ウラとオモテの日記

私が見た裏と表の話を紹介する。今話題のニュースよりもあまり取り上げることの少ないニュースに注目します。

お酒天国

2010年05月25日 22時06分45秒 | ニュースあれこれ
 お酒というと、日本酒やビールなど、大人の飲み物としてありますが、先日の記事にもあるように規制をかけることになると、楽しみも減ってきそうですが、神戸には灘の酒があります。そんな灘の酒を世界一にしようと兵庫県内の大手清酒メーカーが海外展開を強化していると神戸新聞が伝えました。「白鹿」の蔵元、辰馬本家酒造は、中国への輸出を拡大させるそうで、富裕層などを中心に需要が高まっているためで、年間で約3億円から5年後には約10億円に引き上げる方針となっています。同じく成長圏にあるロシアでは、日本料理店などに販売する清酒の品目数を6割増やすそうです。大関は4月から、米国、豪州、ニュージーランドに低アルコール純米酒(1.8リットル、300ミリリットル)の輸出を始め、うちアメリカでは、現地生産の清酒と、日本から輸出する「微発泡清酒」をセットで量販店などに提案し、拡販につなげるそうです。現地メディアでもPRしているようで、欧州向けに新商品2点を投入した沢の鶴は4月末、イタリア・ミラノで報道関係者やレストラン経営者を集めた発表会を開いたそうです。会場では、オーナーシェフが清酒をベースにした桜のカクテルも並べたところ、参加者の反応は上々だったということでした。震災を乗り越えて、海外でお酒を売り込むのは、外国の人にも好評なので、ぜひ続けて世界のスタンダードにしてほしいものです。
http://news.goo.ne.jp/article/kobe/region/T20100524MS03572A.html

 ヤクルトが勝てません。勝てなくてヤクルトも飲めません?というのは嘘ですが、夕刊フジによると、野村克也監督時代の黄金期に打撃コーチとして支えた伊勢孝夫氏が打撃アドバイザーに就任すると発表したそうです。「野村さんがやっていたいいものを引き継いでやっているものと思っていたが、どうもそういうのはないみたいだ。どうして野村さんが辞めた後に、いいものを残さなかったのかな?」と伊勢氏はチームの内情を知り、唖然呆然となります。「若松まではやっていたが、古田ぐらいから薄れた。それが成績になって表れてる」と5年前から蓄積されたものが、現在の成績となっていると指摘したそうです。若松勉元監督は野村野球を継承してIDミーティングを続け、球団史上初となる4年連続Aクラスという安定した成績を残したが、古田敦也前監督はID野球と称されることを嫌がり、細かいミーティングを廃止します。巨人OBの高田監督で復活するはずもなく、いい伝統が途切れてしまったと記事にはありました。物事数学的では無理だと古田さんは思ったのでしょうか。伊勢氏は「テレビで観ていると、何をどう狙って打っているのか、伝わってこない。ただ凡打を重ねるだけで終わっている。少し勉強してもらおうかと思っている。“打ちたい、勝ちたい”だけじゃ、打てないし、勝てない。ヤクルトの野球はこうやるというものを野村さんは残して、強力な巨人にも勝てた。(今は)それじゃ巨人には勝てない。そりゃ10回やれば1回ぐらい勝てるかもしれないけど」と巨人に歯が立たない高田監督にとっては、耳の痛い話が続いたということです。古田さんはどう思っているかわかりませんが、復活してどこまで浮上できるか楽しみです。
http://news.goo.ne.jp/article/fuji/sports/zak20100524003.html

 今日も阪神が勝ちました(速報)。ヤクルトとは違って、勝って喜ぶファンは素晴らしいと思います。ところでその阪神が昨日のロッテ戦で打順を大幅入れ替えを実施したと夕刊フジが伝えました。この日試合直前、スコアボード上に阪神のスターティングラインアップが1人ずつ発表されるたび、スタンドからどよめきが起きたそうです。22日のオリックス戦から比べ、スタメン9人中4番の新井選手をのぞく8人もの打順がごっそり入れ替わる大胆策だったそうです。開幕から「1番中堅」だったマートン選手が、「3番左翼」と打順も守備位置もチェンジしました。不動の3番だった鳥谷選手が7番に“降格”し、ブラゼル選手も下位打線から今季はじめて5番としてクリーンアップ入りする大改造となり、良い結果を出しました。この日サヨナラ犠飛でヒーローとなった城島選手は「打順が変わっていたのでね。選手のやることは変わらないけど、『なんとかして勝とう』というのが監督から伝わってきている」と話したそうです。日替わり打線がいいものかどうかはとにかく、他の球団でもやるところがあればファンも喜ぶでしょう。
http://topics.jp.msn.com/sports/baseball/article.aspx?articleid=292387

 サッカーというと、昨日の日韓戦でしたが、韓国の猛攻で敗れました。スかパー払ってまでワールドカップ見るぞというサポーターもいますが、こういう負け方だとそりゃ岡田監督が進退伺を出してもいいのではと思いましたが、サンスポによると、日本サッカー協会の犬飼基昭会長に進退を伺った件について、冗談めかした発言だったと弁明したそうです。岡田監督は練習後の会見で「選手が付いてきてくれているのに投げ出すことは絶対にない」と昨日の憔悴しきった表情とは違い、晴れやかな表情で応えたそうです。岡ちゃん、さすがといいたいですが、本番では是非発揮してほしいものです。スかパーしかやらない試合は残念ですが、運がある地上波もBSも見てほしいです。
http://topics.jp.msn.com/sports/football/article.aspx?articleid=292439
ところでワールドカップにあやかってエグザエルがキャプテン翼とコラボすると日刊スポーツが伝えました。記事ではサッカーW杯日本代表応援ソング「VICTORY」を歌っていますが、HIROさんが編集長を務める雑誌「月刊EXILE」7月号はサッカー特集で、高校時代にサッカー強豪校でプロを目指した経験を持つパフォーマーAKIRAさんが翼と表紙を飾ることが決定したそうで、AKIRAさん、KENCHIさん、TETSUYAさんが「キャプテン翼」の作者、高橋陽一氏と対談し、高橋氏がエグザエルの絵を描いているそうです。AKIRAさんというとドラマで主人公の担任をしていますが、体操部の顧問よりもサッカー部のほうが似合いだと思います。「キャプテン翼」は現在、翼が名門バルセロナで活躍する姿が「週刊ヤングジャンプ」で連載されているが、今回は30周年を記念し「月刊ヤングジャンプ」6月号で「キャプテン翼特別編 LIVE TOGETHER」を掲載、翼の試合で、エグザエルがパフォーマンスしているそうで、こちらもAKIRAさんと翼が表紙になっているとありました。現在も連載が続いているのを見ると、途中でなぜアニメが終わったかすごく後悔しているでしょう。ちなみに現在はイナズマイレブンが放送中ですが、ワールドカップと共に視聴率も上がってくるでしょうか。
http://news.goo.ne.jp/article/nikkan/entertainment/p-et-tp0-100525-0004.html
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/inazuma/

 失恋レストランという歌があるように、振られて傷がつくと気持ちも切り替えないのではと思ってしまいます。未練もありますが、京都市中京区のフリーペーパー発行会社「SCRAP」が、失恋から3か月間、心の軌跡などをつづることで、立ち直りを目指す「失恋回復手帳」を作製、若者らの間で人気を呼んでいると読売新聞が伝えました。日々の記録を日記のように重ねていくことに加え、毎日の“元気度”を折れ線グラフで視覚化したそうです。会社のスタッフの間で失恋が相次いだのが、手帳作製のきっかけになったということで昨秋、オリジナルグッズを企画する際、大学で心理学を専攻していた代表が「失恋から回復するには自分を客観的に見つめることが効果的」と提案し、自らの内面と日々、向き合う手帳を考えたそうです。手帳は、左側のページが日記で、日付ごとに書き進んでいくが、折々に「窓を開けてみよう」「家でゴロゴロ過ごすのも、いいんじゃない」「とっておきの服で、出かけよう」と、気分転換を図る助言が差し挟まれているそうです。右側のページでは、「泣ける映画のおすすめ」や「快眠ヨガの方法」、「簡単に作れて、お腹いっぱい系レシピ」などを紹介しています。日記の欄外には「生きてるだけで丸もうけ」(明石家さんまさん)、「あなたが転んだことに興味はない。あなたが立ち上がることに興味がある」(リンカーン)といった具合に、含蓄のある言葉が多数収録してあるとあります。会社では若者約150人にアンケートしたところ、立ち直りまでの平均日数は122日という結果が出たが、手帳を通じて自分と向き合えば、それより少し早く回復が可能、と見立てたと記事は伝えています。失恋してさびしそうに日記をつけていくよりも、明るく楽しいことばかり書く人もいるので、次へ向けて頑張ってほしいです。
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20100525-567-OYT1T00231.html

 ハードディスクにたくさん保管する人もいますが、ダビングして大切に保管していつでも見てほしいものです。パソコンも例外ではなく、HDDのほかにも半導体ドライブ (SSD) というものもあるパソコンなども増えてきました。そんな磁気ディスクドライブとSSDの長所を備えた新HDD『Momentus XT』を発表したjapaninternet.comが伝えました。記事ではMomentus XTは2.5インチドライブで、2.5インチという形状はノートパソコン用だが、サードパーティ製の3.5インチベイ取り付けブラケットを用いれば、デスクトップ パソコンやサーバーでも利用できるそうです。開発した会社では数年前にも同様の試みを行なっているが、当時の製品は性能が低く、人気が集まらなかったそうです。定着したものしか買えないわけでしたが、Momentus XT の容量は250GB、320GB、500GB の3種類で、いずれも回転数は7200RPM だが、価格は同じ容量のSDDに比べ大幅に安いそうで、現在500GB のSSDが入手可能だが、価格は1399ドルにもなり、500GBのMomentus XTは156ドルだそうです。いろいろ保存して活用したいと思う人も、これで便利になりそうですが、日本でも発売できればいですね。
http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=292217

 最後は結婚観について。朝日新聞によると、20、30代の結婚しない理由は、男性は経済的理由が目立つのに対し、女性は生活スタイルが変わるのを嫌う傾向にあると2010年版「子ども・子育て白書」(旧少子化社会白書)に掲載しているようです。記事では昨年のインターネット調査をもとに、結婚しない理由を分析したそうで、男女とも1位は「適当な相手にめぐり合わない」だが、2位は男性の20代、30代がそれぞれ「結婚資金が足りない」「結婚後の生活資金が足りない」だったのに対し、女性の20代、30代は、いずれも「自由や気楽さを失いたくない」でした。経済面を心配する男性と、生活スタイルを重視する女性の違いがくっきりと表れたと記事は伝えました。一方、男性で配偶者がいる人の割合(05年)をみると、30~34歳では正社員が約6割なのに対し、非正規雇用は半分の約3割で、25~29歳も2倍以上の差があったそうです。早く結婚してという両親の声が聞こえれば、もっとトラウマになりそうですが、こういうアンケートの結果をみると、結婚観も変わればと思っています。
http://www.asahi.com/national/update/0525/TKY201005250093.html?ref=goo
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2010052500930.html
ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大変だ! | TOP | ポテトチップス、退場 »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤクルトに応援 (楽夢大喜(kitasun))
2010-05-26 08:44:18
ヤクルトは、なかなか、調子が上がらないので心配していたが、そんな事情もあったんですね。高田監督は好きな選手の一人だったので心配しています。これからの立ち直りを期待したいと思います。
●お願いがあります。ブログの背景(水色)に対する白文字は、見づらいので、できれば、黒文字になればありがたいのですが。
変更します (yiyiytity)
2010-05-26 22:41:13
見づらいので、またレイアウトを変更します。

高田さんですが、速報ニュースで辞任するそうです。今日も負けました。夕方までは否定とどこかと同様に迷走していました。
お礼 (楽夢大喜(kitasun))
2010-05-27 08:18:05
早速、レイアウト変更、ありがとうございました。高田監督、結局、辞任され、残念です。また、サッカーの岡田監督のニュースなども見ていて感じるのは、政治家の方がもっと責任が重いと思うのですが、ズルズルときているのが残念です。
Unknown (こむぎママ)
2010-05-27 09:24:56
ヤクルトの高田監督の辞任残念です。
岡田監督のこともあって責任の重さを感じました。
スポーツは勝ち負けがはっきりしていて辛いですね。
勝手に決めました (yiyiytity)
2010-05-27 21:00:32
今回のレイアウトは勝手に決めました。環境gooということで、グリーンで行きます。

政治もスポーツも責任もってやってほしいです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics