平地トレイルランナーの憂鬱 

~7年掛かって信州三大100kmレースを完走。まだまだFinishの充実感を求めて走ります。~

2016 参加レース

野辺山高原ウルトラマラソン 野沢温泉4100D

故障中・・・

2016-06-29 | 日記

もう3週前の事。
10kg程のコンクリ板を動かしたところ、腰の左側の方がピリリっとしたんですね。
アァ~、やっちゃったって感じだったんです。
ギックリ腰なら何度か経験があるんですけど、今回は場所が違いました。
腰の真ん中じゃなくて、少しばかり左に寄ってるんです。

経験上、ギックリ腰なら3日は安静、完治まで7~10日でした。
今回も、まぁそんなもんだろうと思っていましたよ。

でも、痛みは段々引いて忘れる位になってきたんですけど、左尻とハムストリングスの張りがなかなかとれない。
走り出せば張りが退いたんで楽観視していました。段々快方に向かうだろうと。

ところが昨日5km少しペースを上げて走ったところ、今日になって上記の張りがきつくて堪らなくなってしまいました。
もう歩くにもズボンを履くにも難儀するありさまなんです。

こうなったら近所の整体院にすがるしかありません。仕事帰りに駆け込みました。
アレコレ状況を説明して、前屈後屈してみて、etc・・。
院長の説明によると、硬くなっていた腰回りに負担がかかったんだと。
そしてダメージ箇所をかばって、お尻・ハムストリングスが限界に達したんだということでした。
確かに背骨周りをモミモミしてもらうと、腰椎下部で痛みが無くて、上部はイタタタタァで、そのまた上には痛みが有りません。

アイシングをして電気をあてて、今度はホットパックをしてマッサージと少しのストレッチで終了になりました。
全部で小一時間。1500円也。
するとアラ不思議、痛みが随分と楽になっているではありませんか。


これは野辺山UMのダメージ、そして回復期からの調整の失敗に起因するものだと思っております。
そんなこんなで、また休息中。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

粉飴 顆粒

2016-06-27 | グッズ

高い市販品のエネルギージェルに辟易して、粉飴を御利用の方も多いと思います。
 過去記事参照⇒

ほぼ1年ぶりに購入しましたら、今は顆粒タイプが有るんですね。


粉飴って溶かすのが一苦労だったんです。
濃度が濃くなると、なかなか溶けないし、どっさり入れちゃうと固まりになって超めんどうになっちゃいます。
何回か失敗しないとコツを覚えないんですよね。

今のところ、習得したコツは、
”広口の鍋を用意する”
”水の量は出来上がり量の半分”
”始めはさっさと投入して、後半は少しづつ入れる”
”広く広げて入れる”
”弱火で温めながら作業する”
”重量計、漏斗が有れば良い”
なんてとこですかね。

ちなみに味付けも大事でスポーツドリンクの粉を溶かし込むか、コーヒー味にしてます。
(素だと超甘い)

さてさて、話を戻して顆粒の話。
事情はわかりませんが、旧来タイプが1980円のところ、顆粒タイプは777円で売ってました。(Amazon)
容量が少し大きくなりましたが、嬉しい事に袋にジッパーが付いてました。
(たいていは一度に使い切れない)
なによりも、もう溶解に苦労する事はなくなるんでしょうな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のランニング生活と気の持ちよう

2016-06-19 | 日記

先月の野辺山ウルトラマラソンから休足期間は3週間。
2週でちょうどいいんだけど、グダグダともう1週何もしませんでした。
3週休むとさすがに走力はゼロまで落ち込みます。元々オイラは鈍るのが早い質の様だし。
走り始めは2kmでフクラハギがパンパンですよ。

そんな所から距離を伸ばしてきて、昨日は16km、今日は20kmまできました。
でも最後はヘトヘトの走りでまだまだ復活には程遠いです。
おまけに暑さにやられて一日寝て過ごす休日です。庭の草むしりでもしろ!っという声が聞こえてきそう。

次なるレースは野沢温泉4100D。もう4週間しかありません。
いささか不安になってきました。
せっかく作った走力を落とすのが嫌で1~2ヶ月に一度レースを入れています。
でもゼロまで走力を落としちゃうんじゃ、なんの為にレースを組んでいるか分からなくなっちゃいますね。

初めてのレースなのでイメージができなくて、モチベーションが上がらないのかもしれません。
去年の6月はどんなトレしてたかなぁ、何て思っています。

あと週末は3回、頑張っていきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏はバーティカル3連戦

2016-05-30 | 日記

7月には野沢温泉4100D、8月末には立山登山マラニックを入れました。
この他に、8月初めには友人と海から富士登山を計画中です。
立山も海から3003mの山頂を一気に目指しますので、太平洋・日本海それぞれからSea to Summitでございます。


富士登山はたぶんトレランペースになるでしょう。山頂までは60km位?。同時期に富士山頂往復マラニックなるイベントがありますけど、これってノンサポートなんですよね。それならプライベートでやったっていいでしょ。(私設エイドは出るらしい)
企画は友人に任せちゃってますけど、アクセスと時間帯が難しい様です。


立山マラニックは参加費に送迎のバス代、後泊の山小屋代、そこでの懇親会費まで含まれます。
いたれりつくせり感満載なんです。
是非時間内完走して、夕日に染まる立山を見ながら風呂に入り、美味い酒を飲みたいと思います。


野沢温泉4100D。おんたけ100kmと日程が被っていたので避けてましたけど、今年はエントリーしました。累積標高差4100m、制限時間20時間のハセツネ級のレースです。
高低図からザックリ上りだけ足すと2300m程に見えるんですけど、細かなアップダウンがあるんでしょうかね。
ハードさを売りにしたレースらしいですけど、気持ちいい・楽しかったっていうコメントが多い様です。
開催日が7月末になりますので、梅雨末期の大雨に打たれるか、真夏の陽射しに焼かれるかは当日のお楽しみになります。


トレランレースは気持ち良く走れるってことを基準に選ぶ事が多かったんですが、今年は違います。
上るレース。
最近は富士登山競争を代表とする上りを競うレースが増えてきました。きっとHRを上げて突っ込むんでしょう。
ワタクシはこうゆうのは苦手なんで、延々上りでもマラニック的なのがいいんです。
地道に走って行けばいいよ。っていうのが・・・。そんな基準で選びました

自分自身、上りはさておき、今年は下りの苦手意識があります。
上りってトレしやすいですし、
下りは黙っていても、そこそこ速度がでる。ダメージが大きい。怪我しやすい。なんて理由で積極的に取り組んでいませんでした。速度よりも安定して下れる事のほうが重要に思っていました。

そんな訳で今年は上り重視のレースをやってみる事になったんです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

人生は2度ない、迷ったらエントリー。

2016-05-29 | 日記

レースエントリーを迷う時ってないですか。
クリック競走が有る時なら時の運に任せるっていうのもいいんですけど。
時間に余裕があるとグダグダ躊躇してしまったりして・・・。

ワタクシに二の足を踏ませる最大の原因は”お金”でございます。
幸いワタクシの子育ては終わってますので、家庭に縛れる身の上ではございません。
家を空けても嫁は嫌な顔をいたしません。
でもね、ワタクシがやっているロングレースって参加費に前後の宿泊に交通費っと1レースで6万円位はかかるんです。
とーちゃんの趣味でそんなに使って良いものかと結構悩んだりします。
予算化してればこんな悩みはないんでしょうけど・・・。

でもねでもね。
レースって自分にとってやっぱり大事な存在だったりします。
未知のレースに向けてトレーニングを積み重ねていくのは、いいもんです。
この歳でもチャレンジって、いいもんなんですよ。


また来年・・・。なんて言っていると来年は何が有るか分かりません。
親が死んでいるかもしれないし、自分が大病しているかもしれない・・・。
やりたい事、やれる事はとっととやっておいた方がいいんです。
っという考えに至りました。


3~4日悩んでエントリーしたイベントの高低図がこれ。

上り具合がシビレルでしょ。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 336 PV UP!
訪問者 164 IP UP!
トータルトータル
閲覧 1,813,095 PV 
訪問者 264,825 IP 
ランキングランキング
日別 4,936 UP!
週別 6,305 UP!

カレンダー

2016年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メッセージ

  • RSS1.0 RSS2.0