ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<024> 重要な受信メールには「しるし」を付けておく

2007年01月24日 | ◆メール操作

今は時間が無くて読むことが出来ない! 
受信メールが多くなると、重要なメールもその中に埋もれてしまいがちです。重要と思われるメールには「しるし」をつけておけば、後でで読むときに便利です。 

又、購読済みのメールでも誤って削除することの無いように、重要なメールには「しるし」を付けておけば安心です。

● 重要メールに「しるし」を付ける

受信メール一覧から重要メールをクリックする→OEのメニュー「メッセージ」→ ≪メッセージのフラグ≫ をクリックします。・・・指定したメールの左に旗のマークが表示されます。
Windows7ではリボンの「フラグ」をクリックする。

又、指定したメールに色を付けておくことも出来ます。OEのメニュー「メッセージ」→ ≪会話をマークする≫ をクリックします。・・・指定したメールの左にメガネのマークが表示され同時に文字に色が付きます。

※ 「会話をマークする」機能は、本来「ニュースグループ」などで利用するものですが、
  便宜的にこの機能を利用します。







 

ジャンル:
便利な使い方
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <023> 文章の一部を上手に... | トップ | <025> マイクロソフトへの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。