初心者金ちゃん・・・・Blog

釣好き、カメラ好き、音楽好きの、ダメオヤジの金ちゃんです。

ケルン室内管弦楽団でバッハのオーボエとオーボエ・ダモールのための協奏曲バッハのを聴く

2017年04月04日 | バロック・classic

4月にになり随分春めいて来ました。愈々房総方面でも桜開花が始まりだした。

アジの釣果は期待できないようですが、今週は一度桜と菜の花の撮影をしながら海のオゾンをと計画中。

今日は其のため撮影機材チェックをと近場の花でも撮って見ました。

いま白井は梨の花が満開のようです。 現像しながら音楽聴きながら、

ボリュームは絞り気味にバッハのオーボエ曲のバッハを流す。

オーボエ曲の音はタンノイⅢLで鳴らしてもそこそこは聴ける、なおさら小さめな音なら安心聴ける。

 

前にもブログアップしましたケルン室内管弦楽団1923年に創設されたドイツのケルンのクラシック・オーケストラ。

1976年から1986年にかけて、カペラ・クレメンティナ(Capella Clementina)という名前で時代の楽器で演奏しました

指揮はヘルムート・ミュラー=ブリュール(Helmut Müller-Brühl, 1933年6月28日・ブリュール2012年1月2日)

はドイツの指揮者。 ヘルマン・アーベントロートに師事し、

1964年以来、アーベントロートが創設したケルン室内管弦楽団の指揮者として活動を続けた。

その名が知られるようになったのはナクソスで古典派の基本レパートリーを任されたことによるもので、

ケルン室内管弦楽団とともにJ.S.バッハの管弦楽曲や協奏曲、ハイドンやモーツァルト、

ベートーヴェンの交響曲などの録音を進めた。 まじめで誠実な演奏が特徴である。

クリスチャン・ホンメルChristian Hommelドイツのオーボエ、1963年生まれ。

フライブルクのHeinz HolligerとJames Averyのピアノでオーボエを学んだ。

彼は現代音楽のための " アンサンブル・アヴェンチュア"の共同創設者で指揮者であり、

ブレーメンの "HochschulefürKünste"教授でもある。

クリスチャン・ホンメルが演奏するトマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニTomaso Giovanni Albinoniのオーボエ曲は

Heinz Holligerの演奏演奏より優れているのかも知れません。

 

Johann Sebastian Bach: Concertos For Oboe & Oboe D'Amore

 

春に聴く音楽としてはお薦め出来る演奏です。全く肩の凝らない清き水の流れる如き演奏は実に快い。

筆者は此の様なLPはヘルムート・ヴィンシャーマン(Helmut Winschermann)は、

ドイツのオーボエ奏者・指揮者・教育者。の物を所有しているが、此のアルバムも実に良いのである。

J.S. バッハ:オーボエとオーボエ・ダモーレ協奏曲集(ホンメル/ケルン室内管/ミュラー=ブリュール)

バッハ作品をあれこれ頭に思い浮かべるとして、 いの一番に挙げられることはないかもしれませんが、

実はバッハの音楽とオーボエ独特の音色の相性はバッチリなのは、当盤を聴けばわかります。

バッハが編んだ全旋律中でも最高にロマンチックかもしれない(これが18世紀なんて信じられない!)。

2つの独奏楽器の絡みが面白くて仕方ないBWV 1060ハ短調。現代音楽を得意にする新感覚奏者ホンメルのソロと、

古楽器全盛の今日にあって、 モダン楽器ならではの爽やかさを生かす室内管弦楽で演奏しています。

バッハのオーボエ協奏曲は、現在良く演奏されるチェンバロ協奏曲の原曲として知られており、

このアルバムに収められている5曲が主な作品です。

カンタータではアリアのオブリガート等で頻繁に使われており、バッハはこの楽器をこよなく愛していました。

オーボエ・ダモーレ協奏曲のうっとりするカンタービレ、

通常チェンバロ協奏曲全集には含まれないBWV1059ニ短調のドラマティックさ。

バッハのオーボエの魅力を存分に味わえます。

 

原曲チェンバロ協奏曲第4番 イ長調 BWV1055

オーボエ・ダモーレ協奏曲 イ長調 BWV 1055

Concerto for Oboe d'amore in A Major, BWV 1055

クリスティアン・ホンメル - Christian Hommel (オーボエ)

 

原曲チェンバロ協奏曲第5番 ヘ短調 BWV1056

オーボエ協奏曲 ト短調 BWV 1056

Oboe Concerto in G Minor, BWV 1056

クリスティアン・ホンメル - Christian Hommel (オーボエ)

 

J.S.バッハ: オーボエ協奏曲 ト短調 BWV 1056:第2楽章[ナクソス・クラシック・キュレーション #切ない]

 

原曲チェンバロ協奏曲第8番 ニ短調 BWV1059

オーボエ協奏曲 ニ短調 BWV 1059

Oboe Concerto in D Major, BWV 1059

クリスティアン・ホンメル - Christian Hommel (オーボエ)

 

原曲チェンバロ協奏曲第2番 ホ長調 BWV1053

オーボエ・ダモーレ協奏曲 ニ長調 BWV 1053

Concerto for Oboe d'amore in D Major, BWV 1053

クリスティアン・ホンメル - Christian Hommel (オーボエ)

 

原曲2台のチェンバロのための協奏曲[編集]第1番 ハ短調 BWV1060

オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 BWV 1060

Concerto for Oboe and Violin in C Minor, BWV 1060

クリスティアン・ホンメル - Christian Hommel (オーボエ)

リサ・スチュワート - Lisa Stewart (ヴァイオリン)

ケルン室内管弦楽団 - Cologne Chamber Orchestra

ヘルムート・ミュラー=ブリュール - Helmut Müller-Brühl (指揮)

演奏時間1時間8分春の午後の一時があっと言う間に過ぎて行きます。

実に楽しいバッハでした。淹れたての珈琲とともに・・・・・・・・・

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松田聖子SEIKO JAZZを聴く | トップ | クインシー・ジョーンズによ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バロック・classic」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL