Fly into the next stage , never surrender !

~さらなる高みへ~

12/18(Sun) 第1回おかざきハーフリレーマラソン

2016-12-18 23:59:59 | RACE
7:00 起床
朝食
8:10 出発
9:05 岡崎中央総合公園

練習の一環。朝60分間走か8.1kmを走ってから向かおうと思ったが、起きられず。弱い。

藤墳先輩に誘われ役所の建設関係の部署のチームに混ぜてもらいました。
4人で回して男子の部2位。優勝は矢作中OB、9人で回していたので善戦できた方か。
男女混成の部は岡崎北高OBOG、職場の部は徳山くん河内くん朝倉さんたちのMAEが優勝。


第1回おかざきハーフリレーマラソン
男子の部
ぴーちピチ 2位
井上-石川君-藤墳先輩-長坂さん

■UPjog 22'39"
独りのjogでは足取りが重かった。コースを下見しても、細かいコーナーとアップダウンが連続して足首に悪いコース。不安しか残らない。藤墳先輩とjogをして少しはペースアップ。

11:30スタート
■1.5975-1.5-1.5-1.5km
4'45-{r15'15}4'50{r15'45}4'42{r15'42}4'43

 ランシャツ+ランパン+手袋。アームウォーマーやサングラスは無し。アクトスのように長丁場ではないので、カーボショッツは使わず水給水のみ。70チームくらいが同時スタート。1列に15人ずつ数列になってスタート。自分は3列目の中ほど。優勝候補?の矢作中OBや岡北OBは前。M菱のK内君は2列目のアウト側。スタート。思ったよりも出にくい。コースが塞がれて位置取りが難しい。インやアウトに逃げて空きスペースを探す。スタートして150m過ぎ、野球場を出ていく時点で6番手くらい。K内君には10月駅伝強化では10000mで2周抜かれたが今日はそこまで狙って走らないと事前に宣言してくれていたので、ここで抜いて行く。先頭集団はハイペースで突っ込んでいるように感じたので無理に追わず、徐々に詰めていくことにする。下って上って、土のグラウンドへ。手前のカラーコーンで曲がるように誘導される。奥まで行くものだと思っていたので少し動揺。すぐに落ち着いてここから徐々に詰めていく。ピッチは廻りの選手に合わせてストライドを広げて差を詰めていく。1人2人抜いて、4番手に。野球場裏の登りで先頭を射程圏に捉える。1区で走るなら最後に突き放して単独トップ中継を思い描いていたが、意外と混戦。足にも悪いから突発的な動きもしたくない。大差でなくてもいいからセコくいって最後に競り勝とう、と半ば妥協。野球場に入るところで2番手に上がる。先頭は岡北OB。どこで前に出ようかと迷いつつ、コーンでの折り返し直前で抜いてトップに立つ。が、折り返し直後に差し返される。再度出ようと思ったがロングスパートだったので付けない。自分が先に根負け。1,2秒遅れの2番で中継。手元で4'45"。+0.975kmがあることを考えたら意外と速かった。このくらいで走れるんだと自分で少し驚く。10,11月の状態から見たら実力以上のペースで走ってしまった感覚。練習にしてはかなりいい刺激を入れられた。
 4人で回しているのでリカバリーは15分少々。2本目は息が上がっていてペースが上がらない。抜かれはしないが、前に見えるランナーを逃がしてジワジワ詰めていく感じ。一気に詰め寄って抜き去ることができない。更に土のグラウンドでは奥の方まで誘導された。手前で曲がるのは1周目だけだったのか。登りもグダグダ。下りでもペースが上がり切らない。動きが重いと自分で気付くほど。でも終始できずに中継。4'50。1本目の方が100mくらい長いのに2本目の方が遅い。…まだスタミナ不足、露呈。
 3本目。流石に2本目のようなグダグダな走りはできないので、少しは集中して走る。手元で4'32。よしよし、と思っていたら走っている最中にラップボタンを押してしまっていたらしく、正確には4'42"。ああ、そんなものか。なかなか厳しい。
 4本目。藤墳先輩がラスト3本目でスパートをかけたのに触発されて自分もラスト1本に集中。全体トップの矢作中OBは既に最終ラップに入っている、1周強の差を付けられている。うちと同じように4人で走っているM菱も前を行っている。長坂さんからタスキを受け取って早いピッチでスタート。前のチームを抜いて行く。2,3本目よりは持ちこたえて走れたが、最後の最後でスパートがかからずラップタイムは3本目を越えられなかった。このペースでこの走りが今の上限。それが分かったことが今日の収穫。最終走者石川君がラストで岡北OBOGに競り勝って、全体3着、部門2位。


■Downjog 公園内
帰宅してからもう一度走ってもいいが、折角来たのだから公園の奥まで行ってみる。
案内看板を見て、奥の太陽の丘駐車場まで。高原のような感覚をイメージしていたが、案外山道。平原の山奥や東山万歩よりもキツいが、動山よりは緩い。アキレス腱に不安を抱えた状態で走るにはちょっと無理をしたが、時間をかけてゆっくり走った。
往復の走行時間合計、66'37"。



18:00~
碧南陸上協会の忘年会

計 22.6/5+6.0975+66.6/7=20.1km
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12/17(Sat) | トップ | 12/19(Mon) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

RACE」カテゴリの最新記事