いーちんたん

北京ときどき歴史随筆  翻訳者・東 紫苑(あずま しおん)のブログ

『紫禁城の月』作者・王躍文氏、偽物に閉口

2016年11月02日 16時22分15秒 | 『紫禁城の月』雑感とメディア動向
『紫禁城の月』の著者、王躍文老師の楽しい微博(ウェイボー、中国版ツイッターのようなアプリ)の記事をもう一つ~。


特殊なお国事情ですが、さまざまな形式の海賊版に苦労されているご様子。

なんと勝手に王老師の名前を偽語った、「身に覚えのない」小説が出版されているそうな!!(目が点)
偽小説のタイトルは「市長情人」(市長の愛人)。


当世の官界の裏を暴く王老師の作風に如何にもありそう?? と思わせる設定ですね。

王老師「私には『市長の愛人』なんて素晴らしい小説が書けるわけがありません。(知らせてくれて)ありがとう友よ」
とのコメント、ナイスです(爆)。

有名になると、さまざまなご苦労があるのですね~。


 



『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『芸術新潮』2016年11月号に... | トップ | 全記事の古い順 一覧表Part2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。