF、4時間目標のエリアです。
スタートのホーンが鳴れば親でも子でもありません。伴走なんてしてやる気ははなからありませんよ。
ワタクシにもPB更新がかかっているんです。

スタート後、彼はスススッスっと先行して行ってしまいました。オイオイ突っ込むなよ、大丈夫か。
暫くは視界に捉えていたんですが間もなく見失いました。
その後ワタクシは前述のようなレース運び。
30km前からペースダウンが始まり、最後はグダグダレースに・・・。
次に彼を見つけたのは40kmの折り返しコースの出口付近。2km後方にいます。
案外速かったのね。
ノソノソ歩いていたのでは先にFinishされてしまいます。ここは走らないと!。

結局、ワタクシは失敗レースでサブ4さえも逃し、彼は初レースでサブ4:30を達成。
ワタクシとの差はたった10分でした。



あとで話を聞くと何処かでワタクシが抜かしていたんでしょ、12km地点で抜き返し、26kmで抜かされたそうです。
12kmといえばワタクシも快調に走っていた区間、随分すっ飛ばしたのね。
26kmでは彼も歩きが入った様です。黒いウェアだったんで気が付かなかったぜ。
ワタクシがグダグダ歩いている時に抜かされなくて良かった~~。

今回は天候に恵まれ暑い寒いもなしで初レース日和でした。
つくばマラソンは参加者も多くフードブースも賑やかでお祭りの様です。
マッサージサービスも受けられて満足した様でした。
彼の趣味の引き出しが一つ増えてなによりです。22歳でフルマラソン完走なんて大したもんだよね。
次回一緒に走ったら間違いなく負けちゃうと思います。

(焼肉で打ち上げ)

初フルの破壊力はすさまじく、
帰り路は脚が固まりロボット歩き、さらに翌日は筋肉痛で靴下が穿けない!。ケケケ。。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 つくばマラソン レース

2016-11-21 |  フルマラソン 親子対決

スタートエリアはF、4時間Finishで申告しました。
天候は曇り、気温は高めでTシャツでいても凍えるほど寒くは有りません。

スタート後、3kmの速度が5:27/km。体が暖まればもう少しアッフするでしょう。ウェーブスタートとはいえ人が多くて走り辛いです。
4時間ペーサーの集団を抜かしたのは5km地点。ようやく走りやすくなりました。

その後は5:20平均で走行。もう少し上げたいけど上げられないや。
辛くなって来たのは28km位。5:30まで落ち込んできます。脚が売り切れるのが去年より早いです。
30km過ぎでは6:00に、何とか粘りたいけど33kmで右脚がつって走行不能に・・・。
4時間ペーサーにも抜かれてしまいました。

その後は歩きを混ぜながらの消化試合になってしまいました。
いつもはさっさと走ってしまう1kmの何と長いことか。もうグダグダです。

結局Finishは4:09。サブ4も達成できませんでした。Orz。

ランニングを始めて順調にタイムを短縮してきましたが、前回レースに続き2度目の失敗レースになってしまいました。
前回は突っ込み過ぎでペース設定ミス。
今回の敗因は何でしょう。・・・単純に走力不足ですかね。
9月の走行距離300kmじゃ足りないですかね。
もうワタクシの走力は頭打ちでしょう。次回からはもっと謙虚に作戦を組みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 つくばマラソン トレーニンク&作戦

2016-11-17 |  フルマラソン 親子対決

もうすぐ楽しいフルマラソン。いつもながら緊張する。

まずはトレーニングを振り返ります。
トレ期間は9月の風邪っぴきダウン後の8週間。
風邪が重症だったこともあり、走力はゼロから積み上げた感じ。
週日は帰宅ラン。週末は20km走か筑波山での坂トレを主体に行った。
2~3日走って1~2日休むというサイクルの繰り返し。疲労蓄積にならない様にした。
週末は20km走が5回、坂トレが2回。奥武蔵グリーンラインチャレンジもトレの位置づけなので、
そこそこ充実したトレーニングを詰めてこれたかと思う。
反面、土日の両日走る事はなし。以前はできていたけど気力が衰えてきたことの証か?。
体の仕上がりはそこそこ。調子が良ければ快調に走れるけど、悪ければグダグダである。

では作戦を。
前回のフルMの作戦は5:00/kmのペース維持。その前2回が5:15/kmのペース。
このペース設定の根拠はない。
5:00/kmの時はこれ以上に突っ込んでしまい失敗レースだった。5:15/kmの時は上手くレースメイク出来てまとめられた。
なので、今回は欲を出さずに5:15/kmペースにしようかな。
5:05~5:20位の間で走れば理想的。最後の2kmを上げて終わりたい。
(そもそも5:15/kmの体が出来ているかは未確認!)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルマラソン親子対決 ③次男坊はDNS

2016-11-13 |  フルマラソン 親子対決

今日、次男坊に言われました。
つくばマラソンは用事が有って走れないんだと。Orz。。
そもそも走り込んでないそうな。けしからん!!。

大きなイベントの幹事をやっていて、外せないんだとか・・・。
恨み事をグダグダ並びたててもワタクシがチィッチャイ男に思われそうなので、そこは黙っていて、
学生生活が充実していればいいよ、っとだけ言ってやりました。
さすが俺様、大人の対応。
そして、4年生でもう一度誘うから覚えておけと。
でも、あと2年経つとワタクシがどんだけ走れるか、もう分からないんですねぇ。
長男も社会人になっちゃうし、3人で走れるのは今年のワンチャンスだったと思います。
まぁ、仕方が有りませんなぁ。

長男は自薦しただけあってDNSはなしでしょう。
どうやらトレーニングもしているらしく、見込みがあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルマラソン親子対決 ②

2016-10-19 |  フルマラソン 親子対決

さて、つくばマラソンまで1ヵ月になりました。

次なるフルマラソンはいよいよ親子対決でございます。 
 過去記事参照⇒

ワタクシの理想通りの対決が実現するでしょうか?。
対決には各人が充分トレーニングを積んで臨むという前提条件があります。

9月末に会う機会があって話したところ二人ともまだ走ってはおりませんでした。
ワタクシも長雨と風邪引きのおかげで走力ゼロまで落ちました。
スタートラインは同じってなわけです。

大学4年生の長男は暇な様ですから、走り込むでしょう。
対して次男坊は2年生、学業・バイト・遊びと忙しく時間が取れないらしいです。
もっとも生活内での優先順位が低いだけで、寝る暇はあるんでしょうから走る気がないだけですね。
レース後に”練習さえやれば出来たんだ。”という言い訳はしてほしくはないですね。



充分な準備は良い結果を導く事。弱い自分と向き合う事。気持ちにまかせて突っ込んでは失敗する事。
長距離走は多くの事を教えてくれます。
息子らが小さい頃は熱心に子育てしたつもりです。
こんな年齢になって、こんな場を用意できたことはオヤジ冥利に尽きます。

「アレ!俺、負けちゃうんじゃないのぉ」ってくらいトレーニングを積んで臨んでもらいたいもんです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるフルマラソンは親子対決

2016-07-26 |  フルマラソン 親子対決

次男坊は中学時代陸上部。長距離走が専門でした。
大学に入って10ヶ月位は運動部に入ってたんだけど、今は止めてバイトに精を出しております。
最近、階段を登っても息が切れる様になったんだそうな。

3月のある日、ワタクシは息子に言いました。
「おまえ、20歳の記念にフルマラソン走ってみないか?」
彼の反応はなかなか良く、あまり迷う事無く参加の意思を表しました。
おやおや、なかなか見込みがあるんじゃないの。 (^'^)


それから数週間後、長男がこんな事を言ってきました。
「フルマラソン出るんだって?、僕も出たいんだけど・・・。」
おやおやおや、アンタも見込みがあるんじゃないの。 (^^♪

長男は高校時代ラグビー部。
自分をいじめるのがお好きなんです。かなりハードなのがいいみたい。
今年は就職活動の年なんで、声を掛けなかったんです。

  

そんな訳で先日のつくばマラソンのエントリー日を迎えました。
抜かりなく、3人分のエントリーをいたしましたよ。
彼らには参加記念Tシャツ付きです。初マラソンは思い出に残るでしょうからね。

男親としてこんなうれしい事はございません。
息子と同じレースに出られるなんて!!。
もう、命かけます!。


彼らには”初フル・サブ4”は価値のある事、親父はサブ4達成まで5年かかった事、なんて話はしてあります。
まぁ、気に留めているかどうかはわかりませんが・・・。
どの様に取り組むかは彼らしだいです。

いくら親子とはいえ、ワタクシが何年も掛かって習得したノウハウは教えてやらないんだ。
敵に塩を贈るようなことはいたしません。
陸上部部長のスピードが勝つか、ラグビー部のガッツが勝つか、はたまた老狡なレース運びが勝つか、お楽しみでございます。

と申し上げましてもワタクシの目標は常にPBの更新。
20代の若者に何が何でも勝とうなどと思いません。

まぁPB更新して、なおかつ息子達にも勝利するっていうのが理想ですがね・・・。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 217 PV DOWN!
訪問者 141 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 1,957,918 PV 
訪問者 327,513 IP 
ランキングランキング
日別 9,581 DOWN!
週別 9,910 DOWN!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0