京都市会議員 平山よしかずの日々前進。

京都市会議員(西京区)『平山よしかず』の奮闘記。活動をいきいきと、思いを正直に、綴ります。

西京区制40周年『ギネスに挑戦!』

2016年09月25日 18時14分22秒 | 地域活動

西京区が右京区から分区して40周年を記念して、「ギネスに挑戦!」しました。西京区にお住まいの方、4,000名が手首を1分間繋ぐことにチャレンジです。

台風一過の秋空の下、桂中学校に4,000名を超える方々にご参加いただきました。

世界記録認定となるため、僅か1分間の手つなぎでも、ギネスの公式認定員の審査は厳しく、競技前の人数カウントや競技後の審判が時間をかけて行われました。

結果は、4,052名の記録達成!でした。

参加の方々にとって良き時間となったのではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御陵内町に街路灯がつきました@まちの実績

2016年09月09日 14時26分08秒 | 市民相談
御陵内町にお住まいの方のご要望にお応えして、街路灯が設置されました。

LED照明ですから、形は小さくともとても明るく、夜道も安心です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市会経済総務委員会で宿泊観光を議論しました。

2016年09月06日 12時24分57秒 | 議会活動

9月5日の市会経済総務委員会で、産業観光局から「京都市宿泊施設拡充・誘致方針(仮称)」の素案が報告されました。

国のインバウンド誘致が奏し、京都市は2015年に過去最高の1,362万人の宿泊者数を記録しました。2020年には市内で約6,000室の宿泊施設確保が必要との見通しで、市内の宿泊観光の質を高め施設拡充を目指していく方針案です。京都市の観光産業が発展し、京都の経済が活性化していくことは市の基本政策であり、大いに振興すべきです。しかし、それは観光客の視点ばかりではなく市民生活の立場も充分に考慮すべきです。

素案では取組方針のひとつに『宿泊施設の立地が制限されている地域(住居専用地域、工業地域、市街化調整区域)においても、本市が定める要件を満たした上質な宿泊施設について、特例的に開業を認めることを検討』とあります。西京区の大原野地域は市街化調整区域が広く、住民が生活する家屋の建築改修は、様々な制限を設け抑制されています。

私は、住民の声をしっかりと聴き理解を得られる努力を当局へ求めました。地域を愛し市街化調整区域の制限の中で生活してきた方々の思いを大切にすべきです。

同時に、京都市域にこだわらず、隣接する乙訓地域や亀岡地域と連携した宿泊観光振興で、地域の魅力を高め地域活性化に寄与すべきと訴えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園に健康遊具の設置を!

2016年08月18日 16時56分30秒 | 地域活動

今年5月25日の京都市会代表質問で「健康寿命を延ばすため市内の公園に健康遊具の設置促進を!」と訴えました。今日は市内の公園を巡り、健康遊具の設置状況を確認、体験してきました。


せっかく健康遊具が設置されたのに、草抜きなどの公園整備が進んでいなかったり、この真夏に炎天下での利用を改善した方がよい、など様々京都市へ注文はありますが、まずは、市内の多くの公園に設置が進む事が第一で、予算確保や公園管理などに知恵だしていかねば...と思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

71回目の終戦記念日、街頭演説。

2016年08月10日 17時19分14秒 | 党活動

71回目の「終戦記念日」の迎えるにあたり、街頭演説。オバマ大統領広島訪問後初の原爆投下日・終戦記念日。


核兵器は「絶対悪」との思想のもと着実に核廃絶への取組を進めること、京都から文化のチカラで平和発信すること、そして、低年金・無年金対策など福祉施策を経済の好循環へつなげる公明党の「成長と分配」政策がひとりの幸福を実現し、そこから平和な社会が始まるとの決意を訴えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加