熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

文箱式の駒箱

2016-10-28 05:43:19 | 文章
10月28日(金)、曇り。

秋。
玄関脇の南天が色づいてきました。


ーーーー
今朝の新聞で、塩田武士さんが山田風太郎賞受賞を知りました。
塩田さんは、元神戸新聞の将棋担当。
数年前に退社されて、作家の道へ。
この続きは、また夜にでも。

ーーーー
文箱式の駒箱。

濃い色と、木地に近い薄い色の2種に塗り分け。


どちらもあと1回の塗り。
今週のフィニッシュ予定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漆塗り、平箱 | トップ | 塩田武士さん »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (やまちゃん)
2016-10-28 06:27:22
文箱式駒箱の良さは?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

文章」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。