京都市会議員 平山よしかずの日々前進。

京都市会議員(西京区)『平山よしかず』の奮闘記。活動をいきいきと、思いを正直に、綴ります。

文化庁京都移転の実証実験を視察しました。

2016年07月20日 08時33分03秒 | 議会活動

市会経済総務委員会で「文化庁の京都移転に関連した実証実験の実施」の模様を視察しました。

これは、京都芸術センター(中京区)及び京都府庁(上京区)に設けられた文化庁スペースと文化庁(東京)をICTで繋ぎ、定例連絡や会議・打合せTV会議システムで行う実証実験です。連絡・打合せはとてもスムーズに行われていたように見えました。

文化庁の京都移転が決まり、京都が受け継ぎ育んできた文化力を生かし日本全体の文化力向上へ役割を果たしていきたいし、京都が地域活性化への結果を出したいと、行政と議会をはじめ京都各界が前向きに取組みをはじめています。何よりも多くの市民にご理解をいただき、文化のチカラで市民生活を豊かにしていきたいと思います。そのために国の機関である文化庁が京都移転を機に、更に『地域のチカラ』に目を配り大切にしていく『すべての市民の機関』として活躍していただくことが重要と考えます。その仕組みづくりを過日の経済総務委員会でも訴えました。

同日の経済総務委員会では、市民グループ・地域団体・NPO・企業・大学などのまちづくりの提案を募集しサポートする「まちづくり・お宝バンク取組提案募集」「”みんなごと”のまちづくり推進事業」の説明がありました。

私は、自治会など地域活動と相乗効果を発揮し地域力を高めることや、NPO活動支援・地域の生ごみ堆肥化支援など既存の京都市事業とのバランスと各局・区役所との連携に必要性を指摘し質疑を行いました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参議院選挙を終えて、心新たに動いています。

2016年07月14日 10時12分44秒 | 党活動

7月10日投開票の参議院選挙では、党員・支持者の皆様をはじめ多くの方々にご支援をいただき、公明党は選挙区7名・比例区7名と、参議院選挙では過去最高の当選者数をもって大勝利させていただきました。心より御礼申し上げます。

7月13日には、比例区で当選された熊野せいしさんが、公明党京都市会議員団へご挨拶にみえられ、ともどもに勝利を喜びあいました。

今回の参議院選挙は、国政初の18歳以上選挙権の実施、参院選挙区の合区など選挙制度の改正に関わるトピックっがありましたが、結果として国民は混乱の民共より安定の自公を選択しました。

選挙戦をとおして、平和安全法制を戦争法と煽り憲法改正が目前にあると吹聴するなどの、意図的とも思える『誤った争点づくり』が横行し与野党の党首討論・演説が他党批判に多く割かれたことも特徴的でした。これは各党の政策が、出口部分では「給付型奨学金の実現」「ブラック企業の根絶」「保育環境の充実」「介護に携わる方の処遇改善」など大きな違いがみられずなかったことにも要因があるのではないでしょうか。

国民は「イデオロギーに終始するより、現実社会の安定・希望を望んだ」と言えると思います。

地震から三ヵ月を経過した熊本で一人の思想家・研究家がこう述べられています。『私は思想に生きてきた人間です。しかし、(地震を体験して)思想なんて大したことではなかった。大事なのは人間としてどう生きるかということです。地震直後、多くの友人、知人から、安否を気遣う電話、郵便等をいただき、人の交わりということをあらためて痛感させられました。イデオロギーは、まとっている衣にすぎなかったということです。人間は捨てたものではない、今はそう強く感じています。』

人間として生きる力を最大限に発揮する、そのために思想・哲学をもつことが重要です。社会を現実として希望あるものに変えていく、そのために政治があります。その本質を国民が判断した選挙結果でした。

参院選終了後、早速、駅の立礼や地域活動をこれまでどおり再開しました。リアルな地域の風を感じ声を受け止めながら、ひとりの声を地方政治へ国政へとつなぐ『地域のチカラ』として頑張ろうと、心新たに動いています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選、公明党政談演説会。

2016年07月06日 09時48分31秒 | 党活動

7月10日投開票の参議院選挙は、希望が行き渡る国へ、安定の自公か混乱の民共かの選択を訴え、公明党の大勝利へ戦っています。

7月4日夕方には、左京区「みやこめっせ」で開催の「公明党政談演説会」に1,000名の皆様にご参集いただき、【比例区・熊野せいし】大勝利へ‼︎ ともどもに勝鬨をあげました。

医師で庶民の心がわかる【熊野せいし】候補者が「がん対策」「認知症対策」の約束を訴えると、わかりやすい話に会場からは「そうだ!」との声援が響きました。

来賓の山田啓二知事、門川大作京都市長も自らのがん体験をとおしながら【熊野せいし】への力強い応援の弁をいただきました。また、友党・自民党からは西田昌司京都府連会長・参議院議員が【選挙区・二之湯智】(公明党推薦)と【比例区・熊野せいし】の勝利へ自公の連携を述べられました。

党本を代表し古屋範子副代表・衆議院議員が公明党の福祉・経済政策を丁寧に話され、会場全体が「公明党大勝利!」へ決意を新たにできました。

いのちを守る政治を進めることのできる【熊野せいし】を勝たせてください! ご参集の皆様、ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西京区女子バレーボール・ソフトバレー祭

2016年07月06日 09時31分45秒 | 地域活動

第40回西京区女子バレーボール祭、第14回西京区ソフトバレーボール祭が、7月3日、ハンナリーズ・アリーナ(京都市体育館)で開催され、川岡体振会長として参加しました。地元・川岡は女子バレー2チーム、ソフトバレー2チーム出場して、女子バレーが川岡A・Bともに2勝、ソフトバレーは残念ながら川岡A・Bとも1勝1敗の成績でした。

両種目とも学区対抗ですが、ソフトバレーボールには隣接の亀岡市チームも参加され、地域交流の意義もとどめています。

私もスポーツを通じ、”人と地域を元気に!" と、僅かでも地域貢献できればと頑張っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マルシェ大原野」オープン!(大原野農産物等直売所)

2016年07月02日 10時01分11秒 | 地域活動

西京区の西山の麓、自然豊かなで農業が盛んな”大原野”地域。素晴らしい地域資源でまちづくりを!と、大原野「地域ブランド」戦略の一環として、大原野農産物等直売所「マルシェ大原野」がオープンしました。

地域の方々が中心となって計画し準備を重ねてこられた「マルシェ大原野」。オープニング式典には早朝にもかかわらず多くの地域の方々がご参集され、式典終了後は地域の農産物などの購入に行列ができていました。素晴らしいスタートです。今後は観光などで地域外から訪れる方々にも、大原野の良さを知っていただき、そして地域の活性化につながる”市場”となるよう期待が膨らみます。

※会場:JA大原野支店前(京都市西京区大原野灰方町179)

※7月2日以降 毎月1・第3土曜日 9:00~13:00
※駐車場には限りがありますので,公共交通機関を御利用ください。

<アクセス>
・京阪京都バス 13,14 長峰行き「灰方」
・京都市バス 臨西2 洛西バスターミナル行き「大原野小学校前」
・阪急バス 63 洛西バスターミナル行き「大原野小学校前」
・阪急バス 65 南春日町行き「大原野小学校前」

西京区はホント、いいところです!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加