平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2017 参加レース

伊豆大島ウルトラランニング 野辺山高原ウルトラマラソン

大島ウルトラランニング①トレーニング&作戦

2017-03-21 | 大島ウルトラランニング

もうすぐ楽しい100kmマラソン。
作戦とトレーニングを振り返ってみます。

基本作戦はいつもの通り、”走れる体を作っておいて走らない”。
さて、トレーニングで走れる体を得られたのでしょうか?。

トレーニング期間はランoffから復帰した正月から、2ヶ月半。
1月はまだ導入期で帰宅ランと休日の20km走が主体。でも月間250kmを走れた。
2月になって走れる体になってきた感、強し。ランが億劫でなくなる。
一昨年、昨年の2月は走行距離月間で距離を稼いでいたけど、今シーズンはやめ。内容重視にしました。
やはり走行距離は250km。
たまリバー50kmと筑波山坂トレを復活し3月に至る。坂トレはステップアップしながら3回行えた。
今シーズン、筑波山坂トレは新コースを開拓。なかなかいいコースが見つかった。無料シャワーが無いのが難点。

そんなこんなでいいトレーニングが積めたと思う。
去年悩まされた故障も出なかったし。




さて、作戦です。
左周り・右回りに大島を2周するこのレース。島東部の高地と三原山に上り坂のがキモになると思います。
大上りは3回。①東部②三原山③東部。
それぞれ標高差と距離と傾斜は
①32km東部  340m、5.8km、5.8%
②45km三原山 330m、7km、 4.7%
③68km東部  314m、5.6km、5.6% 
ちなみに三原山からの下りは
④52km三原山 500m、5.8km、8.6% (すべて自己計測)

普段走っている筑波山のコースと比べてみます。
  不動峠 270m、3.8km、7.1%
  風返峠 412m、6.4km、6.4%
つつじヶ丘 130m、1.6km、8.1% (すべて自己計測)

上りは普段のコースより距離は長いですけど、傾斜はゆるやかな様です。
これは走りですよ、”走り”。歩かずに走る事を目標にします。
ところが下りは急傾斜、これはシューズの性能に任せてゆっくり目で下ります。

ではペース計画を。
第5関門、第6関門がタイトなので、
第3関門51.2kmを6時間、午前11時。
第4関門69.5kmを9時間、午後2時を目標とする。
7分/kmでいける。これがどこまで維持できるか?、無理斑無く気持ちを切らさず進みたい。

体重64.5kg、体脂肪率16.1%。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラウンドつくば

2017-03-13 | 日記

いつものトレーニングコースが閉鎖中なので、今回も新コースを走ってみました。
筑波山の中腹をぐるっと一周、道がめぐっています。
 

かねてから温めていたこのコースを走ってみました。
周回部分で約20km。これに山麓からのアプローチと最高点のつつじヶ丘までを含めて28km位でしょう。
累積標高は1000mを越えます。


スタートは先日と同じりんりんロードの筑波休憩所。
今回は国道ではなく住宅地の細道で神社近くまで標高をあげました。
距離が短い分、急傾斜。

梅園では梅祭り中でした。
 

最高地点を後半にしたかったので時計周りです。
梅園を過ぎれば、人はいなくなり寂しいもんです。たまに犬の散歩の人がいてビックリしちゃいます。
山の北側に向けて大きく上って行きます。


途中、広い範囲で松が立ち枯れしてました。どうしたんでしょ。(どうやら害虫被害らしいです)
調べてみました⇒

北側の筑波高原キャンプ場で距離半分ってところでしょう。
林間学校あいてのキャンプ場みたい。今はシーズンオフでトイレも使えません。
周辺はカタクリの自生地です。まだ2~3週間は早いかな。

未舗装路で東に向けて標高を下げていきます。
最下点はつくばねオートキャンプ場。ここは打って変わって高規格キャンプ場です。
電源は有るし流しではお湯が出ます。冬でも利用者がいらっしゃいます。

同じだけ上り返すんですが、これが嫌ならつつじヶ丘へのショートカットコースも有ります。


私の脚で休憩込で4時間でした。
なかなか走りごたえがありました。
消費:オニギリ2ヶ、水500ml。
自販機・トイレも南側以外は無し。静かで寂しいくらいです。
本日のランナーな方、4名。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乗鞍天空マラソンにエントリー

2017-03-06 | 乗鞍天空マラソン

6/18 乗鞍天空マラソンにエントリー。

標高差1200mを駆け上るこのレース。日本一標高が高いフルマラソンだそうだ。


走行時間>移動時間のワタクシのレース選択基準からは外れるこのレース。
乗鞍って遠いんですねぇ。
でも、どうも気になってしょうがないのでエントリーしちゃいました。
どうやら登る系のレースがお好きみたいです。 (かと言ってバーティカルじゃない)

もちろんフルMのPB更新なんてめざしませんよ。
むしろ関門アウトが心配です。
こんなに上らされて、6時間でFinishできるんでしょうかね。

詳しくは ⇒乗鞍天空マラソン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士山頂往復マラニック エントリー&備忘録

2017-03-04 | 富士山頂往復マラニック

今夏のメインイベント、富士山頂往復マラニックに無事エントリー出来ました。
今年は山頂までの片道コース、来年は海から山頂往復コースへと目論んでいます。

海から富士山頂まで登り、さらに112kmを24時間で帰って来るというこの企画。

  ⇒参加案内・申込PDF


大手エントリーサイトではエントリーできません。個人企画の呼びかけ大会です。
よって十分なサポートを期待してはいけません。


あまり情報のないこのイベント、エントリーとネットから拾えた情報をまとめておきます。


※エントリー
こちらのサイトに最新情報はアップされてゆきます。ここをマメにチェックするのが大事。
雲峰のマラソンの歌

どうやら、エントリー開始日は2/23。 ふ・じ・さん、の日です。
参加者枠はこれまた223名。狭き門です。
参加費も3776円。富士山標高と同じです。このうち1000円は保全協力金。

2/23に参加希望のメールをして、/24に参加費振り込みと参加申込書を郵送して、/25には参加了解のメールが届きました。
これでエントリー手続き完了って事でしょう。ひとまず安心。

2017年はエントリーオープンからクローズまで5日。今後、第0関門化する事が懸念されます。
個人企画ですので、主催者様の負担増になりませぬ様お祈りしてます。


※備忘録
・最寄り駅からスタート会場までは徒歩50分。真夏の歩行となりタクシーが得策。更にコンビニもない。
・8月第1金曜日18時スタート。エントリー順50名ずつのウェーブスタート。
・スタート前にはオカリナの伴奏で”富士の山”をみんなで歌うのが恒例。
・FBに最新情報はアップされてくる。⇒富士山頂往復マラニックFB
 (FBは2016年開始。エントリー開始情報は無くて、募集締め切りから始まるみたい)
・装備品(FBより)
◎ナンバーカード(ザックの背面に装着)
◎コースマップ(初参加の方は必須です)
◎水(2L以上を携帯できる容器)( マイカップ )
◎携帯食料
◎ライト2個(動作確認)、それぞれの予備電池
◎自発光式反射板,フラッシュライト等(後方から視認できる自発光式でザック等に取り付けられるもの、反射材だけでは不可です)
◎ウエアは3層以上(ベースレイヤー・ミドルウエアー・アウターウエアー)の組み合わせ
 ※ミドルウェアは防寒着として ダウン・フリース等の素材が理想
 ※アウターウエアはレインジャケット併用で可
◎雨着(ジャケット、パンツのセパレート、耐水圧が充分で透湿性のある素材を使用し、縫い目をシームテープで防水加工したフード付きの山岳の悪天候に対応できるもの)
◎帽子(雨、日除け)
◎手袋(防寒、ケガ予防)
◎スパッツ(ゲイター)※下山に御殿場側から砂走りを使う方はあった方が良いです。
◎ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)
◎サバイバルブランケット
◎現金(水・食料補給の他、万が一の時に自力で戻るための交通費)
 ※山小屋のトイレ、自販機などでは小銭が必要です
◎携帯電話
◎携帯トイレ
◎保険証(コピー可)
◎身分証明証(免許証等)
((その他、天候や状況に応じて、各自必要と思われるものを用意し、ザック内の物には防水対策をしてください。))
《当日の天候に関わらず装備して下さい。 特に安全装備のライト、ウェア類は受付時にチェックします》
・気温30度差に対応できる装備が必要。(35度~5度、風が吹けばさらに寒い)
・ストックは禁止されていない模様。
・特に復路の暑さに苦しめられる。完走率50%程度。
・オフィシャルエイド無し。私設エイド数ヶ所あり。
・各CPの通過時間を記載し提出する。
・最終コンビニ18km、最終自販機?km。(コンビニ後数km?)
・新富士・富士駅から徒歩20分にスーパー銭湯あり。⇒湯らぎの里

参加の皆様、よろしくお願いします。


《2017.3.15 追記》
3月上旬に参加決定メールが届く。
キャンセル待ちがあり、DNSの際は要連絡とのこと。
参加費は経費を引いた後、返却される。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつかは履いてみたい HOKA ONE ONE

2017-02-26 | グッズ

ちょっと前からトレランをやっていた方ならご存知でしょうけど、このシューズの日本デビューは鮮烈でした。
2010年ハセツネの優勝シューズです。チーム優勝もHOKAチームがかっさらいました。
 (2010ハセツネ フィニッシュシーンより)
注目すべきはソールの厚さ、40mmもあったんです!。
当時、ファイブフィンガーやワラーチに代表されるミニマムシューズが流行りでしたので、
あのシューズはなんだ!、あんな厚底で不整地を走れるのか!!。っと世の人々は腰を抜かした訳でございます。
まさに黒船の来襲でした。

当時のワタクシは、あれはトップランナーの物、高額であったこともあって全く興味ありませんでした。
でも、自分の嗜好がトレランから100kmロードに変化していく中で、今こそホカオネオネではないかっという気持ちになりました。
百聞は一見に如かず、履いてみなければ優劣は語れません。
優れたクッション性と踏むだけでクルリンと足を運んでくれる靴底構造はきっと、ワタクシに快走をもたらしてくれるでしょう。

そんな訳でこの子がもうすぐ我が家にやってきます。
 クリフトン3 ¥18360
ホカオネオネの中でもロードの主力機種のクリフトンにしました。
定価で購入ですよ。通常なら2足買える値段です。Orz。
家人からは非難されるでしょうけど、まぁそんな事は一時のこと。気にしない気にしない。


奇抜なシューズなだけあって、ホカオネオネに関するレポートも豊富です。
HOKA ONE ONE オフィシャル
Onyourmark
ランナーズNEXT
RunPort
店長ORAO








 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 211 PV DOWN!
訪問者 103 IP DOWN!
トータルトータル
閲覧 1,885,311 PV 
訪問者 296,649 IP 
ランキングランキング
日別 10,427 DOWN!
週別 11,649 DOWN!

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0