万葉短歌-悠山人編

万葉短歌…万葉集全4516歌(長短)のうち、短歌をすべてJPG&TXTで紹介する。→日本初!

万葉短歌2418 いかならむ2230

2017年03月20日 | 万葉短歌

2017-0320-man2418
万葉短歌2418 いかならむ2230

いかならむ 名負ふ神にし 手向けせば
我が思ふ妹を 夢にだに見む  

2230     万葉短歌2418 ShuF096 2017-0320-man2418

いかならむ なおふかみにし たむけせば
 あがおもふいもを いめにだにみむ
=柿本人麻呂歌集。
【編者注】「寄物陳思」(2415~2507、93首)の第4首。男。
【訓注】いかならむ(何)。我が思ふ(あがおもふ=吾念)。夢に(いめに=夢)。

ジャンル:
芸術
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 万葉短歌2417 石上2229 | トップ | 万葉短歌2419 天地と2231 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む