goo

ホームページ

リニューアルしましたので、こちらの更新もこれで最後となり、今後は全てホームページで更新してまいります。
今までありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします!

cochae
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こけし系図 at 京都小冊子セッション



ありがたいことに京都小冊子セッションから出品依頼を受けて作りました。

出版社が絶対に出してくれないような本で、どうしても自分で欲しい本。
せっかくミニコミを作るのなら、そのようなものが作れたら良い。
そう思って作りました。

「伝統こけし」が何故、「伝統こけし」なのか?
これは簡単に理解できるようで、ものすごく奥深いお話です。

木地師、という轆轤技術を持った人々は東北各地の温泉地にとどまり、
こけしを作りはじめました。
その轆轤技術や、風土から産まれたとしか言いようのない美しい描彩は、
親から子へ、師から弟子へと受け継がれ、それが広がって、今がようやっとある。
その凄さを再確認できる書物になったと思います。
そして同時に、多くの系統系列がリアルタイムで無くなりつつある、
ということを切実に感じ取れる書物にもなったと思います。

こけしには系統がある、という驚愕の事実を戦前に発見した天江富弥氏や、
鋭いフィールドワークで系図の研究に多大な尽力をされた深沢要氏、
熱病のようなこけし愛から、それを学問にしたとも言える鹿間時男氏、
その他も溢れ出るこけし愛を持った、熱狂的な研究者達、
そんな多くの偉大な先人達の「知」があって、はじめてこの本ができました。

と、偉そうなことを書いてきましたが、これらをまとめたのは友人でもある村岡夫妻です。

2年前から村岡充・ゆか夫婦が趣味でこけしの家系図をこつこつと書いていることは知っていました。
それを見せて頂くたびに、これを出版できたら、、、と思っていたので、このチャンスに思い切ってお願いしたのでした。
ほぼ全工人と言っていい網羅ぶりです。
それを快諾いただいて、この本が存在します。

非常にハードな作業になってしまいましたが、楽しい本になりました。

全64ページ、定価1000円(税別)限定300部です。
会期中は恵文社一乗寺店さんとガケ書房さんのみの販売となります。

是非、お手に取ってご覧下さい。






cochae 軸原ヨウスケ
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

連休ワークショップ



ハウスクエア横浜 〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1 TEL:045-912-4110

◆日時:9/17 9/18 11:00~16:00で随時参加
◆参加費:無料
◆場所:1F エントランス付近
◆展示 :ハウスクエア内壁面等
◆物販:おりがみ、こけし等 (釣り銭をご用意ください)

◆プレゼント:両日先着30名に折り紙セットのプレゼント


ひばりケ丘PARCO 
PARCO限定メッセージカード折り紙を折ろう!

◆日時: 9/18 13:00~15:30で随時参加
◆参加費:無料


新所沢PARCO 

PARCO限定メッセージカード折り紙を折ろう!

◆日時: 9/19 13:00~15:30で随時参加
◆参加費:無料

*写真は福島こむこむでの5年前のワークショップ。思えばこの時が最初の福島とのご縁でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

全国こけし祭りポスター



B1ポスター、B2ポスター、DM作りました。
絵は尊敬する故・深沢要さんの「奥羽余情」から木版画を使わせて頂きました。
(深沢さんのこけしコレクションは鳴子の日本こけし館に収蔵されていて見る事ができます。)

本当はすべて違う絵を使いたかったのですが叶わず。
しかし、少しずつバージョン違います。
ちなみにB1はシルクスクリーン。
この画像はB2サイズのものです。

9月2,3,4日は是非鳴子へ。
全国こけし祭り

東北各地のこけしや伝統工芸品・鳴子漆器などが集まり、さまざまなイベントを開催する。
文化文政期、子供の玩具として作られたのが始まりという鳴子のこけし。
形は、胴が太く肩と裾が張り安定感がある。首は「はめ込み式」で、首を回すと「キィッキィッ」と鳴る。
「全国こけし祭り」では、鳴子だけでなく東北各地からこけしが集まり、供養・奉納される。
また、約2000点のこけしと、鳴子漆器を販売。
連綿と受け継がれてきた技と美を伝える作品の数々に、大勢が魅了される。
祭り期間中は、「フェスティバルパレード」や「こけし絵付け体験」なども開催。
街が祭りムードに包まれる2日間を、思い切り楽しもう。
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

個性派こけし展DM





作りました。

以下、概要です。

第50回企画展「第一回 個性派こけし展」
平成23年8月2日(火)〜11月30日(水)

今回の企画展では、土湯系、鳴子系、遠刈田系などといった伝統こけしの11系統に分類できない“個性派こけし”を一堂に紹介しました。
このようなこけしはあまり注目されることがありませんが、味わい深い魅力やのびのびとした個性が見られます。
総数約360点を展示しておりますので、この機会に新たな魅力を発見していただければと思います。

西田記念館
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

チーズスイートホームの漫画おまけ

モーニングで連載中のチーズスイートホーム8巻のおまけを作りました。



カバーについているので何人が折られるかわかりませんが、もう発売中ですー。

チーズスイートホーム
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

折り紙連載sesami 05&06





朝日新聞社刊、sesamiで連載5号目はすでに書店から姿を消し、6号目もけっこう前に発売となりました!

毎回親子で半分づつ、お話を読みながら一緒に折れるようになっています。
6号目のsesamiはこの前の号が緊急チャリティー特集だったので、kokeshienにあわせてこけしにしました。

そして、あっという間に1年間の連載おわってしまいました。

毎回小話みたいなのを付けていて、文章入力スペースの小ささからか唐突な展開しかできず、しかし、その唐突さを楽しんで作っていました。

読んで(遊んで)下さっていた方々、ありがとうございました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

直川礼緒CDジャケット

日本口琴協会会長でもある直川礼緒さんのCDジャケットです。(CDジャケットですが7インチサイズです。)



透明ビニールにシルクスクリーンで印刷して、ブックレットを動かすとモアレパターンが様々出てくるようになっています。
アナログエフェクトの口琴に対して、アナログエフェクトで近い世界を表現してみました。



カラーの差し込み写真(宇波拓さん撮影による)もモアレ〜。盤面もモアレ〜。



円盤レーベルより。

円盤
や、
LOSAPSON?
でも販売しています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こけし浄瑠璃フライヤー

「こけし浄瑠璃という舞台をやろうとしてる人がいて、こけしの貸し出しを求めている」という連絡が別文脈のお2方からあって、
桜井真樹子さんと田中悠美子さんとお会いしたのがそもそものはじまり。
お話が山寺の伝説を元にしているので、山寺こけしの石山和夫さんにこけし依頼をしたのですが、同行した山形の旅は因果としかいえない事の連続でした。(山寺の夜業念仏の最後のマスターが石山和夫さんであったり)
あれよあれよという間にデザインまですることになって、そして告知する間も無いままチケット完売してしまいました。
(会場では石山和夫さんのこけし浄瑠璃特注こけしも販売とのことで、完売が嬉しくもあり、残念でもあります。)





■内容
山寺に伝えられた夜行念仏、山形民謡、そしてアラブ民謡、山寺こけしの音楽劇!
若くして亡くなった「はなこ」。残された家族は、はなこの歯を埋めるため、山寺の山に登っていきます。しかし、妹の「さくら」は、親からはぐれてしまい、こけし売りのおじいさんに出会います。そこで「さくら」はお姉さんそっくりのこけしをおじいさんから一日だけ借りることに。そのこけしと一緒に遊んでいるうちに、「さくら」はお姉さんのお婿さんを見つけるために遠い西の国へと旅を始めます。

■出演
原作・脚本:桜井真樹子
補綴:田中悠美子
音楽:桜井真樹子、田中悠美子
出演:桜井真樹子(語り、歌、こけし遣い)、田中悠美子(浄瑠璃、三味線)、藤木友美(語り、歌)、徳久ウィリアム(カルグラ、語り)、立岩潤三(ダラブカ)、小濵明人(尺八)

■スタッフ
こけし制作:石山和夫
絵馬、行灯制作:吉田晁子
山形方言指導:藤木友美
デザイン:軸原ヨウスケ(cochae)
制作:渡辺こけし、保科哲資
企画:こけし浄瑠璃実行委員会

冥界がテーマという事で少し躊躇しましたが、非常にハッピー且つ素敵な舞台になりそうです。
追加公演もあるかもしれませんので、その折りには是非〜。

こけし浄瑠璃


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

快快(FAIFAI)の芝浜

ちょうど地震のまっただ中で作っていたものです。
(すでに舞台は終わっています)
今回は大阪公演のもので蛍光2色と特色1色を掛け合わせて3色で作りました。



落語家が登場人物二人を語るという形式は前回同様踏襲し、



いろんな仕掛けも入れ込みました。


opus design

ファイファイ


7月15日はアサヒアートスクエアでAR三兄弟ゲストでのイベントが行われるとのこと!
詳細!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ