機微談語[きびだんご]

心の動きや物事の微妙な趣を徒然なるままに…。初めての方は注意事項もお読みください。

ロシアW杯アジア最終予選 イラク戦A

2017-06-14 13:32:20 | サッカー
イラクは国内情勢が不安定なため、第3国のイランでの戦いになります。


立ち上がりから、日本のペースで試合を進めていきます。

大迫のキープから原口がシュートしたボールは、

GKが弾いてCKになりますが、

前半8分、このCKをホンダが蹴り、大迫が頭で合わせて先制します。


前半15分を過ぎたころから、

少しイラクの時間帯になっていたような気がします。


前半28分頃には大迫がドリブルでペナルティーエリアに持ち込み、

相手DFに倒されますがPKにはならず、

失点しそうな気がしてしまいました。


前半30分に給水タイムが取られたので、

辛うじて悪い流れは断ち切れたかなと思います。


前半終了間際に原口が競合いで

相手選手と頭同士をぶつけて倒れてしまいます。

頭なのでちょっと心配ですね。


前半は1-0で折り返します。


後半の立ち上がりは、ちょっとイラクペースかなとも思いましたが、

徐々に日本もリズムを掴んできます。


後半10分過ぎくらいに井手口が地面に後頭部を打ち付け退場します。

今野が交代の準備をしますが、なかなか入れず9人で耐え、体力を消耗します。


後半27分、ゴール前の混戦から同点に追いつかれます。

最初は、川島と吉田の単純な連係ミスだと思ったのですが、

リプレイを見ると、ちょっと違うのかなとも思いました。

こぼれ球を川島に任せようと

ガードしていた吉田が相手選手に後ろから押されバランスを崩し、

川島のキャッチを邪魔してしまったところを押し込まれようにも見えます。

でもその前からしっかりケアできていれば、よかったんですよね。


日本は、酒井宏樹が立ち上がれなくなり、

最後の交代カードを酒井に使わなくてはならなくなりました。

ただ、解説でかなり前から足を引きずるようにしていたと言っていたので、

ベンチ前でプレーしているのだから、誰かは気づいていたと思うんですよね。

それなら、元々、膝の調子が良くないのはわかっていたと思うので、

倉田を原口と交代させるより、

先に酒井を交代させて様子を見るという選択はなかったのかなと思いました。

そうすれば、倉田を足を引きずっている久保と交代させることもできたのに・・・。


このまま 1-1 の引き分けで勝ち点1を取りました。

勝ち取ったというよりも勝ち点2を失ったという気分です。

残りの対戦を考えると、勝ち点3を取っておきたかったです。

できれば前半のうちに追加点がほしかったですね

『自滅の失点』ではなく、『追加点が奪えないという自滅』のような気がします。

あと2試合、かなり厳しい試合が残っていますが、

少し日数が開くので、修正と調整をして臨みたいですね。
ジャンル:
ワールドカップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ころたん 5 | トップ | ころたん 番外編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。