房総のアジ釣り& 好きな撮影と音楽を楽しむ・・・

釣好きオヤジの金ちゃんです。 趣味のカメラ、音楽のアップも多くなってます。

「夜がくる」は、「サントリーオールド」のコマソンを紐解く・・・・ Jimmy GiuffreのJAZZが良いです・・・・

2016年10月08日 | 音楽・オーディオ

筆者は最近幼稚なオーディオ再開し気になってな音楽を聴きまくっています。

最近システムが落ち着き色んなジャンルの音楽に嵌ってます、爆!

前から気になってた、「夜がくる」人間らしくやりたいナをスローガンに

この不朽のメッセージを生み出したのは、

サントリーの前身・寿屋宣伝部に在籍、

そこから独立した広告制作会社サン・アドの創立メンバーでもある芥川賞作家・開高健でした。

愛称は“ダルマ” 1950年に発売されたサントリーオールド サントリーオールドは、

1950年にサントリーから発売のウイスキーブランドの一つで、

丸みを帯びた黒いボトルから愛称は“ダルマ”と呼ばれているくらい親しまれている、

サントリーウイスキーの中でも代表的な存在と呼ばれています。

いまでこそ、700mlで1000円台からや、50mlのミニチュア瓶ですと200円台など、

とても手ごろな値段で手に入るオールドですが、現行以前の酒税法の時代には相対的に値段が高く、

高級ウイスキーのシンボル的存在であった。特別なときのウイスキーでした・・・・

最近筆者はウイスキー筆者はは口にしていませんが、此の曲は昔から大好きでした。

 

サントリーオールド CM傑作集

 

小林 亜星 慶応義塾大学経済学部卒業。

作曲を服部正氏に師事。 1961年のCMソング、サントリー「オールド」、等、

次々とヒットCMを作曲 サントリーオールドのテレビCMを手がけるに当たって

「人間みな兄弟」(にんげんみなきょうだい)のタイトルで作曲された。

小林がこのコピーからのインスピレーションにより作曲したものである。

 

「夜が来る」6バージョン(サントリーCM曲)

 

最初に放送されたバージョンは男性のスキャットとギター伴奏によるハ短調のものである。

スキャットを歌ったのは、当時上智大学の教授であったサイラス・モズレーという人物であった。

楽曲はCMに用いるために短く完結しており、

短いイントロと8小節の主旋律を必要に応じて繰り返すのみとなっている。

後に、小林自身により日本語の歌詞がつけられ、

このときに「夜がくる」のタイトルがつけられる。

このときの日本語詞バージョンは「マークHAMA」の名で小林自らが歌っている。

 

サントリーオールドCM曲 『夜がくる』 小林亜星 ギターソロ

 

実はこの曲が始めてCMで使われたのは昭和42年(1967年)のことである。

このレトロな曲はそれ以降、平成7年(1995年)に長塚京三と神野美鈴、田中裕子と篠原秀豊出演、

歌詞のないもので2つのバージョンが作られ、

最近では平成18年(2006年)にもとのバージョンの曲が使われた、

國村隼(くにむらじゅん)・伊藤歩出演のCMが装いも新たに放映された。

 

今日は生憎雨模様です、庭にはツユクサ(Commelinaceae ツユクサ科)

ツユクサは至る所の路傍や空き地に生える1年草です。

部屋でゆったりする良い季節です。

昼からくつろげるJAZZも良いものです。

 

The Jimmy Giuffre 3 - Hollywood & Newport 1957-1958 (full album)

 

映画『真夏の夜のジャズ』の劈頭を飾ったジミー・ジュフリーの代表傑作アルバム。

クラリネット、テナー、バリトンと3種類のリード楽器を自在に操り、

ギターとベースをバックにした牧歌的でフォーク調のジャズ演奏を聴かせる作品。

2管+ギターというユニークな編成によるほっこり室内楽ジャズ!

西海岸のマルチ リード奏者ジミー ジェフリー58年作。リズムレスが生む自由な空間、

ディキシー ジャズ譲りの即興アンサンブル、

休日の午後のようなのんびりとした雰囲気が実にナイス!

MJQとも共演しています。こんなJAZZ聴くようになったのは爺の証明ですね!

それでは休日を楽しみましょう。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイク・ケベックが吹く野太... | トップ | 此の曲はタンノイで聴きたい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL