ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<158> 便利なフリー画像ソフト「JTrim」を使う(その4)

2008年08月07日 | ◆ソフトウェア

フェルメール(オランダ「デルフトの町」)



クリックすると拡大されますオランダ「デルフトの町の写真」




■ ウォーターマーク(電子透かし)を挿入して写真の盗用を防ぐ




苦労して制作した写真や人の顔が写しこまれて写真などを、第三者に無断で使用されないようにする方法として、写真に「ウォーターマーク」を付ける方法があります。

「ウォーターマーク」とは、画像や映像の著作権を主張するためにその画像に挿入する「電子透かし」のことです。「ウォーターマーク」を入れることで(無断使用を禁止)と言った心理的効果も期待することができます。


● 事前に「ウォーターマーク」ソフトをインストールしておく

「ウォーターマーク」 ソフトのダウンロードページ
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se407633.html


● 「透かし」に使う文字(画像)を作成する

1.JTrimを起動しメニューの「ファイル」「新規作成」をクリック




(文字画像を作成するキャンバスの大きさは文字を入力しながら調整していく)
(透過にする場合はキャンバスの色は何色でも良い)



2.JTrimメニューの「編集」「文字入れ」をクリック







(透過にする文字を記入し、文字の色も指定できる。)
(フォント、文字サイズ、スタイルなどを指定して<透過>ボタンをクリックする)



3.JTrimメニューの「イメージ」(透過状態を表示)にチェックが入っていることを確認し
  
「透過色を指定」をクリックする。








(スポイドで画像文字の背景部分をクリックすると格子模様の透過が設定される)
【注】 このファイルをGIF形式で保存しておく




「透かし」を入れる写真を一つのフォルダにまとめておき、
4.「ウォーターマーク」を起動して次のように設定する




images
クリックすると拡大されます



<処理対象画像フォルダ>では、<参照>ボタンから写真の保存フォルダを指定する。
<透かしマーク>にチェックを入れ、透かしを入れる位置やサイズなどを設定する。
<透かしマーク画像ファイル>では、<参照>ボタンから作成した「透かし文字」を指定する。
<作成実行>ボタンをクリックする。




ローマ「コンスタンティヌス帝の凱旋門」
(透過文字が挿入された)

『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <157> 便利なフリー画像ソ... | トップ | <159> Outlook Express を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アフィリエイトボーイ (インターネットビジネス塾 - インターネットビジネス関連情報)
月582万円稼ぐ、私の”携帯事業”を あなたに売却したいのですが、 興味ありますか? この事業は、わずか180日で、2700万円突破しました! まずは、以下の画像をご覧下さい。 続きはこちら