ひまわりの種

毎日の診療や暮しの中で感じたことを、思いつくまま書いていきます。
不定期更新、ご容赦下さい。

やまなみを越えて

2017年03月11日 | 東日本大震災
今年もこの日が巡ってきた。

特別な日だけど
大げさに特別扱いにはせず
今日もわたしはいつも通り過ごす。
それがいちばんの供養であり復興につながると信じているから。





写真は阿武隈山地と福島盆地。
画像ではわかりにくけれど、
画面中央付近のずっと奥に、天王山(日山)がうっすら見える。
そのふもとは浪江町津島、父のふるさとだ。
このやまなみの向こうには太平洋が広がる。


夫が富岡町に単身赴任していた頃、
子ども達を車に乗せてあの山々の峠道を何度となく往復した。
富岡町には東京電力のエネルギー館というのがあって、
子ども達はそこで遊ぶのを毎回楽しみにしていた。
天神浜のアスレチックにも行ったっけ。
広野町の火力発電所の近くの公園の長い滑り台も大好きだった。
富岡町に行く途中、山木屋にあるグリーン牧場では必ず休憩して、
アイスクリームを食べた。
山木屋牛乳も美味しかったな。


父が生きていた頃、子どもの頃に天王山に登ったことをよく聞かされた。
阿武隈山地では一番高い山だということ。
山頂からは太平洋が見えること。
いつかひまわりも登ってみるといいと言っていた。
でも、わたしは天王山には一度も登らないまま、震災になってしまった。


父は双葉町の旧制中学を出た。
今はいわき市で新しい高校に統合されてしまったが、
父の母校の校歌や応援歌は何度も聞かされ、
卒業生でもないのにわたしもほとんど覚えてしまった。

 (校歌) ♪楢葉標葉(ならは しねは)の いにしえの
       名も遠きかな 大八州(おおやしま)
       その東北(ひがしきた) ここにして
       天のめぐみは みちたれり

 (応援歌)♪東太平洋の潮をあび 西阿武隈の風を受け
       鍛えに鍛えし この腕(かいな)
       振るえ双葉の健男児

わたしの母校じゃないのに、
今この歌を口ずさむと目頭が熱くなる。

父の生家は貧しくて、
祖父母が苦労して兄弟姉妹たちを学校に通わせ一人前にしてくれたという。
当時の双葉地方の貧しさは現代のわたしには想像もつかない。
貧しさから脱却するために、
一家の大黒柱のお父ちゃんが出稼ぎにいかなくてもいいように、
原発を誘致したことを責めることは、わたしにはできない。
時代は少し違うけれど、
わたしが子どもの頃に暮らしていた茂庭の同級生たちにも、
冬になると出稼ぎに出るお父さんがいたから。
後出しじゃんけんなら誰だって勝てる。


どうか
彼の地の人たちに
いつの日か必ず、かつての営みが戻りますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行雲流水

2017年01月01日 | 日々のつぶやき
「行雲流水」とは
 空を漂う雲や流れる川のようにとどまることなく自然の流れに逆らわず、
 自然体でいること。
 自然の移り変わりにに任せよどみがないこと。



  写真はある秋の日の茂庭・摺上ダム上流
  この湖の底にわたしの暮らしていた家が沈んでいる。



また、新しい年が明けた。

昨年わたしは、何をしてきたたかな。
どう暮らしてきたかな。

この頃とみに、日にちが過ぎるのがあっという間のように感じる。
年齢を重ねるほどに、やらねばならぬことが増え、
それはすでにわたしの許容量をはるかに超えているにもかかわらず、
なにも整理できないまま年を越してしまった。

わたしは小さい頃からちょっと変わった子どもだったと思う。
だから

 人と違っていてはいけない
 みんなとできるだけ仲良くしなければいけない
 みんなからできるだけ嫌われないようにしなければいけない

こう思ってずぅっと生きてきた。
そのおかげでいいこともたくさんあった。
思うように振る舞うことができず失敗することは今もたくさんあるけれど。

リアルひまわりを知るひとたちは、

 えっ? それで努力してるつもり?

って思うだろうとは容易に想像がつくけど(苦笑)、
はい、これでも精一杯なんです。


でも
さすがにもう、いかさか疲れてきたかな。

だから、今年から少しずつ、
できないことはできないと勇気を持って伝えたい。
わたしの時間を、わたし自身を、もっと大切にしたい。

わたしなりに頑張ってきたから、
「おおやけのひまわり」は少しずつフェードアウトしていきたいな。
今年はその初めの年にしたい。
もちろん、わたしにとって大切なこと(仕事も含めて)は続けるけど。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆりもどし・2

2016年11月24日 | 東日本大震災
おとといは、久しぶりの大きな地震だった。

やっぱり地震は怖いなぁ・・・。



最近、横浜に自主避難したお子さんの手記の記事をあちこちで見かける。
テレビでも新聞でもネットでも。

自主避難だから、避難指示命令での避難とはちょっと違う。

わたしの父の実家は浪江町津島で、父の兄弟姉妹は12人もいるから、
双葉にも浪江にも小高にも富岡にも親戚がたくさんいる。
みんなそれぞれ避難している。

たしかに、避難している人たちにも色々な人がいるのは事実。
いろんな人がいるから、
言われたくないことまで言われてしまう原因を作っている側面があるのも事実。
でも、そういう人たちばかりじゃないのも事実だ。

だからこそ、「福島からの避難者」とひとくくりにはできない。

でもそんなことは関係なく、

いじめることは、どんな理由でもいけない。

たぶんこれは氷山の一角だろうと思う。

釈然としないのは、
まるで鬼の首でも取ったかのように一斉に
学校や行政の責任を糾弾するかのような記事をどのメディアも書いていることだ。

そもそも「福島だから・・」と誹謗中傷を受ける原因の一因となるような、
誤った情報をこれでもかと垂れ流したのはどなたでしたっけ。
そのために無用な偏見を生んだと言っても過言ではないと思う。

今でも耳にする両論併記、
これ、本当に正しいのですか? と言いたい。
正しい情報・理論と、誤った情報・理論(の解釈)を
1対1の割合で呈示することが、本当に正しい報道の在り方なんだろうか?
いや、むしろあの当時は誤った情報9割、
まっとうな情報はほとんど見なかったように思う。

だから、
誤った情報を多くの人たちが信じ込んでしまったがゆえのいじめ、
じゃないの?
これは、周りの大人の責任でしょう?

あの当時
本当にまっとうな情報を記事にして下さったメディアはあっただろうか?
今に至ってもなお、誤った情報のまま突っ走っている週刊誌などがある。
最近はそういう記事を目にしてもばかばかしくて腹も立たなくなっていたけれど、
今回の手記報道に関しては、
久しぶりに当時のあれこれを思い出してむかっ腹が立っている。


ここまで書いてきて、ふと気付いた。

今年の3月に、IAEAのセミナーがあって、
福島県の小児科医としてのリスクコミュニケーションの試み、
というテーマでお話しをさせていただいた。
あ。もちろん日本語です。(同時通訳の方がいらした)

セミナーが終わってから、ある先生から個別に質問をいただいた。

 あなたはどうしてこんなに一生懸命なのですか?

と。

予想外の質問だったので咄嗟にはうまく答えられず、
自分でもよくわかりませんが、使命感、みたいなものでしょうか?
と、苦笑いと照れ笑いを交えて答えたのだけれど、
もちろん、使命感が心の奥底にはあるのは本当だけど、
わたしを今まで突き動かしているのは、

理不尽なことへの、静かな怒りだ。

う〜ん・・・。
活性酸素溜まる一方かも・・・。苦笑。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋ぎらい?!

2016年10月25日 | 日々のつぶやき
時々お訪ね下さっている皆さま。
もうすっかり秋〜初等の気配ですね。
ここ福島は、朝晩の冷え込みが くうぅぅ・・・ とからだに凍みます。

でもわたしは、そこそこ元気でした。

なんの脈絡もありませんが・・・、唐突に、久しぶりの投稿です。

   ・・・・・・・・・


ネットサーフィンしてたら
こんなタイトルの記事があったた。

「名古屋嫌い」真相はこれだったか…「本当の田舎ならシャレにならん」叩いても『いじり』で済む立ち位置
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00000007-withnews-l23

ううむ・・・。
これはどういうことか。
この記事の結論は良い具合にまとめてはいるけど・・・。

わたしが12年とちょっと暮らしていた印象としては、
名古屋(愛知県)の方々って、自分とこの静かなプライドは結構あって、
実際、信長。秀吉・家康を輩出した地元、としての誇りは相当高かったように思う。
たしか今も「名古屋まつり」で「三英傑」の行列があるはず・・・。

でも一方では、

 信長は天下めざして名古屋を出てあっけなく殺されたし、
 秀吉は大阪に行ったし、
 家康は江戸に行ったし、
 みんな名古屋を捨てたんだヮ・・・。

・・・という話をかつて名古屋に住んでた頃に地元の友人が言ってたことがあって、
単純に戦国時代の名残がそこここにある土地に畏敬の念を持っていたわたしは、
その自虐的な考えにとても驚いたことを覚えている。

地元の人の地元への感想と、他の地域の者のその土地への感想とは、
必ずしも一致しないことはあるしね。

そもそもこの調査も東京・大阪・横浜など主要8都市での調査だそうだから、
あまり意味はないのかも。

わたしは名古屋大好きだよ!!





コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あさイチ in 東北・福島

2016年07月29日 | 東日本大震災
番組表で気になっていたので録画しておいたNHK「あさイチ」を観た。

土湯温泉の復興・復活への取り組みや、
会津の仮設にいらっしゃる方々の様子などが収録されていた。
そして、福島県の高校生の取り組みもかなりの時間をさいて紹介されていた。
その取り組みとは、
その高校の「放射線班」の活動として、
地元の信夫山の放射線量を測定し、
小さなお子さんを持つ親御さんに健康影響はとても低いことをお伝えしたり、
国際学会でプレゼンテーションをする、etc.
高校生と一緒に南相馬市立病院の坪倉先生も出演されていた。

やるじゃん、福高生!
早野先生のTwitterなどでは活動を知ってはいたけど、
日頃ネットに接していない世代の方々へのアピールにはなったように思う。

キミたちが大人になる頃には、
もっともっと福島がよくなっていって欲しい。

わたしも、気力が続く限りは頑張るから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加