万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2268 さを鹿の2099

2016年10月29日 | 万葉短歌

2016-1029-man2268
万葉短歌2268 さを鹿の2099

さを鹿の 小野の草伏し いちしろく
我がとはなくに 人の知れらく  

2099     万葉短歌2268 ShuE658 2016-1029-man2268

さをしかの をののくさぶし いちしろく
 わがとはなくに ひとのしれらく
=作者未詳。
【編者注】寄鹿(10-2267~2268、二首)の第2首。秋相聞(10-2239~2311、七十三首)の第30首。男歌。
【原文】10-2268  左小壮鹿之 小野之草伏 灼然 吾不問尓 人乃知良久  作者未詳

ジャンル:
芸術
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉短歌2267 さを鹿の2098 | トップ | 万葉短歌2269 今夜の2100 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む