平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2017 参加レース

伊豆大島ウルトラランニング 野辺山高原ウルトラマラソン 乗鞍天空マラソン 富士山頂往復マラニック 白馬国際トレイルラン FTR100km

須走口浅間神社より富士登山

2017-07-23 | 山登り

2週間後に控えた富士山頂往復マラニック。
トレーニングを兼ねて須走口登山道起点の東口本宮浅間神社より富士登山してきました。

道の駅すばしりにて車中泊。夜明けとともにスタートします。
 
時間がもったいないので浅間神社の入口だけ確認してスタート。参拝はまたの機会にします。
神社では焼印も押してもらえるそうです。⇒
さあ、あそこまで行きまっせ。

五合目までは富士あざみラインを走ります。
標高差1200m。距離11.8km。今回のメインテーマはここを走り切る事。

気合いを入れて走り出しましたがその傾斜はきつく、半分の6km地点からはほぼ歩き状態に。
交通規制がされているお陰で通行する車は関係車両のみ、静かなもんです。

ほぼ木陰を走ることが出来ました。鳥の声が気持ち良い。

 
(五合目着、7:20。2H)
少しゆっくりさせてもらってラン仕様から山仕様に気持ちを切り替えます。


さすがに富士登山9回目ともなると山歩きも慣れたものです。
コツは小股で歩く事、ガッシ・ガッシとパワフルに歩かないことです。
そして呼吸法、ゆっくり長く息を吐く事を意識します。
こんなワタクシでも登山の人達よりはハイペースで進めます。(だけどトレランの人にはダダ抜かれ)

須走口は入山者が少なくて静かな山歩きが出来るのも気に入ってます。


ほぼノンストップ。このまま山頂まで行かれるかな?。
七合目付近では雲の中に、暑くなくていいや。
八合目、突然の降雨。雨具着用です。アアもうペースが上がらない。
八合五勺、雨はほんの一瞬でした。雨具を脱ぎましょう。
九合目、ハァ~頭がクラクラする~。登山競争の人ってエライよねぇ。こんな所を駆け上がるんだから。
山頂直前では団体ツアーが渋滞を作ってますんで並ばせてもらいます。もう抜かしていく元気は有りません。


(山頂着、11:55。6h35、五合目より4h)
山頂、寒し。



下りはジョグペースで安全運転。


砂払い五合、吉野家
下山路にあるこの山小屋。いつもはスルーしてしまうこの小屋ですが宿泊できるんですねぇ。
登山路から外れているので、空いていてゆっくり出来るそうです。(登山路から250m)
シューズにたっぷり入った砂を捨てさせてもらいます。

 
(五合目着、14:25。9h5、山頂⇒五合目1h45)
きのこそば1000円 ボリュームが有って満足でした。


シャトルバスがワタクシを誘惑しますが、ここは走りでしょ。
下り11.8kmなら1h30はかからないでしょう。


(道の駅着16:05。10h45、五合目より1h15)
思ったより体のダメージなしでした。これって追い込んでない証拠?。


ただでさえ登山者の少ない須走口。起点から走る・登るっていう人は皆無でした。
(吉田口はけっこういる)
今回、五合目まではロードを使いましたが、自然路も歩けます。 ⇒富士箱根トレイル

距離36km、10h45
水2リットル、おにぎり3個、エネルギーゼリー1個、飴・塩タブレット少々。
きのこそば、ノンアルビール。












 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海から富士の頂きへ ②雑感

2016-08-10 | 山登り

先日の海から富士登山は、村山古道で登山、反対側の吉田口で富士山駅までの下山と60km、25時間にも及ぶ長大な物になりました。貴重な経験をさせてもらいましたよ。
思いつくままに雑感を記しておきます。

○村山古道前半。村山浅間神社までの20kmを前半とします。
さらにその前半は倉庫街・商店街・住宅地を抜けていきます。フラットで街中を進むのみ。登山らしくはないです。
標高も低く暑い。今回、夜間にこのパートを夜間にしたのは正解でした。
自販機・コンビニ多数。
10kmを過ぎると郊外に出てきて、道にも傾斜が出てきます。
街灯は段々まばらになり、茶畑も見られる様になります。ようやく富士の裾野に来た気がしてきました。
標高も少しは上がり眼下に夜景が見られるようになります。

○村山古道後半。村山浅間神社から6合目(標高差2000m、距離15km)が後半です。
村山口の核心部、”海から~~”でなければ、ここから歩けば村山登山道を制覇したことになります。
でもアクセスが悪いんだよね。いよいよトレイルの始まり。
トレイルはまぁまぁ踏まれていてほぼ道は分かりやすいです。数ヶ所不明瞭な所ありなので慎重に。
我々は神社で夜明けになる様スケジューリングしたので、明るい中あるけました。
標高1000m位までは杉の植林地。それ以上になると自然林で植生の変化が楽しめます。綺麗な森が広がります。富士は裾野から登るのが楽しいですね。
また、土地柄か倒木地も多し。
 
このコース中、出会ったのは登りで2グループと1人。
そのうち1グループはロード区間でであったトレラングループ。村山古道をやっているって言ってたけど、トレイルに踏み後がなかったからロードを進んだのかな。
もう1グループは中腹の宿泊施設から、なかなか玄人じゃないの。
完全海からは一人のみ。マイナーコースだけど利用者はいるんですね。

下って来たのは2グループ。5合目辺りのお花畑が目的だそうな。
通過したはずだけど、記憶にあらず。倒木地のあの草むらか?。

○6合目~山頂
村山古道は富士宮口6合目に合流する。歩き始めから13時間半。村山浅間神社からでも8時間。
長かった。
疲労困ぱい。でも剣ヶ峰は外せないわな。
通常なら7合目辺りで一泊が無難だろう。
 
今回、驚く程落ちているゴミがない。誰かが拾ってくれているのだろうか。世界遺産ですからね~。

○山頂~吉田口下山。
剣ヶ峰で日没に間に合ったものの、下り始めると間もなくライトオン。
眼下の夜景は綺麗だけど先が見えなくて時間が長い。
ライトの範囲しか見えなくて気が紛れない。
他に下っている人も皆無である。バスももう動いていない時間ですからね。
夜間に山を下るものじゃないと思いますよ。下りに要した時間7時間半。

反対に登ってくる人は多し。5合目からは、まぁそうなんでしょうけど。
5合目以下でも人と会います。
夜中の11時にすれ違うってかなり不気味です。

今回、富士山駅前の居酒屋が朝までやっていてラッキーでした。
風呂には入れなかったけど生ビールには有りつけたし、高速バスが朝5時に出るのでロスタイムなしでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海から富士の頂きへ ①

2016-08-08 | 山登り

友人の企画に乗っかって Sea To Summit。海抜0mから富士登山してきました。

(ルートは友人のジョグノートより:まっぴんさん)


スタートは静岡県富士市田子の浦海岸。村山古道を辿ってのルートになります。
 
村山古道の起点は吉原駅から500m位の鈴川の富士塚。(昼間ならこんな感じ:写真無断拝借)

 
まずは海岸に下ります。(富士塚から500m位で砂浜に下りられる)
上手く撮れてないけど、ブーツと波ね。(23:30)
無風で高湿度、深夜なのに昼間の熱気が残っていて暑い。

まずは20km先の村山浅間神社を目指します。
この区間はロード。倉庫街、商店街、住宅街、茶畑などを通ります。

富士市では富士登山ルート3776なる企画が有って、市内ではペイント・のぼり旗がそこかしこに有り。でも村山古道とは少しルートが外れるみたい。
夜間なのでひたすら速足で歩くのみ。10kmまでは平坦地。傾斜が出てくるのはその後です。
自販機は多く、水分補給には苦労しない。
 
市街地を向けると道標が出てきて、元気づけられる。

村山浅間神社(4:50)
辺りが明るくなってきた頃ようやく到着。かなり疲労。1時間仮眠。

さあ、村山登山道へ
 

 
トレイルは山間の窪地を進みます。
道標はそこそこあり。踏み後はしっかりしていますが数ヶ所分かりづらい所あり。
目印のテープを辿ります。
 
吉田口の様に人跡は多くない。~合目みたいな目安無しでシンドイ。
我慢の登山が続きます。

標高1000m位までは杉の植林地。それ以上はきれいな森が広がる。


倒木地帯に来ると視界が開けて、ようやく山頂が望めます。

 
標高2400mで森林限界を越え六合目が望める。(13:00)
ここで富士宮口登山道と合流。ここまで来れば先が読めます。
達成感はんぱないッス。 スタートから13時間半、長かった~。
もうここでビール飲んで帰りたいッス。

 海は雲の下で望めず
富士宮口からは通常の登山。砂礫の道を行きます。
だいぶ疲労してますが一般の登山者よりはハイペースです。

 
剣ヶ峰到着(17:30)
日没に間に合いました。強風で寒い~。
3776mコンプリートですよ。全歩きで18時間かかりました~~。
三角点に海から持ってきた小石を置きました。
よく見ると同じ様なサイズの石が幾つもあります。お前たちも海からやってきたのか?。


さてさて喜んびもつかの間、山旅はここで終わりではありません。
下らないと!!。
もうこの時間では公共交通機関は有りません。山小屋も予約していないし。
残された選択肢は”始発を待つ”です。

長い下山路の始まりです。
時間はたっぷりあります。眼下の夜景を楽しみながら歩くことといたしましょう。
街の花火も足下ですよ。見上げれば星空が綺麗です。
 馬返し(22:40)
富士山駅までは更に2時間のロード。
こんな下りロード走ってしまった方が早いんですけど、トレッキングシューズでは走れません。Orz。

距離62.7km。25時間半。

駅前には5時までやっている居酒屋があり、ビール2杯で夢の国行きでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり富士登山競争

2015-09-06 | 山登り

自身7回目になる富士登山。今回は富士浅間神社から走って山頂を目指しました。

ここは富士登山競走のコースでもあります。
自分がどの位のタイムで到達できるのかも興味がありました。
因みに最近はロードばかり走っていて、山脚はゼロの状態です。


車中泊してスタートは浅間神社。
 
拝殿右奥の登山門が吉田口登山道の起点になります。(6:10)


 
車道と並行して遊歩道が有りますのでこちらを選択。林間の走りやすいトレイルが続いています。

馬返しまでは走り続けたかったんですが、中間の中の茶屋を過ぎると傾斜がきつくなり歩きが入ります。

(馬返し 7:20、1:10)
ここからはもう走れません。パワーウォークで進むのみ。

(一合目 7:27 1:17)

(二合目 7:45 1:45)

(三合目 8:00 1:50)
往時を忍ばせる石碑や廃屋がそこかしこにある。

(四合目 8:13 2:03)
早朝なこともあり、すれ違う人も疎らです。

(五合目 8:30 2:20)

(六合目 8:57 2:47)
森林限界を越え河口湖口ルートと合流、人が増えます。砂が絞まっていて歩きやすい。パワーウォーク継続中。

 
(七合目 9:30 3:20)
岩の急登に変わりペースが乱れる。ストックが欲しいなぁ。

(八合目 10:05 3:55 )
雲を抜けて陽射しが強い。再び砂礫の道へ。
高度のせいか小屋前の平な部分はフラフラする。走れないのでまだまだパワーウォーク。

(九合目 11:10 5:00)
再び岩の急登に。渋滞しているので並ばせてもらう。もう追い越しできないよ。

(山頂 11:30 5:20)

写真を撮る以外はストップなし。
六合目・八合目あたりで休むつもりでしたが、動けているのでノンストップにしました。
九合目ではさすがに辛くなりましたよ。頑張りました。

標高差 2926m / 距離 16.95km 、時間 5時間20分 でした。
あらら、本戦より3km短いのに50分もオーバーしてますよ。こりゃダメだ。



下りはこれまた、ひとり下山競走で走ってくだりました。
2回休憩ありで3時間30分でした。

高低差2926m 距離24km。行動時間10時間。
消費 水2リットル、おにぎり3個、エネルギージェル4時間分、飴5個。
思ったより動けました。案外俺ってタフって思いましたよ。








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのアルプスで思った事

2015-08-02 | 山登り

山登りから離れて数年、先日の久しぶりの北岳で思った事を雑記的に記しておきます。

  
○山旅の友は10Lザック、今では出番の少なくなったトレランストック、それにトレッキングブーツ。
ここはさすがにアルプス。皆さんザックがデカい!。30・40Lは当たり前、60Lでも不自然ではない。数日かけて縦走すればこんなサイズになるのは当然である。
10Lザックなんて他にいやしない。日帰りなのでこのサイズにしたが、そもそも日帰りのコースではないんだな。
シューズは悩んだけどトレッキングブーツをチョイス。3000m級のガレた山には絶大の信頼を寄せている。でも若い人を中心にトレランシューズの方もいる。荷物が軽ければこれも”有り”なのである。
因みに標高差1670mもあるこのコース、オイラの脚ではとても走れたものではない。登りも下りもチョット早歩きが精一杯であった。


○平日だった事もあり、高齢者登山者多し。
家族登山が数組、岩屋さんが数組、若い人のグループが少々、あとは高齢者ばかりだ。
数日かけて山を巡って来るのだろう、急登が続くこの山でバテているのも無理はない。
頑張ってるなぁっと思いましたよ。

○北岳~間ノ岳~農鳥岳へは走れる稜線が続いているらしい。(高所日本最長だとか)
このコースも走ってみたい。要検討。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

35年ぶりに北岳へ

2015-08-01 | 山登り

先日の夏休みは赤石山脈北岳へ。山岳部高1以来35年ぶりになる。

計画の段階で一番悩んだのは自分の歩行能力の把握。
北岳往復で行くか、間ノ岳まで脚を伸ばせるか。
コースタイムは北岳のみだと10:20。これに間ノ岳を加えるとさらに+4:30。
6割で歩けるとすると約9時間。まぁ不可能ではない。
ネット記事でもこの行程は見受けられる。
でもこの6割を自分が出せるか分からない。

折衷案として八本場のコルまで3時間で到達できたら、間ノ岳まで脚を伸ばす事とした。
(広河原~八本場のコル:コースタイム5:00)
歩行開始6:15。広河原から大樺沢をコルに向かって突き上げていく。
正面上部には雪渓が残り、右手は北岳バットレスだ。

中間部で樹林を抜け陽射しを浴びる。

雪渓を過ぎるといよいよ傾斜もきつくなる。
標高も3000m位あるのだろう。ゆっくりとしか歩けなくなってしまう。
あかん、辛い。コルまでは一気に行きたかったけど最初の階段を過ぎた所で堪らず休憩を取ってしまう。あと20分が頑張れなかった。
もう気力も折れたので間ノ岳は中止。(コル到着9:35)

 幾重にも連なる階段、けっこうシンドイ。

山頂ではガスが上がってきてしまい何も見えない。
ガイドブックには展望最高と書いてあるが霧の中では何も見えない。
実は過去訪れた時も印象がない。
いつかこれはリベンジしなければならないなぁ。次は山頂小屋で泊まってご来光でも見るか。

 

 
お花畑は見頃でした。健気に岩の裂け目に根を下ろしてます。


下りは別ルートで、下山終了14:15。
休憩込でコースタイムの75%程の活動時間でした。
次回からはこれを参考に計画したいと思います。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山須山口登山道

2014-07-28 | 山登り

2014UTMFで通行を回避された”水ヶ塚~幕岩~四辻”に関して調べていたら、
ここは須山口登山道の一部なんですね。
メジャーなガイド図には紹介されていないマイナーコースです。
既に他の4ルートは歩いておりますので、今回この道を使って登山する事としました。


スタートはUTMFではA6がおかれた水ヶ塚公園。
標高1450mで山頂までの標高差は御殿場ルートとほぼ同じです。

登山道入り口は公園と道を挟んだ反対側に有ります。(登山開始5:40)

 
綺麗な林が続きます。
コケが道の中央付近まで這い出しているところを見ると利用者は少ない様です。
ここに多人数のランナーを走らせるのに抵抗されるのも理解できます。

3.5合で森林限界を越えます。


(宝永第二火口縁7:53)

須山口登山道は富士宮ルートの6合目に合流しますが、人も多そうなので、
プリンスルートで御殿場ルートに合流し、山頂を目指します。

 
宝永第一火口を縦断して反対縁まで上がるのですが、これが悪路。
足元の砂が沈みやすく、上手く歩かないと体力を奪われます。

(どうにか蟻地獄を抜け出したのが9:00)

その後は御殿場ルートで山頂へ。
 

今回オイラはトレッキングスタイル。ゆっくりと山を楽しみます。
まぁレースの時も大して早くはないので、あまり変わらない。
トレランの方達も上がって来ます。
このルートは登りも下りも砂礫が滑りやすく、走りづらいだろうに・・。


(山頂着11:35)

お鉢巡りも楽しみます。一人で気ままなもんです。
考えてみたら一人の富士登山は初めてなんですね。


(下山開始13:30)


大砂走りは走らず、ダラダラ下る。


次郎坊(2.8合)で須山口下山道へ
この道は踏み跡が薄い、今日の通行は数人程度ですね。
視界の悪い日は道迷い注意です。
でもここから四辻までは大平原独り占め。この景色は日本的じゃないですね。
 

(水ヶ塚公園帰着16:55)


砂礫地を歩く登山ルートの多い富士山で森林浴を楽しめるコースでした。
下山路では砂礫地に進出する植物の様子が観察できましたよ。
ネイチャーガイドと歩いてみたいコースです。
因みに須山口登山道内では誰とも会わず、静かな山旅を楽しめました。


標高差 2326m
登り    5:55
お鉢めぐり 1:55
下り    3:25  行動時間 11:15

水  2リットル
食糧 自作エネルギージェル120cal×7個分、おにぎり3つ、ミニクリームパン3つ、飴3つ



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

山岳部OB会開催される

2013-12-02 | 山登り

高校山岳部のOB会が開催され20名位の出席が有り、楽しい時間を過ごしました。

学生の頃からほとんど容姿の変わってない方も多いんですが、
変化に驚かされる方もいました。
鉄工所の社長をやってる後輩は、パツパツに太ってしまって達磨さんの様でしたよ。
きっと商売が上手くいているんでしょ。
分からないのが頭髪が減ってしまっている方。
正面に座った2期下の後輩は誰だかしばらくの間判別つかず、ごめんなさいねぇ~。

登山生活継続中は3割ぐらいでした。
山は一生できる趣味ですからね。
いつでも再開できますよ。

オイラも自己紹介したんですが、
トレランに関しては山から離れている方には認知度ゼロでしたね。
「春の160kmレースに向けてトレーニングしてます。」なんてスピーチしたら、
腰を抜かしてましたよ。 ケ・ケ・ケッ


全OBから出席があれば100人クラスの集まりになるはずなんですが、
まだ若い世代にはうまく伝わらなかった様です。
今後、活発な活動になるといいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山岳部OB会

2013-11-28 | 山登り

高校山岳部のOB会の知らせがまわってきた。
今回は全OBに声をかけているらしい。
卒後30年、こんなビックイベントは初めてだ。
顧問が鬼籍に入られたのがきっかけになった様だ。
人ってこんな事がないと集まらないんだなぁ。
  
オイラ達はキスリングザックや家型テントを使った最後の世代。
当然今のようなデジタルツールの出現前の時代なのだ。
だから、ほとんどの人とは連絡が途切れてしまっていたんだ。
卒後初めて再会する人も何人もいる。
嬉しくて泣いちゃうかも・・・。

オイラの今のトレラン生活の原点が山岳部時代にあったと言っても過言ではない。
高校時代のグループ登山。
独身の頃の一人山歩き。
所帯を持ってからのファミリー登山。
そして子離れしてからのトレラン生活へと続いている。
細々と山とは縁の切れない生活をしてきたわけだ。
今、トレランのおかげで非常に充実した生活をおくれている。
そんな原点は高校時代の山岳部なのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんたらで行けるのか?、富士山頂。2

2013-08-22 | 山登り

知らんぷりをするのも悪いので、少しだけオイラの登山ノウハウを教えてやった。

山を楽しむ歩行法、高山病にならない呼吸法、バテても食がすすむ食糧計画、飲料計画、みんな仲良し団体行動、山頂おすすめスポットなど・・。


それからこのように言ってやった。

「山は苦しむ為に行くのではない。楽しまないといけない。」

「途中敗退も決して恥ずかしい事ではない。今年の経験があるので来年はきっと登頂できる。山は逃げないのだ。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 262 PV DOWN!
訪問者 126 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 1,981,669 PV 
訪問者 337,131 IP 
ランキングランキング
日別 11,506 DOWN!
週別 5,602 UP!

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0