ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<229> IE9で Google をデフォルトの検索プロバイダーとして利用する

2012年10月01日 | ◆Webページ活用


 最近「検索プロバイダー」という呼称を時々聞くようになりました。プロバイダーと言えば、一般的には「インターネットサービスプロバイダー」のことを指します。プロバイダー(provider)とは「提供者」のことですので「検索プロバイダー」とは検索サービス(検索エンジン)を提供する企業と言うことになります。

現在、検索プロバイダーの代表的なものとしては「 Bing(マイクロソフト)やGoogle、Yahoo」 などがあります。最新のブラウザ(Internet Explorer 9)では初期設定としてマイクロソフトの「Bing」が設定されておりますが、他の検索プロバイダーを利用することも可能です。

Googleの検索プロバイダーは検索能力として一定の定評があるところです。ここでは、Internet Explorer 9で Googled の検索プロバイダーを利用する方法について、その手順をご紹介いたします。

 

■Internet Explorer 9 で、Google をデフォルトの検索プロバイダーとして利用する。

IE9を起動し、
メニューの「ツール」→「インターネットオプション」→検索コーナーの「設定」をクリックする。

 

「アドオンの管理」が開くので、検索プロバイダーの Google をクリックして「既定に設定」ボタンを押す。
不要な検索プロバイダーがあれば、それをクリックして画面下方の「候補を無効にする」をクリックする。

※ なお「アドレスバーでの検索」にチェックを入れておけば、URLを記入するアドレスバーを検索ボックスとしても利用できる。

また「検索プロバイダー」の表示に Google が見当たらなければ、上記画面下方の「追加の検索プロバイダーを検索」をクリックして、その中から Google を指定してインストールする。

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <227> インターネットラジ... | トップ | <230> 情報セキュリティの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。