北海道昆虫同好会ブログ

北海道昆虫同好会は北海道の昆虫を中心に近隣諸国および世界の昆虫を対象に活動しています。

最も遅くまでみられるオオウラギンスジヒョウモン♀

2016-10-20 01:58:21 | 蝶・昆虫・自然・同好会など
にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村


最も遅くまでみられるオオウラギンスジヒョウモン♀

2010-8-29(日) 曇り 暑い

この日、標津川水系支流源流域で夏ヤマベ釣りとオショロコマの撮影を行った。

午後2時30分でいったん釣りを止め昼食。ふとみると目の前のハンノキの葉にオオウラギンスジヒョウモン♀が止まっていた。

夏のヒョウモン類の乱舞も終わり、道東ではこの時期もっとも遅くまで見かけるのはオオウラギンスジヒョウモン♀である。

しかも他のヒョウモン♀は汚損著しい時期でもこのヒョウモン♀だけは比較的新鮮である。

何故この蝶が最もおそくまで見られるのか理由は不明。

一般的にヒョウモン類の♀はしばしば夏眠することがあり、オオウラギンスジヒョウモン♀は夏眠からの目覚めが遅いのだろうか。









にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
ジャンル:
ワールドカップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カバイロシジミが次々に飛来 | トップ | 青白い妖精が舞う。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。