日本の屋根裏人のワイコマ日記です

日本の屋根と云われる北アルプスの山々は、世界遺産の富士山に次ぐ名峰の数々、この素晴らしい環境の麓から発信する日記です。

母の価値感は外国も・・

2017年05月16日 08時45分28秒 | Weblog
先日の14日は母の日で、多くの皆さんが母に感謝
の気持ちを捧げてくれたことでしょう。
先日のAさんの記事をお借りして紹介しましょう

アメリカの新聞に以前掲載された求人広告です。
 
「内容は主に危機管理、ほかに多種多様な業務

 労働時間は1日19時間、週135時間程度、
 時間制限なし、休憩なし

 立ちっぱなしの場合も多く、スタミナは必須

 経済、薬、調理などのさまざまな知識が必要

 しかも無給」

これを見た読者から、「法律違反では?」「ク
レイジーだ」との批判が寄せられたそうです。
日本であれば「最悪のブラック企業」との非難を
受けるのは間違いありません

しかし、実際にはやりがいがあり、大勢の人が
やっている仕事です。その答えは「母親」。
母親の偉大さを再認識してもらうための企画だ
ったというわけです。
また、米人材情報会社は専業主婦の家事労働を
以下の10種類に分類し、主婦の家事労働の対
価を試算しています。
   ※職種     (内容)

   保育士     子供の世話

   コック     料理・炊事

   事務員     家計管理等

   洗濯人     洗濯

   清掃作業員   掃除

   設備管理者   住宅のメンテナンス

   CEO(経営者) 家族の中でリーダーシップ
   を発揮している場合

   運転手     子供の送迎

   精神分析医   子供や家族の心のケア

   ハウスキーパー 買い物や介護等、上記以外
   の家事労働

上記のような労働について、それぞれの作業を外注
した場合の時給と労働時間から賃金を積算し、さら
に週40時間を超過した分や休日・深夜について割
増しの時間外手当を支給した場合、主婦の家事労働
の賃金(年収)換算額は優に1,000万円を超えるそ
うです。

母親の責務大きさを改めて知ることが出来ました。

信州の今の花たちです















梅の花から こんな実になっていました





足下では、食欲旺盛な昆虫達も元気です




長野県ランキング


初心者カメラマンランキング


人気ブログランキング

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月曜日は晴れています | トップ | ネットの世界の怖さ »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お母さんはすごいですね! (fukurou0731)
2017-05-16 11:32:12
ワイコマ様
おはようございます。
これはブラック企業の労働だと思いました。多岐にわたる長時間労働なんですね。
こんな労働のおかけで成長できた訳ですが、そのありがたさが分かったときには、もう親はいない!
皮肉なことですね。
こんにちは (のびた)
2017-05-16 16:49:59
昔の母は特に長時間労働でした
内職もするし 子どもたちの衣服の繕い 朝早くから畑に出て耕したりしていました
多分 父より肉体労働でしたね
fukurou0731 さまへ (ワイコマです)
2017-05-16 20:24:21
母親ってつくづく大変だったんだな~と
考えさせられてしまいました。 94歳の
私の母も、母の日にカーネーション数本
で感謝の気持ちを届けた・・・なんて
この母の負担を考えれば何とバチ当たりが
という位ですが・・今更、家に引きとることも
叶わず、親不幸の息子と判っていても
何の手立ても出来ない自分でした。
何時もコメントありがとうございます。
のびた さまへ (ワイコマです)
2017-05-16 20:28:58
そうでしたね~~母は家で一番の早起きで
食事洗濯・・子供の世話そして夜も寝るのが
一番最後で・・何時寝ているんだろう・・と
若い頃はとてもそんなに考えてあげる機会が
なくて、今になって・・地方の母にどうしようもない
どら息子の私です、すでに遅いですが
できる限り母の恩に報いたいものです
こんばんは (mappee)
2017-05-16 22:51:22
母は強し です
母は、何にでもなれます
子どものためだったら、死ぬこともできます
96歳の母を見てると 愛おしいです

労働時間にしたら、一千万を超える・・・
凄いですねー改めて
母は強しです

今は
子供であり、母であります
ありがとうございました (tiburonta)
2017-05-17 06:17:23
母親ってこれ以上の価値があると思います。

米国に住む娘の家での母の日は
「ひと朝のみ、パパが監督で料理人が孫の兄妹ふたりで朝食作り」
が幼い頃から続いているそうです。こうして母の日の朝は家族4人が揃って祝うそうです。
良い話を聞かしていただきました。
有難い話題 (chidori)
2017-05-17 07:08:08
なかなか女性の働きは評価されない、やって当たりまえ、家事は特にほとんどが女性の肩に掛っていましたね。
私も3人育てながら 朝夕の食事、洗濯掃除・・時に自分が好きでやっている仕事とはいえ、もうすぐ生まれる第3子の子をおなかに、夕方仕事から帰って泣きながら食事を作った事もありました。
生活のために働いたのだったら続かなかったかも?歌いたくて、保育の仕事が好きで・・とその二つに背中を押されてだった気がします。
mappeeさまへ (ワイコマです)
2017-05-17 07:52:14
本当に、最近になって母の存在意義を
改めて考えさせられます。
たぶん以前は 母の存在感については
母の日にカーネーションを送るだけの母
最近は痴呆であっても、なんと無く許せる
敬意を持って接する事が出来るようになり
今頃になって・・漸く 母の存在に目覚めました
何時もぽかーんとしている私です。
tiburontaさまへ (ワイコマです)
2017-05-17 07:56:54
何時もコメントありがとうございます。
母の日に投稿が・・何時もずれ込んで
今頃になりましたが、母を改めて考え
自分の母、我が家のファミリーにも母が
そして世のなかには沢山の母が・・
そんな人たちのために、感謝を 込めて
気持ちを新たにして生きたいと思います
アメリカのお嬢さんの家の母の日・・いいですね
我が家の孫達と息子に伝えてみます
鹿児島のchidoriさまへ (ワイコマです)
2017-05-17 08:02:29
普段は、何気ない存在だった今は痴呆施設の
母も、我が家の家内も・・大きな恩を感じている
亡き御婆さまも・・みんな母、その母達が
ごく普通にそこに居て、当たり前の存在
もう少し、脚光を浴びてもいいのでは??
やはり 母は偉大でしたね そんな母を
改めて、少し優しい目で見直す機会となった
ような・・そんな自分に驚いています。
コメント ありがとうございました。
こんにちは(o´∀`)b (だんちょう)
2017-05-18 05:20:31
母の日には母親の実家に行き、ケーキをプレゼントして、一緒に夕食を共にしてきまして、プレゼントは、後日一緒に買いに行くことになりました(ゝω∂)


自分がこどものころは良く肩揉み券なんかを作ってあげたものです。


それがいまやその自分が親になっていることを考えると懐かしく不思議な気持ちになります。

ワイコマさんの、最後の写真の葉は、虫食いですが、かんじんの主がいませんね、今度見つけて掲載してみて下さいね(o´∀`)b
だんちょう さまへ (ワイコマです)
2017-05-18 09:45:33
蕗の葉がこんなにも穴だらけになっていて
どんな昆虫かと・・数枚の葉の裏を返して見ましたが
残念ながら・・其処に昆虫の姿は見えませんでした
蝶かなんかの毛虫のような気がしますが
今度は 探して・・撮ってきましょう

やはりだんちょう さまの優しさは素晴らしい
親、お母さまへの感謝・・と同時に・・
お子様たちのお母さまにも・・感謝してあげて
素晴らしい感謝の日としてください
お久しぶりです (hitareri)
2017-05-18 11:48:27
ワイコマさま
お久しぶりです・・母の日の記事、心あたたまりました。
お花の写真も心あたたまりました。
久々にコメントさせていただきます。

先週は久々に帰省し、両方の母親の顔を見てきました。(父親の三回忌に帰ったのがメイン行事ですが・・)
旅の途中、夫の母にも会いに立ち寄りました。
義母は昨年の秋から、実家近くの温泉地の老人介護施設に入所したので、今回は施設に面会に行きました。
夫の小さいころの写真や母と一緒に写っている写真、時代ととも変化していく容姿写真など複数持って行きました。少し前に母に会いに行ったときに、母が「きょうは、自分好みのいい男に出会えてよかった」と終わりに言って夫は愕然としたのです。その反省からの写真準備でした・・・
写真のお蔭で?今回はスムーズに「夫が自分の息子」と分かり会話が弾みました。母の好きな歌を夫が歌って一緒に3人で歌ったり・・・歌っていいですね・・

父の三回忌に帰った私の実家の母は、変わらず元気にしていました。お坊さんと一緒に家の裏にある墓にスタスタ急な坂道を足早に上り、かなり腰が曲がっているのにいつもながらびっくり。よかった!!足腰は健在でした。
実家の母は、娘の私やその連れ合い(夫)も説明なしてわかります。我々の子どもたち(孫)やひ孫の話もスムーズにわかり、会話できて助かります。滞在中には一緒に数々の昭和・大正の愛唱歌を、夫や私と歌いました、唄が大好きな母です・・

「それぞれの母に支えられ見守られての我々夫婦」と認識した旅でした。
hitareri さまへ (ワイコマです)
2017-05-18 18:56:22
ご無沙汰しました。お元気に復帰していただき
感謝しております、
親孝行の帰省・・ご主人さまのお母さまは少し
認知が進行しているのかもね・・でも写真を見せて
自分の息子を認識できるとすれば大丈夫です
私の母は94歳の認知症で・・私の事を兄弟のお兄さん
説明しても・・息子にはたどり着きません
でも・・仕方ありませんね。
hitareri さまのお母さまは、認知症も無く
お元気そうで・・安心ですね。
親がどんな状態であっても 親は親
それを無視しますと自分の定義が・・
何時も親に感謝・・母の日ばかり感謝
では無くて、
時折真剣に親孝行を・・そんな姿勢を子供達に
教えながら・・いい旅でしたね。
何時までもお母さま大切に見てあげてください

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。