平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2017 参加レース

伊豆大島ウルトラランニング 野辺山高原ウルトラマラソン 乗鞍天空マラソン 富士山頂往復マラニック 白馬国際トレイルラン FTR100km

第13回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ③

2016-10-11 | 奥武蔵グリーンライ...

雑感などを少し書いておきます。

①ウェーブスタート

珍しくこの大会は一人づつのウェーブスタート。この方式によるメリットは大きい。
1000人余りが参加するが、会場・コースはコンパクトにできる。
コース上の混雑もなしで走りやすい。先を急ぐランナーはバンバン抜かしていける。
距離はちょうどフルマラソンだが誰もPBを狙う人はおるまい。シーズン初めの脚試しって感じだろうか。
雰囲気も少しもピリピリしていない。

②エイド
5~7km位でエイドが有り、空身で走れるであろう。
評判がいいのがこの大会のエイド食。ドリンク・フルーツの基本パターンに特別食が付く。
基本パターンも種類が多い。
 

 

 
この他に梨・林檎・フルーツポンチ・豚汁・カボチャ入りお汁粉?etc有り。
上り基調のコースと有って炭水化物系はたっぷり用意されている。
23.5kmでおにぎり、30kmで炊き込みご飯、35.4kmでそば・うどん。
これらが口に合わなければ、蒸しパン・ロールケーキもある。
Finish後は空腹に悩まされる事が多いが、この大会はそんな事はない。

③コース
コースは延々林間の狭い林道行く。木陰が晴天時はいいかもしれないが面白みに欠ける。
ごくたまに視界が開けて山並みが見渡せる。
 
最後の下り区間では武甲山が正面に見える。(写真は駅から)

④入浴
大汗かいた後は温泉&ビールでしょ。
バスで送迎してくれて入浴できるのはありがたい。
さいわい混み始める前に入れた。

⑤計測チップ
今回の計測チップはどういう仕組みか使い捨て。持ち帰ってもよい。
やればできるじゃないの。苦労して回収してたのは何だったんでしょ。

⑥ネガティブポイント
コンパクトでいいが派手さはない。

ゴールゲートも上り旗二本だし~。
近隣の応援もない。(ほぼ人家のないコースだけど)

人手がないみたいで、
エイドではフルーツを切るのが間に合わない。コース誘導もあまりないしコース監視の車も走っていない。
エイドの件は良しとして、コース上で体調不良の時のバックアップがないんですね。

秩父は我が家から遠い。
行きで2時間、帰りで3時間は長野より遠いレベル。

~~
総じて派手さはありませんが、要所を押さえたいい大会でした。






 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第13回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ②

2016-10-10 | 奥武蔵グリーンライ...

会場最寄り駅についてみると小雨模様。雨具を着こみます。
周りのランナーの様子は雨具なし3割、ビニールポンチョ系4割、しっかりした雨具3割ってかんじでした。


スタートは一人づつ。お陰で会場の混雑もコースの走りづらさもなしです。


コースは延々こんな感じ、杉の植林地の中を通って行きます。
傾斜も程々で走力のある人は全部走れるでしょう。
上りばかりが続くわけではなく、フラットと下りが程よく現れてくれます。


ほんの一部だけ林間トレイルあり、路面は踏まれていてフラット。
往復コースでランナーは数珠繋ぎなので、ここで転ぶと大迷惑です。


走り込み不足で参加した今回、100kmレースに臨むような気分でした。
走り切れるのか?、このペースでいいのか?自問しながらのランニングが続きます。
傾斜の強い所は早めにパワーウォークに切り替えました。
いつもは30歩走って10歩歩くなんてしてましたが、今回は気分次第で走ったり歩いたり。
でも、だんだん走れなくなるのは目に見えてます。

18km付近、いいピッチのランナーが現れました。
ぶれない体幹に規則正しく刻まれるピッチ。決して早くはないんですが傾斜が変わっても走りが崩れないんですね。
こういう安定した走りってワタクシの求めているものでした。
そんな訳でこのランナーに付いて行く事にしました。(以下、お師匠様)
せっかくですから、お師匠様の走りを盗む事にします。この安定した走りは何処から生まれるんだろ。
腕の振りかな?。いつもより強く振ってみます。
そこそこ推進力はでますが、傾斜が強くなると上れなくなります。
オヤオヤ、お師匠様が離れて行ってしまうではないですか。

運よく下りとフラットがあったお陰でお師匠様に追い付くことが出来ました。
今度は作戦を変えて前足加重。
上り坂なので前足に体重を乗せて、踵は付けないつもりで走ってみます。
するとこれがいいみたいです。
心拍も安定して、何より坂を上がるのが楽。
傾斜がきつくなればより小股にすればいいんです。
そう言えばトレランでも足首はロックして~なんて誰かが言ってたっけな。こういう事か。

エイドでワタクシがパンをむさぼっている間にお師匠様は先に行かれてしまいました。
まだ下りの極意をご伝授されてないのが残念ですが仕方ありません。(ワタクシは下りが超苦手)

その後もスピードよりも安定した走りに重点をおいて走りました。
速度が上がってくると踵着地になって前足加重できなくなっちゃうんですね。
後半は歩きのランナーが増えますから、おもしろい様に抜かせます。
DNFの不安もどこかに行ってしまいまいた。オォ~けっこう走れるじゃん、俺。


35.4kmエイド。もうレースは終了の気分です。
ここまでは延々上り基調、ここから一気に7kmの大下りとなります。
下りが苦手なワタクシはもう下りは捨ててます。
後は流れに任せて下るのみ。決して頑張ったりいたしません。


まだかなぁ何て思っていると、国道に出て間もなくFinish。


記録は5:12でした。
フルマラソン+1時間が目安だそうなので、不安なスタートからすると満足な結果です。
充分走り切ることができたし。

来年も参加するつもりです。
充分体を作って臨みたい。でも抑えて抑えて走るのが大事なんでしょうけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第13回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ①

2016-10-06 | 奥武蔵グリーンライ...

もうすぐグリーンラインチャレンジ、トレーニングを振り返ります。
振り返るも何も今回はほぼNOトレーニング。
通常レースに向けて体を作って臨むのですが、長雨&風邪っぴきで9月はほぼNoRun状態。
走力はゼロまで落ちました。
小距離から始めて今日はヨタリヨタリと帰宅ランをするまでに回復。(15km)


今回のレースの位置付けは11月のフルMへのステップアップ。トレの一環である。
トレーニングで上乗せできる程、体が出来ていないがまあ仕方ない。
どこかでゾンビ状態になるのも覚悟の上だ。
一日いっぱい使って遊ばせてもらうつもりで臨む。
幸い始発電車で行けばスタートの7:30に間に合うし。(7:30~9時のウェーブスタート)
フルM+1時間位が目安らしい。さらに1時間足して6時間でFinishできればいいかな。
5~7km位でエイドが有り、充実しているらしい。
天気予報も好転してきたので、デジカメと小さなボトルを持てばいいかな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 308 PV UP!
訪問者 143 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,958,698 PV 
訪問者 327,928 IP 
ランキングランキング
日別 8,234 UP!
週別 8,911 UP!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0