Fly into the next stage , never surrender !

~さらなる高みへ~

9/17(Sat) アクトスリレーマラソン

2016-09-18 20:35:10 | RACE
7:50 ナゴヤドーム
6時間男子の部 2位
八田-川合(晃)-<平岩>-鈴木(孝)-倉地-倉内-井上-神-水野-川口

コース下見は1周。
10:00スタート
2km×6本

 4本目、5'59"。と思っていたが、スタート直後にウォッチの押し間違いがあって、+9"の6'08"。(帰宅してウォッチを見直すまで5'59"とばかり思っていた。)ラップを取ってはいたがチームメンバーのラップが拮抗していて、どのラップが自分のものかわからなくなる。多分、6本中、最初の1本が6'23"、2本目が6'13"、3本目が6'09"、4本目が5'59" 6'08"、5本目が6'13くらい?、6本目6'06"くらいだった気がする。
 屋外のコースレイアウトが変わり、昨年より距離が短い印象。練習量では昨年のほうが明らかに走れていたので、今年はあまり記録を狙っていけないと思っていた。先週の八ツ面4.8kmTT以降、今週2回の平日朝60分間走で、付け焼刃的な調整。2kmなら突っ込んでもギリギリ誤魔化せそうな距離なのでなんとかなる。ジワジワと疲労感がたまってきた4本目で6分を切れて(勘違い)、5本目に臨んだが、タイムを上げられない。1km表示の通過で10秒くらい遅い。42kmの部が終わってコースは空いてきたのに。動きの感覚はまずまず。むしろ去年よりスムーズに動いている気がする。体が硬い分、剛性があるのでポイントを押さえて接地すれば大きな反発を受けてストライドも伸びるはず。コース取りのためにも普段より視線を遠目に置いて早め早めにコースを決めていく。前傾・腰高・大きく前方への腕振り・速いピッチ・深い呼吸。4本、5本と走っても、後半失速した感じはしていない。コース後半は5本とも似たようなラップで走れているので、ってことは前半で思いっきり突っ込んでしまえばその流れで最後まで行けるはず。タスキを付けたらペースを上げる。

1本目で中継時間に中継エリアにいなくてタスキを受け取らず。もう1周待ってスタート。想定外の2周を走ってもらったのと、探していた時間とで40~60"はロスを作ってしまった。全然取り戻せていない。この差が響いて、優勝チームに1周以上の差をつけられてしまった。
KAKERUの今回のメンバーは後半、6分10秒台あたりで皆拮抗したタイムを出していただけに、最初から狙っていけばトップ争いができたかもしれない。


計 15.0km
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/16(Fri) | トップ | 9/19(Mon) 豊川記録会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

RACE」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL