機微談語[きびだんご]

心の動きや物事の微妙な趣を徒然なるままに…。初めての方は注意事項もお読みください。

2017世界ジュニア選手権

2017-03-19 14:23:09 | スポーツ
女子では、日本から


本田真凜ちゃん 坂本花織ちゃん 白岩優奈ちゃん


の3選手が出場しました。

どの選手もシニア参戦が楽しみになる選手です。


特に、真凛ちゃんは連覇がかかるプレッシャーの中、

SP(68.35)、FS(133.26) 共にほぼ完璧な演技で

自己ベストの201.61を更新しました


ただ、残念ながら、

ジャンプをすべて1.1倍になる後半に組みこんでいた

ロシアのアリーナ・ザギトワに優勝は譲ってしまいました。

SP 70.58 でトップに立ちましたが、

これが自己ベストじゃないことにビックリです

FS 138.02 と合わせて 208.60 は自己ベストで、

ジュニアの歴代最高得点を更新しました。


3位には、坂本花織ちゃんが入りました

 SP 67.78  FS 127.76 で、195.54 と、

こちらもノーミスの自己ベスト更新です。



4位には、韓国のイム・ウンスが入りました。

こちらも自己ベストの 180.81( SP 64.78 FS 116.03 )です。



白岩優奈ちゃんは、FSでの転倒が響いてしまい、

 174.38( SP 62.96 FS 111.42 )の5位でした。



1位から4位まで、自己ベスト更新という、レベルの高い試合でしたね。

しかも、1位、2位は200点超えの高得点です。

言われなければ、ジュニアの試合だと気づかないかもしれません。

彼女たちがシニアに上がってきたらと思うと、とても楽しみです
『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルガルベカップ 2017 | トップ | 田舎のヒーロー? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。