熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

碁は打つ、将棋は指す

2017-06-18 07:30:56 | 文章
6月18日(日)、曇り。

そろそろ夏に向けての時期なのに、今朝は、出している腕がヒャットする涼しさ。
昨日からのニュースでは、藤井四段27連勝を伝えています。

ところで、昨日の午後、聞いていた土曜のNHKラジオ。
丁度、話題になっているこの話を、あるアナウンサーが、将棋はカラキシの素人ですがと前置きしつつ、
「将棋を打つ・・」と繰り返し、相手の女性に向けて話し掛けてていました。

将棋で「駒を打つとは云いますが、将棋を打つとは云いません」。
ちょっと気になる表現で、「碁は打つ」ですが、将棋は指す」ですよね。

で、そのベテランアナウンサーには、その間違いをと伝えたいと思いました。
他人から尊敬されているはずのアナウンサーだから、本人のために良くないと思ったからです。

と云うことで「今頃には伝わっているだろうかな」。
でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジサイ | トップ | ドクダミの花 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K)
2017-06-18 08:59:25
『打つ』というと博打のようなイメージを一瞬抱きます。
『飲む、打つ、買う』にあるようなイメージです。

将棋もその昔、一部では真剣師というような人達がいた事を聞いた事がありますが、仰るようにきちんと『指す』と言って欲しい物ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。