パップのライブラリー・・・

趣味の野鳥撮影を中心に季節の風景や心象を、徒然に・・・心の赴くまま・・・写真と言の葉遊びで・・・

一期一会・・・鳥撮りの記 205 多摩川河口の鳥たち

2017-05-14 20:35:52 | ネイチャー
今日は、自宅から自転車で30分の地元も地元・・・多摩川の河口域へ・・・
狙いは身近な夏鳥の代表格、オオヨシキリとコアジサシです。
当初は葛西臨海公園へコアジサシの求愛給餌のシーンを撮りに行こうかと予定していましたが、コアジサシなら多摩川にもいるし・・・オオヨシキリは昨年は撮らずじまいだったので、近場での鳥撮りとしました。


到着すると葦原のあちこちからギョシギョシ・・・あの独特なけたたましい鳴き声が聞こえてきます。
でもなかなか姿は見えず!声を頼りにじっと待っていると・・・葦の穂先に上がってくるオオヨシキリ!
結構警戒心が強く、なかなか近い距離では撮らせてくれません。








コアジサシは20羽くらいの群れでこの河口域にいました。
今日の川崎の干潮時間は12時42分。干潮時のほうが干潟に水鳥類が集まると思っていましたが、ちょっと当て外れ!
潮が引いてくると、潮干狩りの人が集まって干潟に入って来ます。鳥たちは人気のない川の中央部の中州周辺に集まり、いやはや遠い距離!


水上餌渡し・・・


水際での餌渡し・・・




ちょっと面白い光景・・・
カワウたちが一斉に集まって追い込み漁を開始。
するとコアジサシたちも集まって来て、カワウの合間を縫ってダイビングを開始!カワウの群れに追われる小魚を捕っているようです。
これはコアジサシの知恵ですね~!


上流の方から猛禽の影・・・曇り空でシルエット状態ながら、すぐハヤブサとわかりました。
私が気付くのとほぼ同時にコアジサシたちが騒ぎはじめ・・・すぐ上空までハヤブサがやってきても、コアジサシをはじめシギ、サギなど水辺の鳥たちはどこかへ逃げ去ったあと!
トビが飛んできても逃げることはないのに、危険な鳥を察知する能力は生きるための本能なのでしょう!
その後、1時間くらいは鳥さんのいない多摩川でした。(曇天、空抜け、逆光のためきれいに撮れず!)

久々の地元多摩川河口の鳥撮りでしたが、2年ぶりのオオヨシキリやコアジサシの給餌シーンも撮れ、ハヤブサの成鳥まで現れて満足の鳥果でした。

PENTAX K-3
BORG67FL+1.7AF 510mm(35mm換算760mm)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一期一会・・・鳥撮りの記 ... | トップ | 一期一会・・・鳥撮りの記 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。