ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<132> 【ボット・ウイルス】が知らないうちにパソコンを悪用する

2008年02月02日 | ◆セキュリティ


 【ボットとは】
ボットとは、コンピュータウイルスの一種で、コンピュータに感染しそのコンピュータをインターネットを通じて外部から操ることを目的として作成された悪意のあるプログラムのことを言います。感染すると、外部からパソコンを操られることになりますので、この動作がロボットに似ているところから「ボット」と呼ばれています。

「ボット」がパソコンに侵入しても目に見える被害がほとんどなく、感染前との差異を感じることなくパソコンを使用できますので、「ボット」が侵入していることに気づかないことが多いと言われます。





【感染経路】
「ボット」は、OSやソフトウェアの設計ミスなどによるシステムの「セキュリティホール」を狙った経路から侵入するケースが多く、インターネットに接続しているだけで侵入することもあります。


【感染すると】
「ボット」に感染すると、外部からインターネットを通じて命令を受け、そしてそれを実行します。例えば、大勢の人に対して迷惑メールを大量に送信するといったことを、ユーザが知らないうちに実行してしまいます。

また、外部からのコントロールによって勝手に個人情報など持ち出したり、パスワードや暗証番号などを盗み出したり、メーラーのアドレス帳に登録しているアドレスを収集したり、さまざまな命令を受けてパソコン内の情報が外部に漏れて行きます。

 

(ボットの脅威  感染すると加害者にもなる。)

ボット ウイルスに感染したコンピュータは、用意された指令サーバに自動的に接続され、数百万台とも言われるボット ウイルスに感染したコンピュータ同士で、「ボットネットワーク」 と言われる巨大ネットワークを形成します。

感染したコンピュータは、攻撃者からの命令を待ち受け、その命令によって数百万台の感染コンピュータが攻撃者の意のままに操られることになります。 
フィッシング詐欺を目的としてスパムメールの大量送信や、特定のコンピュータへのDDoS攻撃などに利用されます。

そのため感染したパソコンは知らぬ間に犯罪の踏み台に利用されることになり、「被害者」であると同時に「加害者」にもなってしまいます。
 


【対策】
 「ボット」感染防止には、やはりセキュリティ対策の基本である  Windows Update や ウイルス対策ソフトで侵入を防ぐようにします。 そして定期的にパソコン内のすべてのファイルをウイルス検査します。

【参考】 Windows7 のアクションセンターでトラブル発見

 

ジャンル:
ウイルス
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <131> 「情報バー」でアク... | トップ | <133> Microsoft Update &... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勉強になりました! (tomo)
2008-02-01 19:00:35
いつも、ブログ拝見しております。
更新が頻繁ではないのが少し・・・・かなぁ!
でも、パソコンをする者として、本当に勉強になるブログありがとうございます!感謝
「ボット」はロボットからで安心しました
又、私は「ぼ~っと」しててウイルスに感染するので「ぼ~っとしてる」からかと・・・
これからも・・初心者の私にも判り易いブロウを楽しみにしております。
では・・お身体大切に・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。