万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2309 祝らが2140

2016年12月10日 | 万葉短歌

2016-1210-man2309
万葉短歌2309 祝らが2140

祝らが 斎ふ社の 黄葉も
標縄越えて 散るといふものを  

2140     万葉短歌2309 ShuE695 2016-1210-man2309

はふりらが いはふやしろの もみちばも
 しめなはこえて ちるといふものを
=作者未詳。
【編者注】題詞は「譬喩歌」。秋相聞(10-2239~2311、七十三首)の第71首。男歌。2310~11 は旋頭歌。
【訓注】祝(はふり=祝部)。斎ふ社(いはふやしろ=斎経社)。黄葉(もみちば)。標縄(しめなは)。

*** 秋相聞(10-2239~2311、七十三首) 終 ***

ジャンル:
芸術
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉短歌2308 雨降れば2139 | トップ | 万葉短歌2312 我が袖に2141 »
最近の画像もっと見る

万葉短歌」カテゴリの最新記事