ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<160> ユーザー辞書をバックアップする

2008年08月28日 | ◆Windows OS

?フェルメール(牛乳を注ぐ女)



images
フェルメールが住んだ オランダ「デルフト」の市庁舎


ひらがなから漢字に変換しようとする際、最近変換して利用した漢字が候補として挙げられます。これは、「ユーザー辞書」と呼ばれるファイルに、過去に変換された漢字データが格納されているからです。

この「ユーザー辞書」をバックアップしておきますと、パソコンを初期化したり又新しくパソコンを買い換えた場合、「ユーザー辞書」を復元して今までと同様にスムーズに漢字変換を行うことが出来ます。



■ユーザー辞書のバックアップの仕方


1.「スタート」→「コントロールパネル」→「地域と言語のオプション」→「言語」タブ
  →「詳細」→<テキスト サービスと入力言語>ダイアログボックスが表示される。


2.<テキスト サービスと入力言語>ダイアログボックス→「設定」タブ
  →「プロパティ」→「辞書/学習」タブ




3.「辞書/学習」タブ→「参照」ボタンをクリック→『imjp9u.dic』をバックアップ用フォルダにコピーする。








WindowsXP付属の IME 2003は「imjp9u.dic 」? IME 2002は「imjp8u.dic 」と表示される。

【バックアップの要領】 
  事前に<ユーザー辞書BackUp>などの名前をつけてデスクトップにフォルダを作っておく。
  そのフォルダに『imjp9u.dic』をCtrlキーを押したままドラッグするとコピーできる。
  
そのフォルダをバックアップ先のメディアに格納する。



 


■ユーザー辞書の復元の仕方



1.前述の(ユーザー辞書のバックアップの仕方)と同じ操作手順で進み 、
  「辞書/学習」タブ→「参照」ボタンをクリックする。


2.バックアップ先を指定して格納しておいたユーザー辞書『imjp9u.dic』を選択する。



 

『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <159> Outlook Express を... | トップ | <161> 「ワンクリックウェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。