ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。
 




今、Google でも Yahoo でも検索窓にキーワードを入力すると、キーワード入力補助機能が有効になっている場合はキーワードの一部を入力すれば、自動的に検索キーワードの候補が表示されるようになっております。
候補の中に、入力しようとしていたキーワードが見つかれば、最後まで入力する手間が省けて効率よく検索できますので、これはこれで便利な機能かと思います。

しかし、これだけでは従来のように、検索窓をカチカチっと1,2度クリックするとドロップダウンリストに表示されていた自分が入力した入力履歴を見ることはできません。
入力履が見えないということは、共同利用のパソコンなどで自分が過去に入力した履歴を消すことも出来ません。

入力履歴が見えていれば、キーワードにマウスを当て、文字列が反転したところで Delete キーを押せば、そのキーワードだけを消去することが出来ます。

下記の方法により
入力履歴のすべて表示することが出来ます。



■ 入力履歴を表示する方法

  ● Yahoo 検索
トップページの 「検索窓」 の下に付いている小さな をクリック →  キーワード入力補助を「OFF」にする。





ON をクリックすれば、元に戻り「キーワード候補」が表示されるようになる)



  ● Yahoo! ツールバーの場合・・・
 Yahooツールバーの検索履歴は、検索窓の右▼をクリック→プルダウンメニューに表示される。
 Googleツールバーの場合も同様です。

(Google ツールバーの場合も同じ)


--------------------------------------------------------------------------


■ Google 検索の入力履歴について

◎ Google 検索の検索窓では、キーワード入力候補のみが表示される。<on / off>切替え機能は無い

 「Google トップページ」 の右上 「設定マーク」 をクリック → 「履歴」 → <履歴一覧>をクリック。

 

 
履歴を個別に削除する場合は、削除したい履歴をチェックして 「選択したアイテムを削除」ボタン をクリックする。

 


すべての履歴を削除する場合は、「閲覧履歴データの消去」ボタン をクリック→ 削除する項目にチェックを入れ、「閲覧履歴データを削除する」をクリックする。

 

■ Google の履歴を残さないためには「シークレットウィンドウ」を利用する。


 Googleブラウザの右上の設定マーク(≡)をクリック

ブラウザの左上にシークレットマークが表示されるようになる

 

 -----------------------------------------------------------------



※ 【参考】 You Tube (ユーチューブ)履歴は、IEやGoogleのオートコンプリートの履歴を削除しても消えない。
        (下記の手順で削除する)
    You Tube にログインして、左サイドのメニュー「履歴」をクリック → <すべての再生履歴をクリア>


 

 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com










メールマガジンなどの受信メールを開くと、その中に自分にとって有効なサイトのURLが紹介されていることがあります。このURLをクリックするとそのリンク先が開くわけですが、時にクリックしても Webページが開かないような場合があります。



↑【例】 受信メール内に設定されたリンク


 
これはブラウザの変更などを試みたりした後に、また元の IE(Internet Exprorer) に戻した場合などにこの症状が発生します。そのようなときは 「Web設定のリセット」 を行うことで、IE を正常な状態に戻すことが出来ます。


又、これは IE が異常終了するような時にも効果を発揮する場合があります。言わば IE の設定を初期値に戻す方法です。IEに関する設定はレジストリ (レジストリとは、パソコンのシステムに関する設定情報を記録したファイルのこと)に書き込まれていますが、これを初期化します。
(なお、「Web設定のリセット」を行っても、オートコンプリートの設定などが消えることはありません。)



 ● Web 設定をリセットする


何れかのホームページを開きメニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」→「プログラム」タブ→<Web設定のリセット>ボタンを押す。




下記のダイアログが立ち上がるので『ホーページもリセットする』のチェックを外す。

IEを起動した時に最初に表示されるページのことを、正しくは一般的に「ホームページ」と呼んでおります。通常は個人によりよく使うページが設定されていますので、チェックをはずすことでこの設定だけは変更しないまま、それ以外の項目が初期値にリセットされます。



 


------------------------------------- 


【注】インターネットオプション(下記画面)の<メッセージはすべてテキスト形式で読み取る>にチェックが入っている場合は、これをオフにします。


 


 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com










 

Google や Yahoo などの 「検索窓(検索フォーム)」 を使って検索を行う時、入力を始めると過去に検索した言葉については、 オートコンプリートの機能により(初期設定では) 「プルダウンメニュー」 が表示されます。 「プルダウンメニュー」 に表示される言葉と同じ言葉を検索する場合は、「プルダウンメニュー」の中から目的の言葉を選択します。 もしこのとき選んだはずの 「言葉」 が上手く検索窓に固定されずに飛んでしまうようだったら、下記の要領で選択したその「言葉」 を確定します。

検索窓に ≪パソコンでらくらく家計簿 エクセル≫ と入力を始めた時の図

【例】 (1) <パソコン> と入力する・・・プルダウンメニューが表示される。 (2) Enterキーで <パソコン> の文字を確定する。 (3) (下向きカーソルキー↓)又はマウスで、プルダウンメニューに表示された言葉    <パソコンでらくらく家計簿 エクセル> を選択する。  (4) Enterキーで確定する。 上記の手順で選択・確定すれば、選択した言葉が飛ぶようなことはなくなります。

 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com










 

皆さん、毎日のスケジュールや作業予定など、どのようにして管理されておられますか? 多くの方が手帳など手書きのものを利用されておられるのではないかと思います。 あるいはパソコンのWord等に記録を残されている方もおられるでしょう。 Webサイトのカレンダー機能を利用してみては如何でしょうか。このカレンダーを活用することにより、スケジュールのみならず諸々の機能を利用することが出来ます。そしてWebサイト上に残したデータは、手帳を紛失したりパソコンが壊れたりして、記録を無くしてしまうようなこともありません。 しかも、自分のパソコンが無くてもネットカフェなど、何時どのパソコンからでも閲覧操作することが出来ます。 もちろん携帯からも操作できます。 【注】ネットカフェなど他人のパソコンを使うときは、オートコンプリートに注意する必要があります。 よく利用されるポータルサイトと呼ばれる 「Yahoo」「Google」「MSN」 などは、それぞれにスケジュール機能を備えたカレンダーを提供しておりますが、ここでは機能の充実している 「Yahooカレンダー」 についてご紹介したいと思います。  http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/cal/promotion/index.html

「Yahooカレンダー」 は様々な機能を備えておりますが、もっともよく利用される項目としては、やはりスケジュール機能でしょう。 数年先の予定まで細かく管理することが出来、又終了した予定も記録としてそのまま保存しておくことが出来ます。 加えてリマインダー機能」 が付いておりますので、数日前とか数時間前とか設定した時刻に、メール(含む携帯メール)で事前に予定を知らせてもらうことが出来ます。 「Yahooカレンダー」 所定の機能としては、次のような機能が備えられております。 ・ 日、週、月、年 別の予定一覧・ 日、週、月、年 別の作業一覧・ リマインダー機能 (予定を事前に通知する)・ 祝祭日の設定・ 花粉情報の設定・ 占いの設定・ カレンダーの公開設定 (特定の人達だけでカレンダーを共有して活用する)・ イベントの表示 (お気に入りのアーティストの新譜情報を表示、Yahoo!オークションで気になるオークションの終了日時を表示、Yahoo!スポーツからスポーツイベントの情報を表示)等など このように多種多様に利用することが出来ますが、所定の使い方とは違ったこのような使い方も出来るでしょう。例えば、忘れてはならないことを「備忘録」として記録したり、簡単な日記代わりに今日一日の出来事を記録しておいたり等、それぞれに工夫して活用してみては如何でしょうか。 ※ Yahoo!カレンダーを使うにはYahoo! JAPAN IDを取得する必要があります。(無料) 〔Yahooカレンダー〕 http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/cal/promotion/index.html

〔Yahooカレンダー使い方ガイド〕 http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/cal/tutorial/

 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com











オートコンプリートとは、入力中の文字列が過去に入力したものと同じである場合、自動的にその文字列が呼び出されて、それを選択できる機能のことです。

<検索窓><ID&パスワード入力欄> などに入力された文字列がパソコンに記憶されます。これにより文字列の最初の文字を入力するだけで、それに合致する候補を列挙してくれるので、特にパスワード等の入力には非常に便利です。

しかし、自分一人が利用するパソコンでしたら大変便利な機能なのですが、同じパソコンを複数人で利用する場合は、セキュリティ上大いに危険性があります。

例えば、ネットカフェなど不特定多数の人が利用するパソコンでは、「オートコンプリート機能」によって、パスワードやIDなどが第三者に悪用される危険性があります。

 

 


● 「オートコンプリート」の設定画面


IE(インターネットエクスプローラ)のメニュー「ツール」→「インターネットオプション」→「コンテンツ」タブ
→「オートコンプリート」→ 『オートコンプリートの設定画面』 

【注】 IEのバージョンにより「ダイアログボックス」画面とその文言が変わります。

【IE6 の設定画面】 ▼

【IE9の設定画面】 ▼

 

 ≪オートコンプリートの主な使用目的欄≫

◎ Webアドレス
アドレスバーにホームページアドレスの入力を始めると、以前に入力したWebサイトのアドレスの中から、今回入力した部分に一致するアドレスの候補(プルダウンメニュー)が表示されます。

◎ フォーム
「検索窓」に入力を始めると、以前入力した文字列が入力候補として呼び出されます。又、各種入会登録の変更などを行う際、以前に入力した自分の名前や住所などが、指定された(フォーム)欄に入力候補として表示されます。

◎ フォームのユーザー名およびパスワード
ユーザーIDやパスワードを入力する際、以前に入力したものが表示されます。

【注】 ここで パスワードを保存する確認をする にチェックが入っていれば、以前使ったことのあるユーザーIDを入力すると、それに対応したパスワードが自動的に入力されます。

【IE6 の設定画面】 ▼

【IE9の設定画面】 ▼




● 「オートコンプリート」のセキュリティ対策

(1) 職場などでは、セキュリティ対策もさることながら、記憶された文字列が表示されるのは、お互いにあまり気持ちの良いものではないでしょう。話し合いの上でチェックを外すようにします。 要はオートコンプリート機能を無効にしておきます。

(2) ネットカフェなど不特定多数の人が使用するパソコンを利用した時は、必ず最後に<フォームのクリア><パスワードのクリア>ボタンを押して終了します。


※  「Webアドレス」の記録をクリアするには、「インターネットオプション」→「全般」タブ→ 履歴のクリアボタンを押すと、ホームページアドレスバーのプルダウンメニューは一括消去されます。 IE8からは1個ずつ削除することが出来るようになりました。

「フォーム」のプルダウンメニューは、候補として表示されたものを個別に反転させ「Delete」キーを押せば、1個ずつ削除することが出来ます。

 



親サイト〔情報リテラシーの研究〕へ  情報リテラシー研究 http://21hobo.com/ 
 発行者:hobo youichi (pen name 浅香拓郎)
連絡先:yh@21hobo.com