ウラとオモテの日記

私が見た裏と表の話を紹介する。今話題のニュースよりもあまり取り上げることの少ないニュースに注目します。

鬼がいそうなテレビ情報

2010年08月06日 23時00分37秒 | 番組あれこれ
 数ヶ月前に取り上げた渡る世間は鬼ばかりが10月から木曜の9時から放送されるそうです。テレビステーションによると、初回では宇津井健さんが80歳を迎得ることに気付いた泉ピン子さんたち姉妹でしたが、誕生日がわからないという話になりそうです。てっきりアイリスの後になると思いましたが、相棒との勝負を避けたのかなと思います。あえて「いつもの時間」に落ち着きそうです。ということで今日は久しぶりにテレビ・メディア情報から。
http://www.tbs.co.jp/oni/

 そのTBSはクイズタレント名鑑が今月から始まりましたが、以前引用した事のあるみのさんの息子がプロデューサーをしているウンナンのラフな感じで。が終わると先月のサンスポが伝えました。ウラ番組がお父さんだからと思いますが、この後がその鬼ばかりとなるため、強力なライバルになりそうです。
http://www.sanspo.com/geino/news/100708/gnj1007080502002-n1.htm

 また土曜8時からのドラマ枠も終わると同じくサンスポが伝えています。もこみちさんのようにTBSのハンマーセッションが実るかどうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100729-00000503-sanspo-ent

 今日は広島の原爆記念式典がありました。今年は国連の事務総長が出席するなど、大きな意義をもった式典となりました。中継としても完全に流したいと思っていますが、この後の番組が連続テレビ小説、それも戦争ともかかわりのある水木しげるさんと妻の生涯を描いたドラマだけに、苦情も多かったそうで、読売新聞によると、「最後まで見たかった」などとする苦情約100件が午前中、視聴者コールセンターに寄せられたそうです。ちなみに鳥取県を除く中国地方では8時58分まで放送し、バン・ギブン事務総長のあいさつも生中継したそうです。中国地方でも鳥取県だけは出身地だから見たかったと思います。しかし平和について考えている番組だけに、最後までするのが使命なのではないでしょうか。広島などではいつやったのでしょうか。ちなみに14家からの1週間が戦争関係の話です。
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/entertainment/20100806-567-OYT1T00572.html
http://www9.nhk.or.jp/gegege/

 連続テレビ小説と並んで大河ドラマも人気です。2012年は平清盛です。まんたんウェブによると、記者会見で磯智明チーフ・プロデューサーは「源氏に滅ぼされた“悪”というイメージを払しょくすることがドラマの狙い」と話し、柴田岳志チーフ・ディレクターは「(清盛という)生きのいい、はみ出した部分もある若造がはい上がって平家というファミリーを作って頂点に立つ(ストーリー)。平安時代版の(映画)『ゴッドファーザー』みたいな感じ」と物語のイメージを語ったそうです。ドラマは、平家の栄華と没落を描いた「平家物語」以前のエピソードから描かれ、清盛が瀬戸内の海賊退治で名をはせ、海賊を従え“海賊の王”となって京に上り、やがて日本の覇者になるという筋書きで、清盛死後の「壇ノ浦の戦い」までを物語にする予定だそうです。神戸などの兵庫県、広島県、瀬戸内の海など西日本が舞台になり、後白河法皇が1年を通じてのサブキャラクターとして登場、僧侶の西行が物語の重要人物となり、清盛の親友として夢を語り合う相手となるそうです。磯チーフ・プロデューサーは「舞台は900年前の平安末期。保元の乱と平治の乱が中盤のクライマックス。青年時代の後白河法皇(の様子や)、西行がどうして武士をやめて出家したのか。(清盛と)源義朝との友情、ライバル関係。なぜ最終的に壇ノ浦で戦わなければならなくなったのか。そういうものが大きな軸になっていく」と見どころを説明しています。平清盛のキャラクターについては「主役だから平和を愛したとか、いい人だったとかではない。権力者としての孤独やかっとうはきちんと描きたい。(物語中で)正義と悪が入れ替わる瞬間があると思う」と話したそうです。柴田チーフ・ディレクターは「先行きが見えない混迷の時代にさっそうと現れたヒーローを、今だからこそ描いてみたい。平家物語を超えた新しい清盛像を作っていきたい」と意気込んだそうです。まだ先ですが、どんな作品に仕上がるか楽しみです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000003-mantan-ent

 ところで現在の大河ドラマでは、真木よう子さんが全裸シーンを披露しているとゲンダイが伝えました。記事では寺田屋での入浴シーンをはじめ、龍馬との初夜、温泉での混浴などギリギリの露出に挑戦するというので、騒ぎにもなっているそうです。「次回8日放送は寺田屋で龍馬が入浴し、お龍が火をおこしているシーンがあります。先週の鹿児島ロケでは新婚旅行の温泉シーンを収録。9月5日放送の寺田屋事件はよくいわれている状況をどう演出しているかということになります。期待してください」と広報の人は話します。まだまだ龍馬の暗殺まで先ですが、いろいろ期待しているファンもいるでしょう。
http://news.livedoor.com/article/detail/4931201/

 この日曜日からテレ朝では日韓の合同ドラマを放送するとオリコンが伝えました。このプロジェクトは、国境を越えて感動を共有できる作品を目指して制作され、韓国では昨年11月、日本では5月に劇場公開され人気を集めたそうで、プロジェクトに参加した日本の脚本家は、北川悦吏子、尾崎将也、中園ミホ、大石静、横田理恵、岡田惠和、井上由美子さんの7名だそうです。中から選りすぐりの『楽園』(岡田惠和脚本)、『石ころの夢』(中園ミホ脚本)、『結婚式の後で』(横田理恵脚本)の3作品のを放送するそうで、ジェジュンさん主演『天国の郵便配達人』(脚本:北川悦吏子)の日本初公開となる貴重なメーキング映像も毎回放送されるとありました。身近な国同士の日韓両国のドラマにも期待は大きいです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000000-oric-ent

 渡辺謙さんがCNNに出ます。今回出演したのは、アジアのさまざまなジャンルで活躍する人物を毎回ゲストに招いてインタビューを行う番組「トーク・アジア」であるとシネマトゥディが伝えています。過去にはオスカー俳優のケヴィン・スペイシーさんや北野武監督など世界的な有名人が多数出演しており、世界に認められた渡辺さんが満を持しての出演となるそうです。現在公開中の映画『インセプション』では、物語の鍵を握る人物・サイトーを演じており、その存在感は共演のレオナルド・ディカプリオさんに「国宝になるべき」と絶賛されるほどだそうです。今までもオスカー候補に挙がるなど海外での評価も高かった渡辺さんだが、テレビで世界に向けて放送されるトークショーに出演することで注目度が上がることは確実だそうで、早くもオスカー候補との呼び声も高い映画『インセプション』だけに日本人としては期待したいと記事にはありました。ケーブルテレビなどで見たいと思う人もいますが、その人にはぜひお薦めしたいです。8月の予定です。
http://news.livedoor.com/article/detail/4930161/

 某人形劇での主演が記憶に新しい池松壮亮さんがNHKの特集ドラマに出演するとサンスポが伝えました。愛知一中(現愛知県立旭丘高校)を舞台に、戦争に打ち砕かれた少年たちの夢や希望を描いた実話に基づく物語だそうです。役作りのため、存命の一中生に取材したといい、「戦争を知らないだけに、感情の出し方など1カ月弱の撮影は毎日毎日が苦しかった」と振り返ったそうです。NHKと縁がある彼だけに、どのような作品に仕上がるか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000043-sanspo-ent

 テレビ情報最後は、先日張さんとサンデーモーニングで対立した江川紹子さんですが、夕刊フジによると、番組を正式に降板したそうです。記事ではツイッター上で、「8月ですが、まだ復帰しないんですか?」と問われると、「張本さんがお出になっている間、私の復帰はない、とのことです。数日前、正式に通告がありました」と明かしたそうで、、「実質的には降板『させられた』みたいなもんですね…」と同情する声が寄せられると、江川氏は「私の代わりはいくらでもいる。私は、その程度のことしかできなかった、ということ。ちょっとガッカリしたけど、これを機に、もっといい『仕事』をしていこうと思う」とも、つぶやいたそうです。降板は残念ですが、和解はできるはず。ちゃんと努力していい報告ができるようにしてください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000019-ykf-ent

 このブログでも取り上げたマルチメディア放送ですが、ここにきて「今からでも、2社でやってもよいのでは?」という発言が出たとダイヤモンドオンラインが取り上げています。記事によると、3日の夕方、夏の日差しが照り付ける永田町の衆議院第2議員会館地下の会議室で、民主党の「情報通信議員連盟」が主催するワーキンググループが開かれたそうで、総務省が主導して検討が進められている「携帯端末向けマルチメディア放送」の事業者選定問題に関して、“政治主導”を標榜する民主党の議員(有志)による関係者ヒヤリングだったそうです。たった1つの認定枠をめぐって争うNTTドコモと、KDDIの両陣営のトップ以下の幹部がずらりと顔を揃えたばかりか、総務省の担当者も議員会館に呼ばれていました。2009年の秋から始まった携帯マルチメディア放送の議論は、2011年7月にテレビ放送が地上デジタル放送に移行することにより、アナログ放送の周波数帯域の一部に“空き”が出ることを受けて、過去に「放送」の領域で使用してきた電波を「通信」の領域に転用することで有効利用してもらおうという構想だったそうです。この問題がややこしくなったのは、当初は2社だった認定枠が、帯域幅の狭さ(高速大容量のデータ通信では十分なサービスの実現ができない可能性がある点)を理由に、1社に減らされたのである事でした。そのたった1つの認定枠をめぐって、ドコモと国内放送局や総合商社などが中心の「マルチメディア放送」陣営と、KDDIと米クアルコムが中心の「メディアフロー陣営」によるガチンコの“一騎打ち”に発展したそうです。総務省の担当者は、「どちらの方式も技術的な水準を満たしている」という公式見解を繰り返してきたが、最終的には、官僚がどちらかを選ぶという格好になるので、両陣営とも一歩も譲ることがなかったと記事にはあります。「なぜ、事業者の参入枠を1つにしたのか?まったく考え方が違う両陣営の優劣を、(実質的に総務省がコントロールしている)電波監理審議会の場で判断できるのか?将来に禍根を残すことにはならないか?」とある議員は話しました。別の議員は自らの官僚時代の経験を挙げながら、「官僚は恣意的にモノゴトを決める。だが、責任は取らない」などと述べたそうです。総務省の担当者は、枠が1社に絞られた理由について、「インフラ投資が二重になる」「端末側もどちらか一方式しか視聴できなくなる可能性がある」などと説明してきたそうで、“地デジ跡地”の周波数帯域は狭いようですが、狭さだけが問題ではないのだ。独占によって秩序を維持する、という独特の考え方によるものといえるそうです。この日のヒヤリングでは、地デジ転換以降のローカル放送局の救済(既存の設備を利用して設備投資負担を減らす)を視野に入れていることで優勢とされるドコモ陣営が「あくまで1枠」を主張するのに対し、愚直に通信の技術論争に固執して躓いたKDDI陣営が「2枠でも構わない」と態度を軟化させたことだったようです。どのような決断をするか、将来の放送のためにも、早く決めてもらいたいです。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100806-00000002-diamond-bus_all

 明日から高校野球です。近隣校同士の試合もありますが、いい対戦は互角で戦ってもらいたいです。さてリアルライブでは大阪代表の履正社のことが取り上げています。4回戦ではPL学園と対戦しましたが、この両校の激突は、延長10回表、履正社の主将・江原祥太内野手の一打で決まったようです。PLの勧野甲輝一塁手も注目していたようで、彼は1年生から4番を任されることもあり、「清原2世」とも呼ばれた“プロ注目のスラッガー”でした。高校野球ファンなら覚えていると思うが、甲子園行きを果たした昨夏、彼は極度の不振で大阪府大会からベンチ入りできなかったそうで、「最後の夏」に賭ける思いは人一倍で、履正社との試合では久々に「4番」に入ったが、ノーヒットに終わります。「プロでやりたい気持ちはあります」と勧野選手は試合後話しました。『プロ志望届』を提出し、ドラフト指名を待つ気でいるようだと筆者は書いています。しかしOBのプロ野球選手に聞いた限りでは「今の力では(プロでやっていくのは)厳しい」と否定的な声の方が多かったようで、記事の中では、学校の授業終了後に行われる練習は基礎体力と基本練習の確認であって、その時間、量は他の名門私立高校と比べても短いそうで、練習メニューも一般の公立高校とほぼ同じで、授業終了後から3時間弱で切り上げられるそうです。特殊なのは夕食後の『個人練習』で全てが決まるというもので、PL学園の球児は夕食後、先を争って室内練習場に向かい、寡黙にバットを振る者もいれば、同僚にノックを打ってもらい、守備練習に時間を費やす者もいるそうです。個人練習のメニューは人それぞれだが、時間にして3時間強、『全体練習』よりも長い、誰かに強要されたのではなく、仮にサボッたとしても、咎める者はいないようです。たとえば、全体練習で指導者が打撃フォームの修正点を伝えたとし、それを『課題』とし、『個人練習』を克服していくのであるそうです。本当に私立学校はすごいことするなと思います。私はPLを「野球界の東大」といいたいです。勧野選手、是非プロで待っているからね。
http://news.livedoor.com/article/detail/4931447/

 お盆も近づいていますが、そんな中、寺が破産したと読売新聞が伝えました。記事によると、福井県の宗教法人で、負債総額は約3億3900万円となっています。この寺は浄土真宗東本願寺派の寺院で、1953年に法人化、2005年に骨つぼをコンピューター管理する自動搬送式納骨堂を整備したが、契約者数が伸び悩み、経営が悪化、07年には納骨堂が施工業者に差し押さえられたそうです。お寺も破たんの時代となりましたか。骨を惜しむことをしても、いずれは無くなるのかな。
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20100805-567-OYT1T00233.html

 最後はSMAPの稲垣吾郎さんがあるバラエティー番組でAKB48劇場を訪問する話が放送したと日刊サイゾーが伝えました。AKB48の秋元才加さん、宮澤佐江さんのナビゲートで劇場に入り、壁掛け写真から"推しメン"を決めた稲垣さんらは、ロビーでヲタ芸のMIXを打つなど大盛り上がりでしたが、いざ客席に入ってみると、ステージにはAKB48メンバーではなく、森三中、ハリセンボン、木下優樹菜さんがおり、「会いたかった」を振り付きで披露したそうです。さすがお笑い軍団はいい味出しているな。選抜1位の大島優子さんと大島違いの森三中・大島美幸さんは総選挙での優子の言葉をパロディー化して発言したそうで、その後、稲垣さんらがステージに上がり、この曲を即興でパフォーマンスしたそうですが、この内容が賛否両論を巻き起こし、一部のファンたちは激怒してしまったようです。Twitterで番組への"ダメ出し"を受け入れている『G.I.ゴロー』プロデューサーに怒りをぶちまけ、両者が次のようなやりとりを行ったようです。
ファン「あれを面白いと思って台本書いたスタッフ、どんな番組を作ってきた奴なんだかwどういう感性を持ってるんだか」
プロデューサー「大変恐縮ですが(稲垣らが)舞台上に上がったのは台本ではありませんよ。どういう感性といわれましても、悪ふざけのつもりでは作っておりませんので」
ファン「『悪ふざけのつもりでは作っておりません』だってw じゃあどういうつもりで作ったんだろうね?w」
プロデューサー「悪ふざけで作ってるつもりはありませんが、万人が万人に喜ばれる番組を作るのは至難の業です。我々の茶番劇がお口に合わなかったようで残念です」
ファン「苦言を呈しているファンも愛ゆえですので」
プロデューサー「もちろん出演者それぞれのファンの方の気持ちは重々承知しているつもりですが、全員が全員喜べるものが作れないのがテレビ番組制作のもどかしさ(涙)どうぞ長い目でご覧いただけるようお願いいたします」
こんなやりとりじゃ、ファンは怒っても仕方ないです。関東の人は見てどのように思ったでしょうか。それ以外の地域には何も分からずに、記事を頼みにしないといけません。他にもAKB48冠番組『AKBINGO!』(日本テレビ系)の前身番組『AKB0じ59ふん!』の企画で、バッドボーイズの佐田正樹さんが劇場公演に乱入、ダンスの特訓に挑んで「ロマンス、イラネ」をステージで踊ったことがあるが、その際に佐田さんは「なめてたんです、AKB48って糞アイドルグループを。でも練習してみて分かりました。このダンスはすごい。これ踊れるのはすごいよ」と明かしたそうですが、アイドルを蔑視するパブリック・イメージそのものであり、メンバーと同じダンスを経験することで意識が変わったというのは、AKB48のみならずアイドルグループが行っているパフォーマンスがいかに日頃の努力の賜物であるかを裏付けたと伝えています。企画とはいえ、番組を盛り上げるのはこれしかなかったというのは残念でなりません。この番組もTBSです。この番組もハンマーセッションの対象になりそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/4929950/
ジャンル:
ウェブログ
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海での不覚 | TOP | 遅い依頼 »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
名器ってホントにあるのな!笑 (ジェームス)
2010-08-07 02:36:40

お●ぬこの中のヒダヒダだけでもやばかったのに
根元からキュウって絞られたら、ガマンとか絶対無理っすよ!(><)

ぶっちゃけ5発くらい中出ししちゃったしな!!
あんな名器味わったら、もう普通のお●ぬこじゃ満足できないって!!笑
http://umstfio.mugi.zozozoi.net/

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics