ブログ 〔情報リテラシー研究会〕

 IT技術の進化に対応した、諸々のパソコン操作に関する記事を掲載してまいります。

<066> 既存のファイルを元に「新規ファイル」として開く

2007年03月09日 | ◆Office

 

Word や Excel で作成されたファイルを元にして、内容を書き換えながら新しいファイルを作成すると、無駄なく新規ファイルを作成することが出来ます。 この時、元のファイルを開いたら直ちに新しいファイルの名前をつけて作業を始めれば問題ありませんが、これを忘れて作業の途中で 「上書き」 してしまうと、元のファイルは新しいファイルに塗り変わってしまいます。  次の方法で操作すれば、この操作ミスを防止することが出来るでしょう。 「Word」 や 「Excel」 のファイルの上で右クリック → 「新規作成」 → (元のファイルと全く同じものが開く) → (改変を加える) ・・・ もしここで誤って <上書き保存> ボタンを押してしまったとします。 すると自動的に 「名前をつけて保存」 のダイアログボックスが起動しますので、新しいファイル名を入力して保存します。

この「名前をつけて保存」 のダイアログボックスが起動することが、無意識に<上書き保存>ボタンを押してしまった際の安全弁になると言うわけです。

ジャンル:
便利な使い方
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <065> ネットショッピング... | トップ | <067> 「メモ紙」 をデスク... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すっきりしました (cholera)
2013-05-08 11:41:44
この既存ファイル右クリック→新規作成が何なのか、
良く分からなかったのですがこちらの記事を見て解決しました!
ありがとうございました~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。