ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<225> ランタイムエラー(Runtime Error)に対処する

2012年05月04日 | ◆Webページ活用

ランタイムエラー(Runtime Error)とは、Windowsでよく発生するエラーでプログラムの実行中に発生するエラーのことを言います。通常「実行時エラー」と呼ばれ、これが発生すとそのプログラムは強制終了されることになります。

ホームページの閲覧中 ランタイムエラーとして私たちが一番多く目にするものは、Webサイトのバグ(記述ミス)によるものや、JavaScript などのプログラムが正しく実行されないときによるものが考えられます。しかし、この場合のランタイムエラーはWebサイト側の問題でありユーザー側では修復のしようがありません。


 


■ Internet Explorer の設定を変更しておくことで、ランタイムエラーの発生を表示させないようにしておくことが出来ます。
Internet Explorer のメニューバー「ツール」→「インターネットオプション」→「詳細設定」タブ→(設定)枠内の「ブラウズ」→ <スクリプトエラーごとに通知を表示する> のチェックをはずし → <スクリプトのデバッグを使用しない> にチェックを入れ →「OK」


<225-02>ラ...  <225-03>ラ...  


※〔参考〕Internet Explorer の設定を初期値に戻す方法(Web設定のリセット)
IEが異常終了する時などに利用します。


インターネットオプションの詳細設定タブ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <224> Win7 / vsta で手早... | トップ | <226> Windows OS と Offic... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。