京都市会議員 平山よしかずの日々前進。

京都市会議員(西京区)『平山よしかず』の奮闘記。活動をいきいきと、思いを正直に、綴ります。

10年目の議員活動報告

2017年02月20日 15時06分20秒 | 日記
2月18日(土)、公明党京都府本部議員総会の席上、最近の自らの活動を「活動報告」させていただきました。
振り返れば、2007年4月に初当選させていただいてより地方議員として10年になろうとしています。初心にかえる良き機会と捉え、原稿を幾度も推敲し元気よく発表しました。
地域のなかで友好と信頼をひろげ、結果として「公明党」と「平山よしかず」への支援の輪を拡大できた! 手応えのある活動に徹してまいります。
また、市民の立場に立った議員活動に取り組み、多くの方々の安心感と幸福感が向上した! と確信できる活動に徹してまいります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市会改革推進委員会他都市調査

2017年02月03日 10時06分48秒 | 議会活動

京都市会では議会基本条例の制定から3年が経過し、条例の検証・評価への議論が始まりました。市会改革推進員会では、1月30日から2月1日にかけて、既に議会基本条例の検証作業を行っている所沢市・上越市を訪問し、当該市議員の皆様から検証状況を聴き意見交換を行いました。また、早稲田大学マニフェスト研究所で当該研究所の「2015年度議会改革度調査から見た京都市会」の分析結果を学び、北川正恭研究所顧問のお話を伺いました。

 

私たち公明会派が求めてきた「議会説明会」は、対象や形式など工夫をすれば、良いものが開催できるとのヒントを得ました。議会基本条例の検証・評価は、単なる評価を超えて議会の在り方を変える取組みにつなげること、あわせて議会を構成する議員全員が改めて条例制定時の背景と主旨を認識することが重要だとの貴重な意見がありました。

京都市会の改革へ、議員全員で共有して取り組んでいきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生本位の市立芸大へ 経済総務委員会で質疑しました。

2017年01月24日 09時21分30秒 | 議会活動

1月23日午前10時に始まった市会経済総務委員会は、途中休憩をはさみ終了したのは午後8時! 各局からの多くの報告案件に各委員から様々な角度で質疑がなされました。とりわけ、右京区選出の議員から先週末15・16日の大雪による被害や市役所の対応について意見が数多く出され、「市民の声を届ける」議員の役割の大切さに、私も改めて原点を確認させていただいた思いです。

私は、西京区大枝沓掛町にある市立芸術大学が2023年度に京都駅東の下京区崇仁地域へ移転する『市立芸術大学の移転整備基本計画(案)』に対し、学生の立場から、また、将来市立芸術大学を目指す受験生が増え、ひいては文化首都・京都への活力となるようにと、質疑をしました。

1.学生の住まい(音楽の練習ができるなど)環境や学内での練習設備、福利厚生の充実をプランへ織り込んでほしい。

2.市立芸大卒業後の進路サポートをこれまで以上に力をいれ、京都で芸術文化活動を続けられるように。そのためには、京都駅東地域を文化ゾーンとしての深みと厚みを増していくことが必要と考える。

3.現在の概算で250億円以上の巨額移転費用を要するプロジェクト。公立大学としての市立芸術大学が、地域や行政施策へ大学の知を活かす取り組みをプランへ反映してもらいたい。

西京区の地で地域と共存してきた市立芸大が移転するのは残念ですが、これを機に大きく飛躍してほしいと願います。その根本は『大学は学生のもの』であると確信します。全国の芸術の道を目指す学生に「京都市立芸術大学がある!」と期待していただける大学へのバージョンアップを!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月17日の朝活動(阪神淡路大震災22年)

2017年01月18日 10時07分40秒 | 日記/コラム

1月17日(火)の朝は阪神淡路大震災発災から22年目。当時、私は東京に住まいしていましたが、発災後の3月に神戸を訪れた衝撃的な様相は脳裏に焼き付いています。また、その直後にいわゆる「地下鉄サリン事件」が起こり、事件と同じ地下鉄千代田線で通勤していた私は、身に迫る当時の緊迫した社会情勢に、心から不安が募ったのを記憶しています。

神戸をはじめ阪神淡路大震災の被災地は復興したものの、いまだ心に、生活に重荷を抱えた方が多くいらっしゃいます。一方で、被災を風化させず前向きに社会活動に取り組まれる人の模様が報道されると、こちらも勇気をいただくようです。

そんな思いをしながら、大雪の後の寒い朝、いつもの桂駅での朝のご挨拶に立ちました。

この朝は、22年目を迎えた被災者の方々を心に留めながら、通勤・通学の人波へ「おはようございます!」と元気いっぱいの声かけをしました。

私自身の地域の絆を改めて見直した一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹雪を吹き飛ばす! 児童の力走。

2017年01月14日 12時42分15秒 | 地域活動

新年恒例の、各種団体新年会でのご挨拶や消防出初式が続きます。

年初から穏やかな天気が続きましたが、週末には全国的に大雪との予報のとおり、西京区の14日(土)の朝はこの冬一番の寒風と降雪でした。

この悪天候を吹き飛ばす元気で、川岡小学校児童の『川岡・新春ジョギング大会』(川岡少年補導委員会主催)が行われ、私たち体育振興会もボランティアで参加しました。

100名を超える児童が、吹雪に濡れながらも全員完走! 

終了後、地域女性会の方々が用意してくださった温かい「豚汁」の味は格別! お昼前には雲間から陽が差すなかで、皆で美味しくいただきました。

多くの地域の方々の「子どものために」との真心に、私も地域を大切に頑張っていこう、と改めて決意しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加