平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2016 参加レース

野辺山高原ウルトラマラソン 野沢温泉4100D 立山登山マラニック 奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195km

立山登山マラニック ②マラニック

2016-08-29 | 立山登山マラニック

まだ夜も明けぬ早朝4時スタート。
「少し早いですけどスタートしちゃいましょ。」なんていう緩い感じがマラニックなんですね。
数分前にスタートゲートをくぐりました。

21kmエイドまでは延々、土手の上を走ります。
未舗装部分もありますが、若干の水たまりのみでフラットです。
強い海風が追い風となって後押ししてくれます。寒くもなく暑くもなく快適。スタート時の小雨も上がりました。
皆さんスタートダッシュが早いこと。7km/分ペースのワタクシはドンジリです。
後ろから足元を照らしてくれるのはサポートカーではないですか。


だんだんランナーが疎らになって21km岩峅寺エイド。オニギリを食べて水を補給します。


ここから38km立山駅エイドまでが第2ステージ。
微妙なアップダウンを繰り返しながら標高を上げていきます。
こういうのってこたえます。徐々に疲労が・・・。
霧雨が降ったり止んだり、寒くはないので雨具の着用なし。

 
38km立山駅エイド着、8:50。
ここまでは予定通り。関門時間にたいして70分の貯金。


次の46km称名エイドまでの上りがキツイ!。
ほぼ走れる傾斜でなないです。
歩いたり走ったりなので、距離感がつかめない。
次の関門時間が気になりだします。
ここでカットになったらバスで室堂まで運ばれてしまいますよ。
なんとしても自分の脚で行かなければ。


46km称名エイド着、10:00。
どうにか辿り着きました。もうかなりの疲労です。
デポバックからはストックのみ取り出して、着替えも食料もいいでしょう。
15分でピットアウト。アラ、時間の余裕がなくなっちゃいました。
 落差日本一の称名滝もよく見えず

 
エイドから間もなく八郎坂のトレイル区間へ
ガレたつづら折れの急登が続きます。ワタクシの脚で1時間かかりました。
利用者が少ない様で岩が苔むしてましたが、登りなので慎重に足を置けばOKです。


激坂を抜けると溶岩台地の上に出て間もなく50km弘法エイド。
だいぶ標高も上がってきました。
でもまだ1600m、半分を少し超えた所なんですね。


木道を経て、バス道路へ。
天気が良ければ弥陀ヶ原も綺麗なんでしょうけど、高山植物等よくわからず。
それから木道は5m位で段差があって走れない。

 
天候不良の為、山頂部分がカットになった事を知らされたのは弥陀ヶ原エイド。
室堂が今回のFinish地点となりました。
この時の時間、12:30。制限時間まで1時間しかないではないですか。
平地なら7km/1時間は可能ですけど、この上りでは敵いませんわ。

気持ちが切れてグダグダ歩いていても、なかなか着かないので走れる所は走るとします。
7kmの上りロードが長いこと。霧で周りが見えないのでなおさらです。


霧のむこうから声援が聞こえてくると、ようやくFinish。
14:05。タイムアウトですけど今回は完走扱いにしてくれるみたい。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立山登山マラニック ①トレーニング・作戦

2016-08-22 | 立山登山マラニック


もうすぐ楽しい立山登山マラニック。
高低図の上がりっぷりが萌えるでしょ。
日本海から3003mの立山山頂を目指します。

○トレーニング
先のレース後、準備期間は5週間。
週末は筑波山でロードの坂トレを3回行うことができた。
通常これに登山道の上り下りをプラスするんだけど、暑さの為、自重しておいた。低山は暑くてたまらん。
海からの富士登山もトレーニングに含んでおこう。
週末のトレはそこそこ充実していた。

反面、週日のトレはさぼりがちで帰宅ランが6回のみであった。
例年夏は滝汗の5km走を帰りがけにするんだけど、左脚の故障明けなので止めておいた。
慎重に距離を伸ばしていった感じ。
そんな訳で走りこみ不足感は否めない。距離や速度に対する不安がある。
体の出来は85%ってところ。

○作戦
65kmで3000m上るこのコース、最初の40kmでは500mしか上がらない。
勾配率1.25%。これはほぼ平らって事にしておきましょ。
その後25kmでドンっと2500m上がる。
フルマラソンの後に山登りが控えているイメージだ。
どんだけ元気に山登りを迎えられるかが鍵になると思う。

38kmエイドまでは7分/kmを超えないペースで行くつもり。
これだと1時間以上関門時間に余裕があるはずだ。
ゆっくり目に入って、飛ばさない作戦で望む。
山登りはがんばり所。でも何が何でも走りぬくなんて思っちゃいけない。
積極的に歩きを入れていく。

用意する食料はエネルギージェル200g、6時間分。
補給食は充分あるようなので、半々位のつもりだ。
できるだけおにぎりを食べていこう。

46kmデポバックにはオレンジジュース・予備のジェル・防寒具、それからストックかな。


Finish後は山小屋で温泉&懇親会。ハァ~~、楽しみ。
余裕をもって山小屋に入り、夕刻の立山も楽しみたいところだ。

参加の皆さま、よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月はレースボランティア、2本。

2016-08-14 | 日記

9月はレースボランティア、2本。白馬国際トレイルランとUTMF。
レースの狭間なので、ボラを入れてみた。
9月はトレはなんとなくOFFにして、ボラに注力します。

白馬~~は首都圏からは遠方ですが、ロケーションも良く評判も上々です。
このレースを知ったきっかけは、トレランシンポジウムでした。
地域活性の為、地元の方々が主となりレース運営しているとか。
これはちょいとばかりお手伝いしようではありませんか。
下衆な話ですが、交通費以外はほぼ支給。
宿泊費に活動中の食事、うれしい事に次回大会のエントリー権ありです。
唯一夕食は付かないみたい。地元の飲食店で食べてくださいって事ですかね。
同宿の方と飲みで決定ですな。
(2014,4月)
UTMFは今や説明の必要はないでしょう。
2014年完走のお礼で2015年にボラするつもりでしたが、SFMTとの日程がうまく合わず断念してました。
今回の配置場所は太郎坊。抽選で選んでもらいました。
抽選の自信はそこそこ有りましたよ。大きなレースでボラしてきましたからね。
標高は一番高く、勤務時間も金曜日23時から20時間のグループです。
ワタクシはハードなのがお好きなんです。
まぁ20時間連続勤務はないでしょ。
オイラの車は車中泊もOKだから不安なしです。

微力ながらレース成功に尽力します。
関係者の方々、よろしくお願いします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レースボランティアの損得勘定

2016-08-13 | 日記

レースの運営はボランティアの労力に負うところが大きいと思います。
公募であったり地元の方に協力をお願いしたり、人を集めるには御苦労があるんじゃないでしょうか。

レースボランティアをすると何かしかの支給されるものがあります。
スタッフTシャツ、交通費、食事、宿泊費、活動費(日当)、次回大会の参加権、などがそれにあたります。
Tシャツ位はまぁ標準的、その他はレースの事情により頂けるものはそれぞれです。

これらの他にプライスレスの得られる物が有ります。
これは人それぞれでしょうけど、充実感であったり、○○感であったり、○○であったり・・・。
何かしかを求めてレースに集うのでございます。
 

下衆なワタクシとしましては、お得なものが貰えるレースボランティアは魅力があるってことになります。
何も支給しませんよ。なんていうレースはけちん坊なレースってことになります。
人気大会で次回のエントリー権なんていうのは魅力を感じますなぁ。

そんな損得勘定で今シーズン眼鏡に適ったのが、白馬国際トレイルランとUTMF。
9月はボランティア2本です。
微力ながらレース成功に尽力いたしますよー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海から富士の頂きへ ②雑感

2016-08-10 | 山登り

先日の海から富士登山は、村山古道で登山、反対側の吉田口で富士山駅までの下山と60km、25時間にも及ぶ長大な物になりました。貴重な経験をさせてもらいましたよ。
思いつくままに雑感を記しておきます。

○村山古道前半。村山浅間神社までの20kmを前半とします。
さらにその前半は倉庫街・商店街・住宅地を抜けていきます。フラットで街中を進むのみ。登山らしくはないです。
標高も低く暑い。今回、夜間にこのパートを夜間にしたのは正解でした。
自販機・コンビニ多数。
10kmを過ぎると郊外に出てきて、道にも傾斜が出てきます。
街灯は段々まばらになり、茶畑も見られる様になります。ようやく富士の裾野に来た気がしてきました。
標高も少しは上がり眼下に夜景が見られるようになります。

○村山古道後半。村山浅間神社から6合目(標高差2000m、距離15km)が後半です。
村山口の核心部、”海から~~”でなければ、ここから歩けば村山登山道を制覇したことになります。
でもアクセスが悪いんだよね。いよいよトレイルの始まり。
トレイルはまぁまぁ踏まれていてほぼ道は分かりやすいです。数ヶ所不明瞭な所ありなので慎重に。
我々は神社で夜明けになる様スケジューリングしたので、明るい中あるけました。
標高1000m位までは杉の植林地。それ以上になると自然林で植生の変化が楽しめます。綺麗な森が広がります。富士は裾野から登るのが楽しいですね。
また、土地柄か倒木地も多し。
 
このコース中、出会ったのは登りで2グループと1人。
そのうち1グループはロード区間でであったトレラングループ。村山古道をやっているって言ってたけど、トレイルに踏み後がなかったからロードを進んだのかな。
もう1グループは中腹の宿泊施設から、なかなか玄人じゃないの。
完全海からは一人のみ。マイナーコースだけど利用者はいるんですね。

下って来たのは2グループ。5合目辺りのお花畑が目的だそうな。
通過したはずだけど、記憶にあらず。倒木地のあの草むらか?。

○6合目~山頂
村山古道は富士宮口6合目に合流する。歩き始めから13時間半。村山浅間神社からでも8時間。
長かった。
疲労困ぱい。でも剣ヶ峰は外せないわな。
通常なら7合目辺りで一泊が無難だろう。
 
今回、驚く程落ちているゴミがない。誰かが拾ってくれているのだろうか。世界遺産ですからね~。

○山頂~吉田口下山。
剣ヶ峰で日没に間に合ったものの、下り始めると間もなくライトオン。
眼下の夜景は綺麗だけど先が見えなくて時間が長い。
ライトの範囲しか見えなくて気が紛れない。
他に下っている人も皆無である。バスももう動いていない時間ですからね。
夜間に山を下るものじゃないと思いますよ。下りに要した時間7時間半。

反対に登ってくる人は多し。5合目からは、まぁそうなんでしょうけど。
5合目以下でも人と会います。
夜中の11時にすれ違うってかなり不気味です。

今回、富士山駅前の居酒屋が朝までやっていてラッキーでした。
風呂には入れなかったけど生ビールには有りつけたし、高速バスが朝5時に出るのでロスタイムなしでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 281 PV UP!
訪問者 144 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,826,801 PV 
訪問者 270,921 IP 
ランキングランキング
日別 6,508 UP!
週別 10,862 DOWN!

カレンダー

2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0