日本の屋根裏人のワイコマ日記です

日本の屋根と云われる北アルプスの山々は、世界遺産の富士山に次ぐ名峰の数々、この素晴らしい環境の麓から発信する日記です。

今朝も雪化粧の信州

2017年02月09日 08時37分32秒 | Weblog
昨日まで少々風が強かったもののお天道さまが
顔を覗かせていましたので、歩きやすい日中で
あっちにこっちに歩き回ってきました。
一転今朝は今も雪が舞っていますが一面の白銀
の世界となってしまった信州です。空はまだ鉛
色の雲が陽の光を遮ってまだ暗さを感じる空、
まだ降り続けるのでしょう。
「魚」に「雪」と書きますと「鱈」(タラ)と
なりまして字の如く、雪の降る季節に産卵期を
迎え、味が良くなります。すり身の原料にする
スケソウダラなどもありますが、単に「タラ」
と言う場合は「マダラ」(真鱈)を指すことが
多いとのことです。
タラは食欲が旺盛で、貝や小魚、イカなどを手
当たり次第に食べます。実際に食べ過ぎが原因
で胃潰瘍にかかる魚もいるといいますこの大食
いの性質から『鱈腹』(たらふく)という当て
字が生まれたそうです。
身は脂が少なく柔らかな白身で、たらちりなど
鍋物にして食べるのが一般的です世界でもタラ
はポピュラーな魚で、揚げたタラにフライドポ
テトを添えた英国の「フィッシュ&チップス」
は有名です。
ちなみに、「スケソウダラ」は水分が多く鮮度
が落ちやすいため、カマボコやチクワなど加工
品の原料になることが多いです雌(メス)の卵巣
を塩漬けした「たらこ」や唐辛子で漬けた「か
らし明太子」の原料も「スケソウダラ」だそう
です。 雪の朝に魚の話題でした。

春模様の信州です






















長野県 ブログランキングへ


初心者カメラマン ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州で冬の国体 続き | トップ | 雪の金曜日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強になりました (じんべえ)
2017-02-09 14:08:09
鱈腹、初めて知りました、勉強になりました。

北海道岩見沢のスナックで飲んだ時のこと。
コン、コン、コンと、カウンターの中の女の子が揃って
何かを叩いています。
廻りのお客さんはちっとも気にしていません。
旅の恥はかき捨て、思い切って聞いてみました。
「あ、これ?おツマミよ」と持ち上げて見せてくれたのは
棒鱈でした。
コン、コン、コン、揃って棒鱈を振る姿と音。
いやー、思い出しますね。
じんべえ さまへ (ワイコマです)
2017-02-09 18:49:43
雪の朝になぜか鱈の話題になってしまいました
棒鱈の・・これは信州の田舎では昔から
入ってきていました、海のない信州では
魚は塩漬けか、干物でしたね (^o^ゞ
今でも煮烏賊・・なんて信州名物で売られて
いるんですから・・恥ずかしいですよね。
長野市はまだ海に近いから・・真ん中の松本塩尻は・・棒鱈や身欠きニシン
後は干物類でしたね・・懐かしい話でした
Unknown (だんちょう)
2017-02-10 07:57:32
おはようございます。

しばれますねェ。
さっぽろも朝からなんだか寒いです。

最後の写真はヤマガラですね
可愛らしい鳥ですね


今夜から道東に流氷を見に出発です。
楽しみです。
北海道に住んでいるのに、流氷は今まで見た事がありません。
だんちょう さまへ (ワイコマです)
2017-02-10 08:22:38
北海道も荒れ模様でしょうか?? こちら信州は
雪が舞っていますので寒さはそれほどでも
ありません、ただお天道様はまる二日顔を
見せてくれません。この間のこの天気は春なのに
また冬に戻ってしまいました。
流氷クルーズに過去に一度だけ挑戦しましたが
旅行会社の都合で取りやめになって以来
私も流氷にお目にかかったことはありません
いいな~楽しみですね 行ってらっしゃ~い

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。